ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 仕事

仕事が捌ける人間になる!?

▼D&L社で嘗て活躍した、強者マシン(左から、Macintosh、SiliconGraphics INDIGO)

oldmachine


 仕事が捌ける人になりたい!?・・・誰でも、そう思っています。

 仕事が捌ける人間になるのは、すこぶる簡単であることをご存知ですか?

 現在、どこのオフィスにも、デスクトップやラップトップのパソコンがたくさん机の上に乗っています。

 職種が、営業であろうが、企画であろうが、総務であろうが・・・最終的な業務報告やその他文書作成、資料作成は、パソコンに依存しなければならない時代。そこで、他の同僚よりも仕事を捌くには、基本、パソコンの「キーボード」をブラインドタッチで素早く正確に打てるかどうかで決まってくるのです。

 A4に文章を書くのに、あなたは何分掛かってますか?・・・もし、20分以上も掛かるのならば、仕事が捌けない部類に属します。1時間位掛かるのならば、それは仕事と呼べず、パソコン学習教室での生徒並みの話です。

 もし、あなたが、「キーボード」のブラインドタッチができれば、誰だって、10分〜20分で、A4サイズの書類を簡単に打ち出すことが可能となる訳です。

 よって、パソコンが不得意とか面倒臭いと言っている人は、2週間ほどの訓練(1日2時間)・・・再度、キーボードのホームポジションをキッチリと学べば、驚くほどのスキルアップができることになります。それも、両手10本指の使い方を正確に覚えるだけでいいのです。・・・1本の指に、アルファベットであれば、平均2.6文字を教えるだけです。

 手前味噌ですが、私の場合、20歳で英文タイプライターを購入し、2週間でホームポジションを、すべての指に徹底的に叩き込みました。目を瞑っていても、思い浮かんだ文言が、無意識のうちにサラサラと打てるのです。よって、指は無意識に動くのですから、考える方に集中することが可能となります。

 諄いようですが、デジタルに強くなりたければ、且つ、仕事が捌けるようになりたければ、まず、基本の基本である「キーボード」を上手に使える努力をした方が、圧倒的に短期間で、面白いほど、すべてのスキルがアップします。

 ※現在の音声認識機能やスタイラスペンのレベルでは追いつきません。

 ブラインドタッチがこなせるようになれば、頭の回転も良くなり、仕事の先が良く見えてくるようになります。ただし、人差し指2本とか両手6本程度で打つ人が、「キーボード」を速く叩けるからと豪語しても、それはパーフェクトに捌けるとは言えません。

 スポーツも何でもそうです。基本がしっかりしてなければ、スキルアップの上昇気流に乗れるはずがないのですから。

 何かご質問があれば、何なりと、投げ掛けてください。さらりとプロの技をお教えします。


▼私(西田親生)の本業・・・クロスメディア
 ※マイコン&パソコン歴(since 1980)、Mac歴(since 1984)、IT歴(since 1994)
 ※東京、大阪、滋賀、福岡、佐賀、長崎、熊本などでの講演履歴多数
 ※写真撮影やグルメ評論家はサブワーク(グルメ小冊子「如水」発刊)

【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/20 12:00 am

これが仕事なんだ!!

ooe


 昨日、数十年ぶりだろうか、熊本県天草市の大江天主堂へ取材の為に足を運んだ。

 風光明媚な海岸線の美しさに、「ここは熊本じゃないぞ!」と道中何度も言ってしまった。勿論、熊本人である筆者だが、宝石のようなグラデーションの空と海を二分する、丸みを帯びた水平線を見るのは、本当に久し振りの事だった。

 海岸線から少々山手に入ったところに、真っ白な大江天主堂が見えてきた。その脇を通り、山手に登って行くと、そこに蕎麦の圃場が広がっている。今回は、この春蕎麦の収穫風景を写真に収めることが目的であった。

 既に、大きな蕎麦刈りのコンバインが鎮座していた。そこに家族やその他関係者6名が収穫の準備を行っている。又、テレビ局の取材も来ているようだ。・・・朝方心配していた天候も、さっと霧が晴れたように強い太陽光が蕎麦の圃場全体を照らしていた。

 親子で大切に育てた蕎麦の実を接写し、一粒一粒の蕎麦の実を見ていると、農家の方々の手の温もりが伝わってくるのだ。生き物である蕎麦は、気候により大きく影響を受ける。昨年が豊作と言えども、翌年は蕎麦の丈が極端に低くなって、折角の収穫が予想以上にどんと落ち込む時もあるらしい。

 それでも、この炎天下の中、笑顔を絶やさず、蕎麦の実の収穫に取り組む親子たち。撮影しながら、「これが仕事なんだ。これが親子なんだ。」と、家族の居ない筆者の心に、羨ましいほどの家族の絆を、至る所で発見するのであった。

 書類を作成したり、出来上がった書類に印鑑ついて、制作に入る・・・長年、それが仕事だと思い込んでいた筆者だったが、やはり、身体全体を動かして、汗水垂らして作業をする・・・躍動的な共同作業こそが人間らしい仕事なんだろうと、従来の楽な仕事への嫌悪感を持ち始めた筆者であった。

 ゼロから何かを創り出す。・・・大自然との語り合い、ある時は、怒り狂った自然と闘いながら生活を維持して行かねばならないという・・・僅かな時間だったが、厳しい環境下で頑張っている方々と接する事により、今の自分の在り方を考えさせられたのだった。


ooe1


ooe2


ooe3


ooe4


ooe5


sea



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/6/8 01:16 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp