ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 向上心

嘘をつく人、話をはぐらかす人。

▼写真はコラム内容とは全く関係はありません
DFD_5327


<ケース(1)>
 或る人Aに、記事を渡しておいた。

 「あの記事、読んでくれた?」と問うと、「はい、読みました!」と。「では、感想を聞かせて?」と聞くと、「えーーーーー、あーーーー!」と。「読んでないんでしょ!?」と言えば、「はい↓」と。

<ケース(2)>
 また、或る人Bに、同じ記事を渡しておいた。

 「あの記事、読みました?」と問うと、「はい、読みました。記事というより、写真に見入ってしまいました!」と。

<ケース(3)>
 更に、或る人Cに、同じ記事を渡しておいた。

 「あの記事、読んでくれたかな?」と問うと、「いいえ、読んでません!すみません!」とハキハキ、堂々と。

 上述の3パターンを検証すると、嘘つきは(1)と(2)となる。(1)は最初の返事は良いが、次の言葉の詰まりでバレてしまった。(2)は、記事内容に質問が及ぶと判断し、「写真に見入って・・・」と虚言を発し、はぐらかしている。

 正直なところ、記事を渡したのは3日前のこと。3日過ぎても、3人ともしっかり読んではいない。記事の内容は、熊本地震復興の苦悩を記録したものだったが、皆、三年半前の熊本地震に関心がなくなっていることになる。

 目的は、熊本地震復興の苦悩(実録)を知って欲しかったのだが、A4サイズ2ページに及ぶ長文(別に長文でもない)に対して、初手から「拒絶反応」を示しているに過ぎない。自分たちとは全く関係がないといった具合だ。

 何事も、相手の立場に立って考察する癖をつけると、分析力や理解力が増す訳だが、そのような教育を受けていない世代なのだろうと、愕然とした次第。だから自己中が多く、第三者に対して配慮、気配りが欠落しているのだろうと・・・。

 話は前後するけれども、本人の弁解を信用するとして、(1)は1ページは読んでいたらしい。(2)は切り返しが絶妙のように見えるが、Q&Aが成り立たず、嘘っぽい。(3)は馬鹿正直者だが、もっと向学心、向上心を持ってもらえれば有り難い。

 やはり、嘘つきは遅かれ早かれ自滅し、赤恥をかき、信用を失墜することになる。


DFD_6400


DFD_6093



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/20 01:28 am

「できる人間」になりたい方は、必見!

1384047380_blog


 最近、中間管理職のビジネスマンとの会話で気付いたこと。この時代、出世が遅れている人は、大抵デジタル音痴で全てに読みが甘い。パソコンを前にすると、仏頂面となりソッポを向く。キーボードを叩く速度はかなり鈍足。更に、苦手分野については無関心のままに、ノロノロ歩きを何年も続けている。

 パソコンの練習は、自転車のそれと同じこと。OSとかAPPとか、初手から色々難しいこと宣うよりも、先ずは、人とパソコンの物理的な接点となるキーボードの「ブランインドタッチ」をマスターすることである。

 自転車の場合、器用者ならば1日で乗れるようになり、不器用者でも1ヶ月ほどで何とか乗れる。キーボードも同様に、常に基本である「ホームポジション」を意識することで、2週間ほどで、貴方なりの「ブランインドタッチ」がマスターできるのだ。

 筆者が18歳の時に、英文タイプライターを購入し、そこで初めて知った「ホームポジション」。それから、毎日、「JJJJJKKKKKLLLLLMMMMMNNNNNOOOOOPPPPP」と、指先の下にある文字を頭の中でイメージしながら、指先を動かしては直ぐに「ホームポジション」に戻す訓練を行い、2週間ほどで「ブランインドタッチ」が可能となった。

 社会人となり、この「ブランインドタッチ」が無意識の中で功を奏したのは、目の前のパソコンを初めて触れた時、タイプライターで覚えていた「ブラインドタッチ」がそのまま使え、次から次へと進むことで、難しそうなマシンたちと仲良くなった。

 中間管理職にとって、今からでも遅くない基本中の基本「ブラインドタッチ」。頻度の高い単語を叩きながら、その度にキーボード上の指先の感覚をしっかりと覚えることが重要。時には目を閉じて、キーを叩いては指先を微調整をすることで、「ブラインドタッチ」の完成度が高くなる。

 よって、幼い頃の自転車の練習と同様に、パソコンという自転車に乗れる準備ができたことになる。後は、その自転車をどう操るかは、各自の業務内容によって、APPを使い分ければ良いだけの話。それから、データの種類などの知識さえインプットすれば、従来の業務処理が飛躍的に向上する。

 中間管理職の諸君!騙されたと思って、基本中の基本から再スタートし、完璧な「ブラインドタッチ」に挑戦されては如何だろうか?・・・今まで1時間を要していた文書作成が、僅か15分に縮まり、自分の仕事にゆとりが出てくることになる。

 「ブラインドタッチ」の練習を、僅か1日2時間2週間続けるだけで、「できる人間」になれることを信じて、先ずは実践!!!

※ご質問は、筆者のFacebookからメッセンジャーにて!
1433354441_800_9630



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生


             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/6/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp