ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 愛車

MINIの進化する遊び心・・・

D60_1523


 先般、MINI KUMAMOTOに足を運んだ。

 ご存知の通り、MINIは世界の名だたる車の中でも、「遊び心」を徹底的に追究し、それをコンパクトに取り込んでいる車の頂点に立つと、私なりに考えているが、今回の取材で、その遊び心が数段進化していることに驚かされた。

 車としての機動力は言わずもがな。特に、インテリアのイルミネーションとナビなどの装備の進化は際立っていた。ダイヤル&プッシュだけで、簡単に全ての設定を確認したり、変更できる仕組みとなっている。よって、以前、インパネ中央部の大きなスピードメータが、まったく異なるものに置き換わっていたのだ。

 ミッキーマウスのような形状だった箇所にナビが埋め込まれ、それを大きなリング状のLEDが囲み、車内のアンビエント光と連動して、美しい可視光が複雑に可変したり、ぐるっと回ったりと、「そこまで遊ぶ!?」と笑いたくなるほど、拘った作りこみとなっている。まるで、ファッションショーの照明のように、見事な演出となっているのだ。

 LEDは我々の生活を全て変えてしまいつつある。室内照明、スマホやパソコンのキーボード、その他工業製品に次々に採用されて行き、LEDありきで工業製品の完成度が高まると言ってよいほど、いつの間にか、不可欠なアイテムになってしまった。青のLEDの発明により、光の三原色が出揃い、思いのまま、あらゆる色を作り出すことが可能となった訳で、その発明が如何に偉大なものであったかを思い知らされるのだ。

 MINIも御多分に洩れず、あらゆる箇所にLEDを組み込み、ビジュアルな「遊び心」を演出している。よって、直感的に計器の動きを察知し、小さなデジタル狼煙のように様変わりする姿を見ていると、深夜のドラインビングが一段と楽しいものとなる。

 このような進化する遊び心は、車をグレードアップするのみならず、ドライバーの苛立つ精神状態までをも和らげてくれる。今回の取材を通して、MINIの遊び心の進化に何度も触れながら、その製作者の意図を思う存分楽しませていただいた次第。
D60_3341


D60_1511



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link


               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/9/15 12:55 am

気品のあるイギリス車・・・

▼ジャガー80周年記念限定モデル(2002年)※NIKON D1で撮影

DSC_0012


 自称「車大好き人間」だが、数十年の履歴を紐解けば、遅ればせながら、自分の好みが良く分かったように思える。国産車全メーカーは勿論の事、これまで海外の車は、イギリス車とドイツ車など数十台を乗り継いで来た。羨望のマシン ポルシェ3台、レンジローバースポーツやベンツも含まれるが、やっと落ち着いたところで、現在はイギリス車(MINIはBMWが買収)となってしまった。

 写真上は2002年当時の愛車である。クラシックタイプのジャガー80周年記念限定モデル、XJシリーズ。丸目4灯のクラシックなデザインで、ジャガー独特の流麗さを放ち、色はパープルが若干入った明るめのシルバーメタリックである。写真は、1999年発売のNIKON D1というデジタル一眼レフカメラの世界を変えた、当時の名機(僅か266万画素)で撮影したものである。

 また、写真下は現在の取材車で活躍しているMINI COOPER S CROSSOVER(海外ではCOUNTRYMANと呼ぶ) ALL4という、1600ccターボの4駆。ステアリングの動きに、小気味良く車体が反応する、暴れん坊ミニミニSUV。ホテル玄関でもコンビニでも、何の気遣い無く、コロコロと転がせるカートのような車として重宝している次第。

 実は、昨夜倉敷に住む人と長時間に亘り、車談義となってしまった。そこで、昔の愛車を思い起こしながら話をしていたのだが、過去の流れを見ると、お付き合いで購入させて頂いた車がほとんどで、自ら「これが、欲しい!」と思って購入した車は、実に少なかった。

 そこで昨夜の話を思い起こし、結局のところ、自分の好みはイギリス車であるという結論に至った訳である。正直なところ、ジャガーは5台以上は乗り継いだ。クラシックな中古ジャガー、そして、当時フルモデルチェンジした時のSタイプやXJタイプ。

 十数年前を思い出すと、ローバーMINI(メイフェア)も乗っていた。屋根がホワイト、ボディがブリティッシュグリーンの、とても可愛い車で、運転中にジャンプしようものなら、天井に頭がゴツンと当たるほど、じゃじゃ馬だった。

 イギリスの車は伝統もあり、且つ、日本と同じ島国で、左側通行、右ハンドルがスタンダード。輸入する場合も、別に、ハンドル位置を気にする必要等全くなく、日本人にとっては、とても扱いやすい車だと言える。

 今後、従来のようにお付き合いでポンポンと車を購入する事はないが、これから買い替えをするとなれば、やはり、イギリス車で終止符を打つのだろうと考える次第。エレガントという言葉がそのまま似合うイギリス車。厳ついアメ車やゴツゴツのドイツ車も良かろうが、何故、イギリス車に拘るのか!?・・・それには、ちょっとした理由がある。

 それは、十年ばかり前に天草に取材に行った時に、白髪の老夫婦がローバーMINIに乗って、海岸沿いの道をスイスイ走っていた光景が、余りにもお洒落で可愛かった事が、記憶に深く刻み込まれているのである。その記憶が消えない限り、次の車種もイギリス車であろうと断言する次第。

▼MINI COOPER S CROSSOVER ALL4(2013年) ※NIKON Dfで撮影
DFD_0984


▼MINI COOPER S CROSSOVER ALL4のメーター(2013年)※NIKON Dfで撮影
DFD_7680


▼MINI(2014年)※NIKON Dfで撮影
DFD_5722


▼MINI(2014年)※NIKON Dfで撮影
DFD_5720



【ロゼッタストーン公式サイト since 1995】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/10/13 03:31 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp