ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 仕出し

喰処 やまもとや(益城町)

▼山本剛大さん

710_5100


 昨日、熊本県上益城郡益城町にある「喰処 やまもとや」を取材することになった。同町で60年の歴史を誇る、老舗の食事処である。

 出迎えてくれたのは、長男の山本剛大さん。その後、店主の山本正一郎さんも顔を出してくれた。丁度、ランチの時間帯だったので、次から次へとお客が入ってくる。隣の座敷も満杯。年配の方々だったようで、キャッキャキャッキャと甲高い笑い声が絶えず、食事を楽しんでいたようだった。

 今回、取材したのは三つ。写真下のように「たまがる定食B」、「上にぎり」、そして人気の「太巻き」である。リズムよく、ポンポンとスタッフが料理を運んできてくれた。照明を使用しないので、ノーフラッシュのまま、客目線で撮影させて頂いた。撮影に要した時間は述べ10分ほどだったか、目の前の美味しそうな料理に誘惑されて、つい、箸の方が進んでしまったのである。

 同町で60年続いているという信頼できる老舗として、周囲の町民も多く利用しているようだ。事業は、割烹、宴会、行事料理、焼肉、フードデリバリーサービスと思いの外大掛かりである。店舗も、「喰処 やまもとや」の他に、「仕出し料理 山本屋」、「食彩家 憩」と多くの施設を保有している。

 食後、その長男さんとは、長時間にわたり話をすることができた。すこぶる、勉強好きで研究熱心な様子。ホテル文化や食文化、そしてカメラの本体やレンズの話など、いつの間にか時間を忘れ、次の約束時間ギリギリまでその話に花が咲いたのだった。慌てて同店を出たが、生憎の雨。安全運転で次の箇所へ向かった。

 お土産に頂いた太巻きだが、どっしりして、本当に太い。2個で、普通のご飯茶碗1杯分はあろうかと。明日食べようと思ってはいたものの、その日の内に食べた方がよろしかろうと思い、スタッフに半分、私がこの記事を書く前に、頬張って完食としたのである。・・・素朴な具がぎっしり入った太巻きは久しぶりだったので、4個を一瞬の内に食べてしまった。


▼たまがる定食B
710_5059


▼上にぎり
710_5044


▼太巻き
710_5084



◎「四季の味 やまもとや」(2018年11月9日から再開予定)
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575ー2番地
 電話:096-286-2017
◎「四季の味 やまもとや」関連ニュース
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/16 02:51 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp