ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 新聞社

実録・昭和の豪傑(3)

▼D&L社サテライトフォイス Ustreamスタジオ

office1


 今回もまた、「実録・昭和の豪傑」の第三弾である。

 30年ほど前、新聞社時代の豪傑を思い出すと限りなく見識高いが、頗る人間臭い先輩たちが沢山居た。その中でも、歌をこよなく愛し、宴会では最後までアカペラでも歌いまくる役員が居た。・・・太平洋戦争時、帝国陸軍少尉だった人である。

 その元役員と初めてお会いしたのは、筆者がまだ小学校4年生の頃だったと記憶する。奥様はミス日本のように美しく上品で、その長女は同じ小学校の一学年下の子だった。母親に似て、絶世の美女になるに違いない。比類なきオーラを既に放っていた。

 家族ぐるみの付き合いからか・・・筆者の自宅へ、深夜にちょくちょく現れる元役員は、当時、現役バリバリの若手記者だった事をよく覚えている。それから筆者は父の転勤で、各地の検察庁官舎を金魚の糞のようについて行ったので、中学生から社会人になるまで、殆ど会う機会が無くなった。

 ところが、新聞社に就職が決まり、初めてオフィスに入ると、どうも幼い頃に遊びに来ていた記者のような姿が見えたのである。確かに、当時の面影はあるが、重役として筆者のデスクから数メートル先に座っていたのだった。

 そこで、突然だが挨拶をする事にした。「大変お久しぶりです。お元気でしたか?」と話し掛けた。ところが、ニヤリと笑いながら、「お、決まったのか。話は聞いていたが、問題児のようなので、しっかりと鍛えるぞ!甘くないからな。」と返事があった。冷や汗ものである。

 「しっかりと鍛えるぞ!甘くないからな。」という言葉を今でも忘れる事はないが、正直なところ、かなり虐めに近いところもあった。筆者が言う事なす事、すべて否定的な言動が目立っていた。幼い頃から知り尽くしているのもあろうが、それは段々とエスカレートして、筆者への評価には黒丸(●)ばかりを付けていた。

 しかし、「実録・昭和の豪傑(1)」で書き綴った元役員の方が歳は若いが、今回の役員とは反目だったので、有り難い事に、随分楯となって貰い、水面下での虐め的なプレッシャーは、筆者のところへ来た時はかなり減衰していた。

 余談になるが、ある日、某部長や某課長たちの悪戯だが、朝から筆者のデスクと椅子が何処かに消えていた事があった。今で言えば、虐めそのものだろうけれども、筆者としては何喰わぬかをして、一日、立ったまま電話を受け取り仕事をした事もある。何も悪い事をしている訳ではないが、筆者の父が現役検察官である為に、そんな悪さをするのが彼らにとって楽しかったのだろうと。

 見識の高い人物ばかりが新聞社に居ると思い、その理想郷に足を踏み入れたのだが、まあ、とんでもないアウトローな人間も同じオフィスに居たことに、愕然とした事をよく覚えている。しかし、そんな小細工でヘコタレル筆者ではないので、何も問題はなかったと言うか、気にもしなかった。

 話は戻り、今回の元役員だが、毎日のように酒を呑んでいた。ある日、「お、お前も行くか!?」と誘われ、一度だけ、その元役員と飲み屋に行った事があった。今思い出せば、人柄は良いけれども、少々酔狂の気があったので敬遠していた。

 何故、一度だけのお付き合いにしたかと言えば、その時、私が親しくしていた先輩の個人的な悪口をペラペラと第三者の前で語り続けたのである。だから、どんなに幼い頃に世話になったとしても、それだけは許す事が出来なかった。そこまで、プライベートな事を責めるものではないと・・・よって、筆者は静かなる抵抗をすることに決めたのだった。

 それから、30年ほど、その元役員とは一切連絡も取らず、出来るだけ会わないようにしていた。酒は怖いもので、一瞬の内に人格さえ変えてしまう。僅かな時間だが、二重人格、多重人格かと思うほど、豹変する人も多いのである。更に、その自分の豹変振りに気付かないから、始末に悪い。

 ところが、昨年3月の事である。父が他界した時、通夜にその元役員が杖をついて弔問に来てくれた。私の前に立ちはだかり、「急な知らせで驚いたよ。まだ旅立つには早すぎる。わしも92歳となるが、最後のご挨拶に足を運んで来た。仕事頑張っているようだが、しっかりせんといかんぞ。わしも歳には勝てんので、酒も呑まなくなった。・・・」と語り、最前列に歩いて行ったのだった。

 酒の場で、その元役員と絶縁した筆者だったが、父や筆者の事を忘れず、杖をつきながら、タクシーで駆けつけてくれたのである。この三十年の絶縁が何だったんだろうと、自分を責めてしまった。人は思いも寄らぬ失言をする場合もあるが、それが全てではないと・・・些細な事で、大切な人間関係を絶った自分自身がやけに小さく見えてならなかった。

 通夜が無事終わり、帰り際に、再びその元役員が近寄って来た。「独りで通夜、葬儀と大変だろうが、私も90歳を超えたので、いつ命が絶えるか分からない。まあ、天国へ行けたら、お父さんと一杯呑もうと思っているよ。お母さんは66歳で早すぎたけど、しっかり足跡を残し、立派な仕事を完成しなさい。」と・・・。

 現役の頃と違い、実に優しい有り難い言葉であった。


▼D&L社サテライトフォイス Ustreamスタジオ
office3



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/24 01:15 am

実録・昭和の豪傑(2)

gouketsu1


 本日の「昭和の豪傑」は、また、別の役員の話。お洒落でダンディーで、オールバックに銀ふち眼鏡が似合う役員だった。たぶん、新聞社では、ダントツにファッションに拘ったお人だったろうと、思い出す次第。

 筆者が26歳の頃、新聞社(当時は鶴屋百貨店の真向かいに本社があった)近くのマンションに住んでいた。たまたま、その役員の自宅も同階でお隣同士。・・・ダンディズムを貫くお洒落な役員に、当時かなり感化された筆者だが、その豪遊振りは眼を見張るものがあった。

 ある日、「お、今夜空いてるかい?」と突然、オフィス通路で話しかけて来た某役員。・・・「悪いけど、ちょっとあの飲み屋に来てくれんかな!」と誘われたのだった。

 午後8時に指定された飲み屋に行くと、既に某役員と彼女さんの二人はほろ酔いでカウンターで呑んでいた。「お、来たか!・・・来て早々悪いけど、ムーディーなもの歌ってくれんかね!?」と。・・・まだ乾杯もせず、筆者は店主に頼んでPaul Ankaの「You Are My Destiny」を頼み、ステージで歌い出した。・・・すると、某役員と彼女さんはピタッとくっついてダンスを始めたのである。微笑ましいやら、イライラやらで・・・。(苦笑)

▼Paul Ankaの「You Are My Destiny」
 https://www.youtube.com/watch?v=7hIkiWgwYUgLink
 https://www.youtube.com/watch?v=Mtvl8IbX434Link

 それから、2〜3曲歌い、やっとカウンター席に座って、チーズをつまみ、ウォッカマティーニを呑む事ができた。

 午後9時を過ぎる頃に、某役員が一言、「お、今から俺たちちょっと出てくるから、ここで時間つぶして待っててくれんかね。・・・いいかな?」と。先般のオーストラリア金髪女性とは異なるパターンだが、「了解です。」とニヤリと笑って、一杯目のウォッカマティーニを飲み乾した。

 ・・・・・

 午前零時近くになり、某役員が1人で戻って来た。・・・先ほどよりずっとさっぱりとすかっとした出で立ちである。「悪い悪い、かなり待たせたね!・・・じゃ、移動するか?」と言い、我々が住むマンション近くにあるラウンジへ行くことになった。・・・そこは午前4時までオープンしているのを知っていたので、「午前様は辛いなあ!」と独り言を呟きながら、某役員と肩を組んで歩いて行った。

 さてさて、まだ呑むのか???・・・結局、そこでも歌わされ、午前4時を過ぎた頃に店を出た。

 マンションのエレベータに二人乗り、○階へ。某役員が、「ちょっと、待って!」と。・・・ピンポーン♪ピンポーン♪と。暫くして、まだメイクも落とさずご主人の帰りを待っていた奥様がドアを開けてくれた。「あら、すみませんね〜。こんなに遅くまでというか、早くまで、無理言って連れ回したんでしょ!?」と苦笑いしながら奥様が迎えてくれた。

 「そうそう、ずっと彼と呑んで、午前様。申し訳ない。・・・じゃ、おやすみ!」と一言の某役員。何の悪びれた様子もなく、堂々と自宅へ入って行った。・・・私は「にゃるほど!」と思いながら、奥様に挨拶をして隣の自宅ドアを開け、部屋に戻った。

 ・・・・・

 スーツのまま、リビングのソファーに寝てしまった筆者。爆睡していると、何やら眩しい光が差し込んでいる。「えっ?午前10時?・・・今日は木曜日で、休みじゃないし!」と、自分が寝坊してしまい、完全遅刻であることをやっと認識した寝起きの筆者だった。

 シャワーも浴びず、走りに走った。遅刻をしたことがなかった筆者だったので、「これは汚点だ!」。そう思いながら、オフィスに入った。・・・「お、ご苦労様。朝から用事を頼んで申し訳ない!早かったな!」と、某役員が大きな声で、皆に聞こえるように言ってくれた。・・・よって、遅刻とはならなかった。セーフ!

 なるほど、しっかりとしたフォローである。有り難いやら迷惑やらだが、こんな「昭和の豪傑」も上司として居たのだった。^^

 最近の話だが、2ヶ月ほど前に、元役員だった人とアーケード街ですれ違い、十数年振りに会ったのだった。「○○先輩。お元気そうで何よりです。まだ、夜のとばりへは???」と挨拶をすると、「いやあ、もうそぎゃん元気はなかよ!頑張っとるごたるね。しっかり仕事ばしなっせ!」とニコニコと笑いながら会釈をして去って行ったのだった。

 今でもダンディズムのオーラがある元役員。・・・85歳くらいだろうか・・・黒のパンツルックに、襟元がピッシッとしたシャツを着こなし歩く背中は・・・凄く素敵な老人であった。いや、青年であった。


▼某役員もよく足を運んだ「Bros.よしむら」
gouketsu2



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/23 03:32 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp