ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 大分県

蜂の巣湖、梅林湖へ・・・

D75_4617


 熊本ホテルキャッスル(熊本県熊本市)から、大分県日田市にある蜂の巣湖・梅林湖方面へ車で移動。同ホテルでランチをとり、午後2時半頃スタートし、目的地に着いたのは午後4時だった。熊本市中心部から約61kmのところにある秘境である。

 熊本と大分の県境を過ぎると、暫くして左手に道の駅などもあり、とても楽しいツーリングができる山道に快感を覚えた次第。途中、崖崩れの工事などもあり、ハラハラドキドキのドライブだが、菊池にある竜門ダムと全く異なるダム湖で、くねくねした湖面を赤橋の上から覗き込むと、水面すれすれを飛び交う野鳥を数匹確認できた。

 本来ならば、鳥を超望遠レンズで捉えようと思ったが、撮影するポイントがなかなか見つからず、結局、不発に終わったが、わずか1時間半ほどで、このように素晴らしい大自然に接することができる日本列島に感謝の意を表したいほどである。

 今回が、初の蜂の巣湖、梅林湖散策だったので、次回は、わさびアイスクリームや中津江、上津江などの物産をしっかりとゲットしようと・・・。心身ともにすきっとリフレッシュできる、都市部の喧騒を逃れてのツーリングは、是非、オススメである!


▼動画は、蜂の巣湖湖&梅林湖付近。

map


▼梅林湖から蜂の巣湖方面を撮影
D75_4624


D75_4635


D75_4656


D75_4671


D60_8188



▼熊本ホテルキャッスルの若手シェフ
D60_8172


▼取材ランチ:カキフライカレーほか
lunch



◎ロゼッタストーン公式サイト

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/24 03:20 am

市ノ瀬公園(中津江村)へ

NAKATSUE1


 一昨日、山鹿市へ足を運んだものの、何の気なしに車を日田方面に走らせ、森林浴をば・・・。林道は狭く、ラリー選手権に出場しているかのような気分である。

 以前、菊池方面から日田方面へ走ったことはあるが、今回のコースは初めてだった。相良観音を左手に見て、どんどん山道を登って行く感じだ。ちょいと矢谷渓谷キャンプ場経由して、大分県日田市中津江村合瀬にある、ちいさな市ノ瀬公園に立ち寄った。

 川岸に作られた、遊水の為のものなのか、低いコンクリート壁の中に砂地があり、そこをぐるぐると歩き回っていると、案の定、スズメバチが急降下して来て、頭頂部にとまったようだ。慌てて、左手で頭頂部のスズメバチを振り払って、難を逃れた。

 今回は、麻の黒シャツに黒のスラックスと・・・黒一色だったので、運悪くスズメバチの標的になったのかも知れない。または、少々頭頂部の毛髪が薄く、上空からは、アーチェリーの「◎」のようなマークに見えたのかもと・・・危機的状況の中で、吹き出してしまった。

 林道は、ところどころ岩や小石、木の葉が落ちており、十二分に注意を払いながら走行する必要がある。木陰になったり、陽が射したりの連続なので、前照灯を灯火して走行することにした。もちろん、以下のムービーのように、対向車は全く来なかったけれども、コーナーでの接触や追突事故を想定して、コーナーを舐めて行くイメージである。

 昔々、最初に車の運転を教わったのは、ラリーやモトクロスをしている人だったので、筆者としては、高速道路をスポーツカーで突っ走るより、スネイキーでアップダウンが多いオフロードを走行するのを好む。今回は、うってつけのワインディングロード。愛車は結構フラットなので、コーナーにおけるステアリングの切れ味は抜群に良い。

 そんなこんなで、帰りは、中津江村から菊池方面へ抜け出て、熊本市内へ戻った次第。走行距離は、約130km(熊本市→山鹿市→中津江村→菊池市→熊本市)だった。たまには、このような森林浴ついでのツーリングは、実に楽しいものである。豪雨や雷雨の時は御免被りたいけれども、また、近い内に新たなコースを見つけに行ければと・・・。


▼熊本県山鹿市から大分県日田市中津江村へ(音は消しています)

yamaga



▼大分県日田市中津江村から熊本県菊池市へ(音は消しています)

map2



▼取材風景(市ノ瀬公園)
NAKATSUE3



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/28 04:30 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp