The Rosetta Stone Blog

タグ » 古代ハス

睡蓮と蓮の違いは!?・・・

1


 睡蓮と蓮とは、どう違う!?・・・同じ「蓮」という文字があるけれども、両者の決定的な違いは、葉や花の位置である。睡蓮が水面に浮いているのに対して、蓮は水面から50cmから150cm位の高さのところにある。また、睡蓮の葉は水をはじかず、蓮の葉は水玉がコロコロ転ぶほどはじく。

 何はともあれ、熊本県山鹿市鹿央町にある鹿央古代の森のハス園では、一見の価値ある蓮の花々が咲き乱れる。今年の「2018 鹿央里やま蓮まつり」は、6月23日(土)から8月5日(日)の開催予定。

 近くには熊本県立装飾古墳館、岩原二子塚古墳や、食事も楽しめる鹿央物産館など、整備された施設があるので、是非、足をお運びいただければと・・・。ちなみに、自家用車であれば、九州自動車道の菊水I.C.から15分、植木I.C.から20分ほどで到着する。


▼睡蓮の花
2


▼トンボがとまっている葉は蓮の葉、水面に浮かぶ背後の葉は睡蓮の葉。
3


▼蓮の花
4


▼蓮の花
5


▼蓮の花と葉
6


▼雨水が溜まり、コロコロとしている蓮の葉
7



◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
 物産館営業時間 10:00~17:00(直売所8:00~)
 ※定休日:月曜日(祝日の時は翌日)
 ※季節限定の料理は要予約(電話にてご予約ください)

▼鹿央古代の森 鹿央物産館公式WEBサイト
 http://kao-kodainomori.comLink

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/15 12:30 am

鹿央里やま蓮まつり 2018

D75_1294


 鹿央古代の森交流施設「里やま」の古代ハス園(熊本県立装飾古墳館近く)では、毎年恒例の「鹿央里やま蓮まつり」の準備が着々と進められている。

 毎年足を運んでいる同園。昨日は、ハス園の周囲には紫陽花の花々が鈴生りとなり、数種の蝶、蜻蛉、そして花虻が飛び回っていた。ジリジリと照りつける太陽光の木陰では、鶯の発声練習が木霊している。澄み切った空気が心地よく、ウィークエンドは駐車場も満車の状態であるようだ。

 今回、雨上がりに足を運ぶと、蒸し暑い中、管理人の方がハス園の底浚いをしていた。声を掛けると、「23日から蓮まつりが始まりますから・・・。隣の枠を見てください。昨年水連を植えたら、こんなに繁りました。」と、にこやかに応えてくれた。

 同園の見所は、何と言っても「古代ハス(大賀ハス)」。昭和27年(1952年)に、千葉県検御見川遺跡で約2000年前の古代ハスの3粒の種が発見された。その中の1粒のみが「大賀ハス」として発芽に成功。それが、同園でも見られる。広大なハス園の敷地内では、その他、二十数種類の可憐なハスの花々が私たちを待ち受けてくれることになる。

▼鹿央古代の森・鹿央物産館

 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
 物産館営業時間 10:00~17:00(直売所8:00~)
 ※定休日:月曜日(祝日の時は翌日)

 
D75_1287


D75_1284


D75_1276


D75_1378


D75_1351


D75_1348



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
 物産館営業時間 10:00~17:00(直売所8:00~)
 ※定休日:月曜日(祝日の時は翌日)
 ※季節限定の料理は要予約(電話にてご予約ください)

▼鹿央古代の森 鹿央物産館公式WEBサイト
 http://kao-kodainomori.comLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/12 10:34 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp