ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 坪井川

西唐人町界隈(熊本市)

toujinmachi1


 西唐人町は、市内中心部に近いところだが、古い家々が立ち並び、景観が素晴らしく、すこぶる情緒ある佇まいだ。しかし、思いの外、交通量が多いのには、驚いてしまう。

 熊本地震に被災した家々も多く、現在も復興工事が続いているところも沢山ある。中でも、レンガの大きな壁に挟まれた、「西村邸(熊本市指定 景観重要建造物)」は足場が組まれ、復興に向けて動いていた。

 坪井川沿いにあるマンションや店舗なども同様に多数被災しており、特に、熊本水遺産の明八橋は、至るところに亀裂が走り、欄干などが倒れたままの状態。普段から車は通れないものの、その上を歩くのは危なそうなので、抜き足差し足忍び足でそっと渡った。また、その界隈を住み着いていた野良猫の姿がなかった。

 筆者の個人的な好みではあるが・・・熊本市内では、この西唐人町を筆頭に、新町、横手など・・・古い家々が連なる商店街は、散歩方々写真を撮るには、恰好のエリアであり、しばしば足を運んでは、その街並みの空気を楽しんでいる次第。

 
toujinmachi2


toujinmachi3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/19 12:44 am

古き良き時代の街並み・・・洗馬橋周辺

greentea



 軽い刺身定食が今日の夕飯だった。食事を終え、番茶を飲みながら・・・夜景を撮りに行こうと・・・熊本中央郵便局近くに架かる洗馬橋と坪井川、そして古い街並みへ足を運ぶことにした。

 桜町にあるNTT、そして交通センターを過ぎると、昔の卸問屋跡など・・・熊本市内の中でも、古い商店街が残るエリアとなり、近代的なビル群の背面は、坪井川を境に街並みが一変し、昭和初期にタイムスリップしたような別世界。(2枚目の写真)・・・明治10年創業の画材店やその他老舗が建ち並んでいる。

 熊本中央郵便局の真向かいへ進む道が、その古い街並みとなる。陽が沈み、薄暮から夜の景色に変わった洗馬橋付近。・・・初めて一眼レフで撮影していると、何と、その洗馬橋から遠景に熊本城大天守閣(3枚目の写真)が見えたのだった。暗かったので、何とか300mmズームレンズを用いて、手持ちで撮影してみた。

 市電が橋の中央を走り、変則的な交差点周辺をじっと眺めていると・・・ナトリウム照明のオレンジ色がやけに明るく、レンズを向けてみると、空はダークな青みのある色、そして店並みや道路はオレンジ一色となってしまう。・・・色合いとしてはアンバランスだが、何となく昭和の風が吹いているような風景となっている。・・・自転車で帰宅する女の子やタクシーが信号待ちの状態(4枚目の写真)のようだ。

 日曜日の夜とあって、この時間(午後8時前)ともなると、若干の車の往来はあるものの、実に人気の少ない処のようだ。・・・人口70万人を超える政令指定都市の熊本市(九州では、北九州市、福岡市に次ぐ第三の都市)だが、街の中心部からちょいと外れるだけで、この世界。・・・僅か20分ほどの短い撮影時間であったが、何となくホッとする時空間を楽しませて頂いた次第。

▼坪井川と桜町方面のビル群の背面
tsuboiriver



▼洗馬橋から望む熊本城大天守閣遠景(300mmズームで撮影)
tenshukaku



▼変速三叉路の交差点で信号待ちする女の子とタクシー
senba-bridge



【ロゼッタストーン異業種交流ポータル公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2013/7/22 03:46 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp