ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 亜熱帯

激しい雷雨後の夕暮れ

NONALNUM-ODAwXzM5MzQoMSk-E


 眩しいほどの陽射しで、連日猛暑の熊本市。昨日は、午後5時頃に雲が垂れ込め、小粒の雨が降り始めた。窓の外を見ていると、近くのビルの避雷針に、耳を劈くような落雷があり、目の前が一瞬真っ白になった。

 昔であれば、夏の風物詩「夕立」だろうけれども、今や、スコールのような大粒の雨と落雷がセットになると、風流にも扇子や団扇を片手に、「夕立」という言葉が遣えなくなってしまう。

 雨が激しく視界が急に悪くなり、幹線道路は大渋滞となってきた。しかし、この土砂降りの雨のお陰で、照り返しの厳しい熊本市全体が、冷たいシャワーを浴びたかように、気温が急降下。

 雨が止む頃を見計らって、市内中心部を出発し、オフィスに戻ることにした。先ほどまでびしょ濡れの公道は、次第次第に乾きはじめているではないか。オフィスに到着し、それから高台に上り、西方の空を望めば、雲の合い間にお日様がが顔を出していた。

 先ほどの土砂降りの雨は、一体全体何だったんだろうと!?・・・カメラを持ち出し、サンセットを写すことにした。しかし、キンキンに冷えきった車内から飛び出すと、レンズの前玉が曇って、全く撮影不能となった。さっと前玉の曇りを拭き取り、撮影に臨んだのである。

 本気でサンセットを撮るとなると、前後1〜2分が勝負どころだが、このような浮いた状態のお日様は、明日のご機嫌伺いのようで、実に気楽なものである。時には、そんな力の抜けた撮影があっても良かろうと・・・。


800_3943



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/30 02:01 am

猛暑を書き殴る!!

sho-blog



 朝からジリジリと照りつける太陽。湿度も加わり、ちょいと歩くだけで、シャツは洗濯機の脱水前のようにびしょ濡れとなる。但し、乾燥機付きの洗濯機をお持ちの方は、経験がなかろうかと・・・。摂氏40度を超える地域が出るほど、今年の夏は狂ったかのような暑苦しく重苦しい干上がってしまいそうな季節となっている。

 さて、話は昨日に戻り・・・夕食前に文房具専門店へ足を運び、半紙と墨汁(墨をするのも面倒だから)、そして筆(4号)を一本買ってきたのだった。・・・数ヶ月ぶりに筆を持とうとすると、何と、イメージ通りに手が動かない。・・・最近、運動不足解消の為に毎日木刀を振っているので、腕っ節はでかくなり、繊細な筆を持つことが困難になっているのではないかと心配になった。

 地域興しの為に依頼されたものの試作をしようと・・・どうも勝手が違うので、今夜は思い切って「暑いぞ〜!」と大声で発しながら、「暑」を書いてみた。勿論、一発書きである。・・・書き終わって「君は木刀が似合うのでは?」と言いたくなるほど、繊細さに欠ける。まあ、昼は木刀、夜は筆の生活が両立できるように、暫くは悪戦苦闘が続くのではないかと・・・。

 しかし、随分と墨の香りを嗅いでなかったので、少し心が落ち着いたような気配である。・・・あくまでも、気配。


sho-blog2



zansho



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【書-親生流 Gallery】 http://www.dandl.co.jp/sho/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/15 03:20 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp