ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 前方後円墳

取材中に、初霰!

800_3617


 熊本県装飾古墳館へ足を運んだところ、急に頭上が暗くなった。・・・雪雲である。

 車外に出ると、痛いように冷たい風が吹き、ポツポツと霰が落ちてきたのだった。今年、初霰。

 まだ、頭上には暗雲が動いているが、岩原古墳群の一部は太陽光が当たり、とても幻想的な風景が目の前に・・・・

 小さな円墳の頂上に登り、現地では最大の前方後円墳を中心にシャッターを切っていったが、気づけば、ジャケット着用を忘れいている。

 慌てて、車に乗り込み、暖をとった。

 つい最近まで滝のような汗に悩まされていた取材活動だが、秋も短くなり、これからは刺すような寒さと闘わなければならない。


800_3658


800_3717


800_3678


800_3661


▼photo by D&L Assistant Photographer(霰の白い粒が空中に写っている)
shuzai



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/13 02:15 pm

岩原古墳と熊本県立装飾古墳館

▼岩原古墳

D75_2141


 幼い頃に育った、山鹿市。全国の装飾古墳の約4割が熊本県に点在しているが、山鹿市には飛び切り素晴らしい前方後円墳や横穴群などが密集している。

 中でも、筆者が好むのはだだっ広い岩原古墳と熊本県立装飾古墳館。天候が良い時は、青空の中、雲の上に古墳が浮いているように感じる時がある。古代を知る手がかりとなる代表的な古墳群のメンテナンスは大変だが、岩原古墳とその周辺は草刈りをしっかりとしてあり、ピクニックにも古代史探訪にももってこいの処である。

 今回はやや遠景は霞むものの、好天に恵まれ、子供の頃を思い出し、手前にある円墳の頂上に登って撮影することにした。僅か十メートルほどの高さだが、そこから見える岩原古墳はいつもと違い、とても壮観であった。実は、今回はしっかりと草で足元が滑らぬような装備だったので、敢えて、円墳頂上に登ってしまった。

 一度も、この地に足を運び入れたことがない方は、是非、体内のビタミンDを増やすためにも、軽いウォーキングと古代史探訪をお楽しみいただければと!・・・ちなみに、同地は山鹿市の背骨に当たる震岳や不動岩を望める高台に位置している。


D75_2184


D75_2168


▼熊本県立装飾古墳館
D75_2127


▼装飾古墳館横にある埴輪(レプリカ)
haniwa


▼取材風景
shuzai



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/9 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp