The Rosetta Stone Blog

タグ » 仮想現実世界

仮想現実世界に熊本城あり!

▼右から、熊本城の大天守、小天守、宇土櫓
castle1


 仮想現実世界「Second Life」が日本上陸したのは、2007年だった。既に10年が過ぎ、国内ではSIMを保有する企業や個人が皆無に近い状況の中、今も尚、熊本ジャパン(ディー・アンド・エルリサーチ社が管理運営)SIMは健在である。

 https://maps.secondlife.com/index.php?q=kumamoto+japan&s=PlacesLink

 写真は、2008年に約800時間を掛け、仮想現実世界で建造した熊本城(大天守、小天守、宇土櫓)である。今で言うならば、VR(バーチャルリアリティ)の世界を、既に10年以上も前に創り上げていたのだった。

 2016年4月の熊本地震のために、熊本城は壊滅状態となり、現在、規制線があちこちに張られ、実際に見ることはできない。勿論、大天守や宇土櫓などの最上階へ足を運び入れることもできなくなった。

 2008年に再現した、仮想現実世界の中の熊本城は、実寸代に近い規模で建造したものなので、実際、自分自身がアバターとなり、その中に入ることもできる。以前、イタリアの観光ツアーの団体が、この熊本城を見学に来たことがあった。

 添乗員付きの観光ツアー。午前3時頃だったろうか、熊本ジャパンのSIMに訪れた観光客に対して、英語で熊本城の歴史を説明したことがあったが、この素晴らしい仮想現実世界が、現在は日本では知る人ぞ知る存在となった。

 ちなみに、10年以上前に仮想通貨リンデンダラーを使用して、仮想現実世界「Second Life」の中で、車や船、アバターの顔や胴体、服などを購入して、コスプレなどを楽しむ人たちも多く、その世界ではアルバイトもできたり、更には、土地を購入して自分の家を建てる人も沢山いた。

 当時、中国系の若い女性が、仮想現実世界「Second Life」の中で不動産業を営み、実際にミリオネアになった人もいた。実は、仮想現実世界の仮想通貨リンデンダラーは、リンデックスを通して、現実の通貨に換金できたのである。

 現在、絶対数は激減したものの、まだまだ世界では、この仮想現実世界「Second Life」が動いている。いつの日か、仮想現実世界「Second Life」と人工知能などが融合し、また新たなる仮想現実世界が登場するのではないかと期待している次第。

 最近のパソコンは速度も機能も、当時のものとは比較にならぬほど優れているので、まだ体験したことのない方は、是非、仮想現実世界「Second Life」を体験されては如何だろうか!?


castle2


castle3


castle4



◎仮想現実世界「Second Life」の熊本ジャパン
 https://maps.secondlife.com/index.php?q=kumamoto+japan&s=PlacesLink

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/17 03:17 am

ネチケットも知らぬ「コドナ」たち

71D_1501


 私の造語で「コドナ」という言葉がある。所謂、大人に成り損ないの子供のように稚拙で悪質な人間を、そう呼ぶ。それは、ガタイがでかく、行動範囲が広い分、子供よりも始末に悪い。

 先般、ある女性へのメッセージで、プロフィールが間違っているのどうのこうのと、最終的には生年月日などを聞いてきたと言う。完璧、どうしようもない馬鹿な「コドナ」である。出逢いを求めて、ネットの仮想現実世界を彷徨う人間なのだろうが、唐突に非礼極まりないメッセージに、その女性は戦慄さえ覚えたのではなかろうか。その「コドナ」は、ネットストーカーに間違いなく、画面の向こうで息を潜めて、複数の女性に対して、日々ランダムに馬鹿げたメッセージを送りつけているのだろうと。

 人との出逢いというものは、人生を変えるほど重要なものも確かにあるが、上記のような、信頼できる紹介者も介在しない、ただFacebookのプロフィール写真を偶然に見つけただけでメッセージを送りつけるなど、常識の尺度がかなりずれた変質者としか言いようがない。SNS上で流行語となった「緩い関係」という言葉を鵜呑みにして、何でもありだと勘違いしているに違いない。病的なものさえ感じられるので、このような場合は、即座にブロックしても構わない。それを、様子伺いで放置していると、どこまで個人情報を調べまくるのか分からず、大変危険な状況を作ることにもなりかねないので、さっさとオミットした方が賢明である。

 また、営業目的で「いいね!」や「シェア」の連発をしている人物もよく見かける。所謂、「神輿担ぎ」である。元々、Facebookは近しい関係者のみのコミュニケーション手段として生まれたものであるが、姑息にも、人の挙動を伺ったり、営業のターゲットしている店舗や企業に、自分の存在を、如何にも近しく信頼のおけるようなジェスチャーを採りながら、「いいね!」や「シェア」を日々のルーチンワークの如く動いている人物も居る。まあ、心眼が備わった人ならば、そのネチっこく、甘酒のようにベタベタした魔の手を感じ、すぐに「危険!」との判断がつくであろうから、先ほどの病的なネットストーカーと比較すれば、可愛いものである。

 何はともあれ、プライベートであれ、オフィシャルであれ、扇動や洗脳に噛まれないことである。群れるのは個人の勝手なので、何も言及しないが、SNS症候群にだけはならぬよう、自分の足元や背中をしっかりと見て頂きたいものだ。

710_3616



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/23 07:09 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp