ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 所作

気づけば、人生好循環!

▼人生好循環のイメージ
850_9126


 昨日、或る方から、以下のように、筆者が書き綴ったBlogニュースに対するメールが送られてきた。

 「いつも有り難うございす。(1)「虐め」の体験実話、(2)「道楽はいいですね!」に唖然、(3)実証・ロゼッタストーンSEO戦略の記事拝読致しました。 改めて強い意志を持ち、人生における目標達成のために、粉骨砕身にて突き進みたいと思います。また、相手の事を何も分からぬまま、軽はずみな言動を避け、何度も反芻して考えて、慎重に話すことが如何に大切であるかが理解できました。また、SEO戦略についてですが、大変奥が深く私自身分からない事だらけというのが正直なところであり、日々学んでいかなければならない事は、目の前に山のようにあること気づかされました。・・・今後とも、どうぞよろしくお願い致します。」と。

 毎日のようにロゼッタストーンニュースを閲覧されている方の一人であり、何事にも一所懸命にされている。正義感が強く、曲がった事が大嫌いな方である一方、お人好しなところが見え隠れして、悪玉菌から騙されたり、利用されたりするタイプの人間であるようだ。筆者もよく「お人好しで、騙されやすい!」とお叱りを受けることも多々あるが、畢竟、人様を騙すよりも騙される方が善しとしている次第。ただ、筆者の場合は、結構アンテナの感度が良く、微妙に異変を感じる時は、即座に水面下で全て裏を取り、証拠を固め、見えざるところで防護壁を立てることにしている。

 話は前後するが、丁寧なメールを送ってくれた方に、御礼方々電話をすることにした。年齢性別に関係なく、このように「気づき」をする方は、必ず人生において花園が待っている。それに反し、人を騙し騙し活動している悪徳コンサルや似非コーディネーターには神の加護もなく、血の池地獄が待ち受けているに違いない。要は、人生において、正直者は偽善者に接点を持つなと言うことになる。特に、演出過多の偽善者は、この田舎の熊本でも、あちこちに出没している訳で、行政やその他公的施設の方々は、その悪玉菌を見抜く眼力がなく、血税を湯水のごとく無駄遣いしているのが情けない。

 某団体などは、本人の履歴も自己申告で罷り通るようになっており、セキュリティーどころの話ではなく、無能な似非雄弁家のパッチワーク的な話を信じる傾向が強いので、そろそろ、足元にぶら下がっている悪玉菌、コバンザメやハイエナは、世のため人のために、大々的な一掃作戦を敢行すべきではなかろうかと。

 今回、少々悩み多き方に、電話にて次のようなアドバイスを行なった。それは、「所作」の大切さと、「所作」により人を見極めるノウハウを伝授した次第。前述のコバンザメやハイエナは、外見はうまい具合に化けてはいるが、その裏側では、酒癖が悪かったり、常に打算的で天秤大好き人間だったり、何事も仰々しい言葉を放っては煽り、自分の周囲を地球が回っているかのように、身勝手極まりなく、己の非を認めぬ人間である。そこに、チラ見せの秘密主義なところが、すこぶる滑稽でたまらない。更に、それを周囲から見抜かれていることに気づかないのだから、始末に悪い訳だ。

 よって、人生が花園になるか血の池地獄になるかは、「気づき」次第と言っても過言ではなさそうだ。

▼人生悪循環のイメージ

850_9214



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/13 03:48 am

貪欲者は損をする!

500_6177


 貪欲者は、損をする!・・・先般取材したアオサギの魚獲りを例に挙げて、お話したいと思う。

 或る日のこと、アオサギ(写真上)は、自分の下顎が千切れるほどの獲物を捕まえたが、何度も呑み込もうとしても喉を通らない。それでも諦めず、更に、咥え直して呑み込もうとする。

 しかし、獲物はアオサギの口の中に顔を突っ込んだまま、アオサギの喉から胃袋へ入って行かなかった。それでも諦めきれないアオサギは、突然、獲物を咥えたまま木のてっぺんの太い枝へ飛んで行った。それでも、苦しみもがきながら呑み込もうとしている。

 結局、アオサギはその獲物を川に落としてしまい、滑稽なお芝居は幕を閉じたのだった。

 獲物を落としたアオサギ。再び川に舞い降りて、キョロキョロと物色を繰り返す。元々、魚獲りが下手なアオサギなので、その後、美味しい獲物を得たのかは定かではないが、「こんな人間も、よく見かけるな!」と独り言を呟いてしまった。

 自己中でデリカシーがなく、他人のことなど眼中にない、さもしい人間の姿とオーバーラップしてしまう。つまり、「貪欲者は損をする!」の典型である。・・・今まで、そのような人間を見てきたので、アオサギの動きは実に滑稽であった。

 身の丈を知り、自分の口のサイズに合った獲物をゆったりと美味しく食せば、何の問題もない。しかしながら、セカセカと辺り構わず土足で踏み込み、貪欲さを曝け出せば、誰からも相手にされず、動いただけ大損をすることになる。

 記事を書いている中で、「残り物に福がある」という教えを思い出した。これこそが、懸命な人としての生き方であろうと再認識した次第。

 
500_6421


500_6448



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/4 01:33 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp