ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 二の丸駐車場

初詣の交通渋滞の原因・・・

DFD_7917


 初詣というのに、想定外の交通渋滞に遭遇した。何と、熊本ホテルキャッスル玄関を出て護国神社まで、普段であれば10分も掛からぬところを、1時間ほど掛かってしまった。・・・その交通渋滞の原因が見えたのは、旧細川刑部邸横の駐車場の手前だった。

 一つは城内にある加藤神社は「人のみ通行可」とし、車の侵入を阻んでいた。更に、旧細川刑部邸横の駐車場の係員が、左折入庫も右折入庫も受け入れるという自滅的な判断を行い、結局、上りも下りも数珠繋がりとなり、直進して通り過ぎたい車が多い中、同駐車場の出入り口付近で、がっちりと固まっていたのである。

 右折入庫を許可するのは強引すぎる。加藤神社の駐車場が使用できないのならば、京町からは加藤神社や旧細川刑部邸へ行く人たちは、下の道より迂回して、旧細川刑部邸横の駐車場へは左折入庫のみ可とする交通規制をすべきである。

 毎年の初詣で経験済みであれば、事前に警察へ届け、しっかりとシミュレーションされた交通規制を採るべきである。右折を許せば、対向車線の直進も左折組も遮断する。更に、後ろからの車の直進さえもブロックしてしまう訳だ。

 「毎年、初詣客が多いから、仕方ないんです。」と思い込んでいるに違いない。毎年同じ状況に陥るのであれば、改善するために秘策をもって解消すべきである。実は、同駐車場の出入り口の交通整理は某警備会社の警備員が行なっていたようだが、公道のことよりも、駐車場内のことばかりで頭が一杯のようだ。

 また、普段から首を傾げるのは、同駐車場へ入るたびに、いつも「熊本城に行くのならば、桜の馬場 城彩苑か二の丸駐車場を使ってください!」と言い切り、旧細川刑部邸横の駐車場に入れたがらない警備員。どこもかしこも有料駐車場なのだから、人がどこに行こうが、どこの駐車場を選ぼうが関係のない話だが、何故に、その言葉を繰り返すのかが、今も理解できない。


DFD_7914



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/3 01:22 am

鵯と梅の花・・・

hiyodori1


 加藤神社へ行き、本殿にある知人の書・・・今年の「仰清正公」を拝見し、それから宇土櫓や大天守、小天守を撮影して行った。

 宇土櫓付近は調査のためのドローンが忙しく飛び回っていたが、梅の花がちらりと見えたので、近寄って行くと、その手前の小枝に鵯(ひよどり)が飛んできた。自宅の庭でもよく見かける鵯だが、とても可愛い顔をしているので、数枚撮影することにした。

 あちこちを見回しては、鳴く鵯。ドローンが近くを飛んでいるので、木陰に隠れた状態である。数分、その枝に居ただろうか、いろんなポーズを取ってくれたので、僅かな時間ではあったが、撮影を楽しませて頂いた。

 最近、取材中に気になることが一つ。それは、熊本市植木町の国道3号線沿いにある電線に数百羽のカラスの大群が居たり、旧細川刑部邸近くの二の丸門跡の大楠にもカラスが沢山屯している。また、山鹿市の不動岩辺りを飛んでいたカラスの大群にも驚いた。・・・糞は落とすは、路上に置きっ放しのゴミ袋を食いちぎったり、田畑の作物など食い荒らすカラスが、頓に増えたような気がしてならない。

 先般、某テレビ番組で、害鳥を駆除する女鷹匠のニュースが流れていたが、カラスの天敵と言われる大鷹の威嚇音でも、あちこちで流してやれば、国道3号線沿いの電線や二の丸門跡の大楠のカラスなどは、パニックとなり、あちこちへ逃げて行くのではなかろうかと・・・。しかし、逃げても、また安住の地を見つければ、同じことの繰り返しとなる。鼬ごっこならぬ、烏ごっこになりそうな気配。

 やはり、野鳥も人間も・・・腹黒いカラスよりも、可愛いく美しい鳥や人に限ると思った次第。


hiyodori2


katoh2


▼取材風景
D60_6664



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

29-1



                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/5 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp