ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 日没

サンセットを900mmで撮影!

500_4916


 約10キロほど離れた金峰山に沈む太陽を、900mm相当(Nikon D500+Sigma 150-600mm)の超望遠レンズで撮影を試みた。

 普段は小鳥やその他小動物を撮影するレンズだが、太陽光を直接ファインダーで覗くのは危険なので、一眼レフカメラの液晶部分で確認しながらの撮影となる。また、三脚ではなく手持ちなので、ほとんどシャッターは勘で押すことになる。

 山際は赤く染まり、山はややボケ気味に黒く、手前の木の枝が影絵のような絵面となる写真を数枚撮影したのだった。どでかいレンズを手持ちで、それも液晶画面で確認しながらの撮影は初の試みだったが、空気が澄んでいたのか、思ったよりもクリアに撮れた。

 最近は雨が急に降ったり、翌日は陽射しが強かったりと、不安定な天候が続くが、天候に恵まれない時ほど、近場の被写体を探し出せば、何とか面白い写真が撮れると言うものだ。

 ・・・・・・・・・・

 取材に出掛ける時の一番の楽しみは、何と言っても、ランチタイムである。今回は、熊本ホテルキャッスル九曜杏の和風ハンバーグステーキを食すことにした。和風ハンバーグステーキの一番の思い出は、昔、当時のニュースカイホテル1階にあったレストランで食した記憶が蘇ってくる。ニンニク醤油を振りかけると、急に胃袋が動き出し、ご飯を何杯もおかわりをしたのだった。

 美味しいものは、いつまで経っても忘れることはない。現在、ロゼッタストーンポータルサイトに登録されている企業や店舗の中で、食事処が数軒あるが、仕事柄、その存在は大変有難いもので、取材のボルテージをぐっと引き上げてくれる。

 最近、食文化について考察することが頓に多くなった。ファストフード全盛期の現在、健康で長生き(医者要らず)するには、心優しいシェフ手作りの料理に勝るものはないと、食の重要性をひしひしと感じる今日この頃である。

 余談だが、近々、熊本ホテルキャッスル九曜杏のグランドメニューが新しくなるような気配。どのような新メニューが加わるのか全く見えないが、取材ランチの食事処として、すこぶる楽しみなところである。


500_4923


500_4957


▼熊本ホテルキャッスル九曜杏の和風ハンバーグステーキ
800_5304



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/4 02:05 am

カワセミが人気沸騰!・・・

▼一番人気のカワセミ

6


 海外の反応は、「カワセミが美しくて可愛い!」だった。本来ならば、カワセミの魚獲りやツガイの仲良しシーンが良いけれども、その場でずっと待ち続ける撮影法を好まぬので、行き当たりばったりの作品しかない。

 次に評判が良かったのは、白鷺のアップ写真。魚獲り前に、静かに湧水池を眺めているシーンである。この白鷺は、熊本市内にある八景水谷公園で撮影したもの。野鳥だが、抜き足差し足で近寄ると、撮影可能な距離まで逃げぬ、人慣れした白鷺である。よって、200mm程度の望遠レンズでビッグサイズの白鷺が撮れた。

 サンセットは、エーゲ海など、海外から観光客がわんさと集まる観光地とは違い、山に囲まれた熊本市内の夕景である。しかし、時には、写真のように真っ赤に空が染まり、雲が面白い幾何学模様を創り出すこともある。これまた、行き当たりばったりの撮影だが、もっと深み、奥行き立体感のある写真を撮りたいと意気込んでいる。

 ここ1ヶ月ほど、海外の写真大好き人間に混じって、それもギリシャの写真愛好家のグループの中で写真をアップし、評価を頂いている。多分、最大グループのメンバー4万人の中では、筆者は唯一の日本人なんだろうと。経済的には、決して恵まれてはいないギリシャ国民だが、皆が毎日のように明るい表情を見せてくれているところが、とても心地よく感じるのである。


▼白鷺
11


▼サンセット(熊本市内)
7


8


10



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/9/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp