The Rosetta Stone Blog

タグ » 夕食

英国より、友来たる。

D75_8903


 15年ぶりだろうか、英国より旧友の家族が来熊した。東京、京都を経て、一昨日の夕方に熊本入りしていた。

 久しぶりの再会で、料理以上に話は盛り上がった。本日の主人公である9歳の娘の料理に迷ったけれども、大人と同じもので対応した。しかし、彼女は日本の文化にとても関心があり、食べた事のないものでも、常に「チャレンジ!」と言って、美味しそうに平らげた。

 「また、熊本へいつ来る?」と尋ねると、「17年後!」と答えた。自分が26歳になって来たいと言う。医者になりたいという彼女だが、反応や答え方がとても大人である。ホテルスタッフから贈られた「折り紙」、筆者の知人から贈られた沢山の「京都名物のグッズ」に飛び上がって喜ぶ家族。

 食事の時も、日本料理の作法や熊本城の歴史と籠城戦に備えた造りなどを熱心に聞き入っていた。今思い出したのだが、座敷個室に入る時に、娘が靴のまま入ろうとすると、母親が「ここは靴を脱いで、ちゃんと揃えなさいよ!」と小さな声でアドバイスしていた。

 先般は、ホテルロビーの中央にて、ゴロゴロと寝転んだり、大声を上げたりしていた日本人の子供が居たが、親は友人との会話に一所懸命で、それに注意をすることもなく、静かなホテルロビーが動物園と化していた。日本人として恥ずかしく思った。騎士道と武士道が一つの共通項でもある、英国と日本。一端の社会人となるには、先ずは、礼儀作法の習得にあろうかと・・・。

 何はともあれ、3時間ほどの楽しい晩餐会であったが、とても和やかで思い出に残る、素敵なひと時となった。ちなみに、4月9日には富士山へ行くというが、少々荒天のようなので、気をつけて帰途についてもらえればと・・・。


D75_8840


D75_8922


D75_9039


D75_8734


D75_8775



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/7 12:08 pm

商売気のない、さかえラーメン。

ramen


 さかえラーメン。熊本県山鹿市の温泉プラザ山鹿1階にある老舗ラーメン店である。最近、取材前のランチタイムに足を向けることが多くなった。同店は、古典的な山鹿ラーメン(熊本県山鹿市)と言える。グルメに関しては人それぞれに好みがあり、「これこそが!」とは断言はできないが、同店の良さは、商売気が全くないことである。

 例えば、筆者が「ラーメン、餃子、ホルモンの煮込み、そしてオニギリ!」と言えば、「それは多すぎるから、ラーメンと餃子程度にしませんか?」と、女将の言葉が飛んでくる。本日も、いつものラーメン、餃子、ホルモン煮込みの三品を注文するつもりだったが、結局、女将のススメで、ラーメンと餃子の二品で我慢した。

 ラーメンの麺と具を食べ、美味しいスープをゴクゴク飲み始めると、また女将が「太るので、スープは三分の一程度の方がいいですよ!」と。兎角、ラーメン店と言えば、威勢が良く、仏頂面の職人が湯切りを行なっているところを連想してしまう。しかし、そこまで格好つけたパフォーマンスなど意味がない。客としては、ちょうど良いスープの温度にて、コシのある麺の喉越しを楽しみ、柔らかチャーシュー、濃厚な豚骨スープまでを完食すると、至福の極みとなる訳だ。

 蛇足だが、同じ山鹿市内にある他のラーメン店など、注文を取る以外に会話が全くない店もある。瞬間的に二度と行かぬ店リストに入れてしまった。観光地であれば、それなりに客との楽しいコミュニケーションは必須なのだが、時代錯誤なのか、バブル時代と変わらず、胡座をかいた、サービスの悪い店が残っているのも否めない。

 折角、外食をするのであれば、笑顔が絶えない店の方が、料理も数段美味しくなるのではと・・・・・。


sakae1


sakae2


sakae3


sakae4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/21 04:16 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp