ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 個室

「四季の味 やまもとや」のお薦め料理

▼お刺身御膳(ランチタイム)2000円(税別)
sashimi


 写真群は、12月26日(水)に、熊本県上益城郡益城町安永にある人気食事処「四季の味 やまもとや」へ足を運び、楽しんだランチである。

 メニューを見ることもなく、既に頭の中は、癖になった「お刺身御膳」、「天ぷら御膳」の映像がぐるぐると回っている。特に「お刺身御膳」は大のお気に入りとなっており、全ての器を舐めまわしたかのように、綺麗に平らげてしまうのだ。

 御膳を片付けに来た方は、「相当、腹が減っているに違いない!」と思うかも知れない。しかし、一所懸命創られた料理を拝見すると、大根のつま1本さえも残さず食したくなる。従来の筆者は、大抵の場合、大葉やつまは必ず残していたのだった。

 同店が熊本地震から復興リボーンしたのが11月19日だから、あっという間に、1ヶ月と1週間が経った。何度足を運んだか覚えていないが、復興リボーン・グランドオープンの日が、とても昔に思えて仕方ない。それほど、同店の取材に集中できたのだろうと。

 実はこの記事は、12月26日の深夜に書き綴っているが、この記事が30日に自動掲載される日のランチタイムに、また、同店で「松花堂」なんぞを頬張っているとなれば、苦笑いものである。

 末筆ながら、歴史と伝統が凝縮された太巻き寿司といなり寿司をご紹介したい。現在、常連客のみが知るという、テイクアウト可能な隠れメニューである。太巻き寿司は贅沢にも拘りの干瓢がぎっしりと詰まっている。いなり寿司は、九州の田舎らしい淡白であっさりしたものである。

 よって、同店に足を運ばれ、オーダーと同時に太巻きなどのテイクアウトを、是非、手土産としてオススメしたい!事前に申し出があれば、食事が終わる頃に出来上がるはずである。すこぶるリーズナブルであり、帰宅されても、同店の「米」の旨さを、1日に二度楽しめることになる。
 
▼天ぷら御膳(ランチタイム)1800円(税別)

tempra


▼ランチタイムのデザートとコーヒー
coffee


▼同店自慢の太巻き寿司といなり寿司(自宅にて撮影したもの)
DFD_0369



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link

◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生


                       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/28 12:00 am

朋有り遠方より来たる・・・

▼四季の味やまもとや 統括・店長 山本剛大さん(長男)
850_7029


▼四季の味やまもとや 料理長 山本紘士さん(次男)
850_7099


 朋有り遠方より来たる 亦た楽しからずや・・・

 9年ぶりの朋との会食を、熊本県益城町安永にある「四季の味やまもとや」で行った。・・・一所懸命料理を作ってくれたのは、写真上の統括・店長の山本剛大さんと料理長の山本紘士さんである。

 朋は全国でも有名なVIPであるが、ザ・リッツ・カールトン東京で会食してから、9年が経つ。その間、立ち話をする機会は何度かあったものの、互いに時間が合わず、長い間グルメ談義が滞っていた。

 朋は私以上にグルメに関心が高く、そのキャリアは半端ではない。ただ、今回朋を同店に連れて来たかったのは、グルメにうるさい朋が「四季の味やまもとや」をどう見るかの狙いがあった。

 感想は「出汁もしっかりとしており、とても旨い。若い料理人なので、将来が楽しみ。人柄も良く、何故、西田さんがオススメされたのかよく分かりました。」とのこと。器についての提言があったりと、とても気に入ってくれたようだ。

 更に、この質と量で一人6000円でお釣りが来るとは、安すぎるといった感じも受けた。朋との会話は尽きない。そろそろ閉店時間となっても、9年ぶりの会食が時間を忘れさせてしまう。

 久しぶりの楽しい会食。朋は、「また、足を運びたい!」と言って、私の車に乗り込んだ。帰る途中の車の中でもグルメ談義。気づけば、熊本ホテルキャッスルの会員制クラブ エルドラードのソファに座っていた二人。同クラブ専属のプロのピアニストもテーブルを囲み、我々の会話は深夜まで続いた・・・。


▼今日の懐石料理
800_2211


800_2223


800_2253


800_2261


800_2271


800_2282


800_2301


800_2307


800_2318



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link

◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/5 03:46 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp