ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 匠

ガマダシモン!!!

DFD_1831


 オフィス近くに、毎年コスモスを植えているところがある。そろそろ咲き頃かと思い、車で通りかかると、案の定、手入れが行き届いた美しいコスモスが咲き乱れていた。

 早速、撮影開始。数匹のミツバチが飛び回っている。ミツバチをじっと観察していると、コスモスの花から花へ、後ろ足に黄色い団子を作りポンポン飛び回って働いている。実に、健気で可愛い。

 熊本弁で、このように一所懸命仕事をする人のことを「ガマダシモン」と呼ぶ。「ガマダス」が仕事をする。「モン」は者、人である。よって、「仕事を頑張る人=働き者=ガマダス+モノ=ガマダシモン」となる。

 仕事柄、「匠」や「職人」を取材することも多いけれども、最近は、本物の「ガマダシモン」が少なくなっていることは事実。極論ではあるが、世のため人のために一所懸命な「ガマダシモン」が増えてくると、人・物・金の価値がグレードアップして、幸せいっぱいの世の中になるのではないかと・・・。


DFD_1772


DFD_1785



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/10 12:00 am

目指すは、頂点!

▼写真はイメージ

D60_5685


 何事も、目指すは頂点である。自由競争の中、やるからには頂点に登りつめること重要だ。無用な競争をする必要はないが、その分野に自分を置いているのであれば、その頂点に立てる者が必然的に勝利者となる。

 目指すは、頂点。圧倒的な実力を持つ人間になれば良い訳だ。プロのシェフにしてもコンサルにしても、大きな信頼を得るために、人を欺くこともなく、虚栄を張ることもなく、下積みの頃から苦労に苦労を重ね、常に真剣勝負の日々を送っている。弱々しい自分を演出したり、自らを褒めたり、人の同情を得ながら綱渡りしている大馬鹿者とは、大違いである。

 では、どうすれば頂点に立てるのか!?・・・それは情熱と継続しかない。常に自らの欠点を改善し、「真善美」を追求するほかないのである。よって、数年間の付け焼刃的なアクティビティによって頂点に立てるはずがない。立ったと思っても、それは虚像にしか過ぎない。・・・義経の八艘跳びのように、簡単に階段を登り詰めることなど不可能なのだ。

 「継続こそ成功への王道」と言うように、自らの尻を叩いて、何度も何度もジャンプを繰り返し、チャレンジすることが必要となる。

 本日は、「黒がらかぶ専門店 宮地」の取材予定日。同店も県内唯一の黒がらかぶの店として、長年の間、頂点に立っている。さて、店内のリニューアルをしたとの連絡が入っているので、取材を楽しみにしている次第。


800_6970


800_6882


▼黒がらかぶ
garakabu



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/3/28 02:34 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp