ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 不慮の事故

人生・・雨のち曇り、時々晴れ。

DSC_4227


 人生、長く遣ってくると甘い物も、苦い物も、辛い物、酸っぱい物も、沢山経験を重ねてくる。よって、人生とは、1冊の教科書に収まる学習用教科書とは異なり、とてつもなく難しい学問として捉えることもできる。・・・それが、人間学というものである。

 人は生まれ育つ瞬間から、親を選ぶこともなく、多種多様な環境の中で、好条件だけを取捨選択できる権利権限もない。気付けば、いつの間にか自分が現実世界に存在し、脈を打ちはじめているのだ。

 同じ幼児教育、義務教育、高等教育を受けて、世間という荒波に船出をしても、日々平穏無事な生活を営む人も居れば、日々波風ばかりが強い生活に立ち向かっている人の姿もある。所謂、「十人十色」である。

 社会人となり、責任と義務を果さねばならぬ大人になったとしても、その人の生き方、考え方で、将来の方向性が大きく変わってしまう。例えば、視野狭く、思慮浅ければ、不惑の歳を過ぎたとしても、学生時代からほとんど進化することもなく、闘う必要のないところで、肩に力を入れすぎて闘っている人も居れば、視野広く、思慮深く、人様の為にゆとりを持って社会貢献している人も居る。

 個人的な経験学を通してもの申せば、先ず、学生時代の自分の取り巻きにより、善きにつけ悪しきにつけ、その友人から感化されることが多々ある。それを安易に「運」、「育ち」、「神の思し召し」と言って良いのだろうか?・・・その偶発性を強調するが余り(単純に他力本願でしかない)、自分自身の判断や行動を是認するが為に、都合良く「神」という存在に掏り替えているに過ぎない。

 「神」が存在しているとしても、その存在は、森羅万象に対する自然の摂理であり、個々人のあーでもない、こーでもないを、一つ一つチェック、コントロールするのは「神」の業ではなく、そう思い込むのは単純馬鹿過ぎる。だから、「神」に対して懺悔や感謝の気持ちを告げるのは構わないが、そこで「神頼み」のようにお願いしては罰があたるという気がしてならない。

 眼前に起こる、予期もしない経緯や結果。それを「神の思し召し」による当然の経緯や結果であるとこじつけるのは、狡賢い人間の、都合の良い解釈の仕方である。よって、予期もしない経緯や結果については、第三者への責任追及ばかりに傾注するのではなく、自己分析と自己反省をしなければ、幾度も同じ繰り返しをしてしまうことになる。それが、中途半端に知恵を授かった人間の浅はかさなのだ。

 「念ずれば叶う」・・・確かに心に希望や目標を高く持てば、自分が描いた何らかの形にはなって行く。それは「神」の存在ではなく、刻み込まれた「潜在意識」による初動、経緯、結果である訳だ。そこで、森羅万象を司る「神」に対して確と報告を行い、深い感謝の意を表せば良いのである。

 何かトラブルが生じると、「神への冒涜だ!」を青筋立てて喚く人も居るが、如何なものかと。それは「神への冒涜」ではなく、自分のプライドが傷ついた瞬間の、軽々しい言葉なのだ。

 人生、雨のち曇り、時々晴れ。・・・まあ想定外に浮き沈みはあるものの、自然体で過ごす事が、精神衛生上すこぶる良い事であり、妙な輩から感化されずに、筋を通して波風立てずに、見識高く人生歩めば、きっと素敵なものになるに違いない。

CNJ_7440


DFD_0755


castle


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/5 10:35 am

事前に防御体勢を!!

▼外出するなら、涼しい陰を選ぼう!!

DFD_4347


 夏休みとなると、必ず、水難事故、交通事故、火事そして熱中症、SNS誘拐殺人と・・・一日中、全国各地で事件事故発生の報道が続く。

 しかし、人間というものは、どんなに危険だと分かっていても、我が身とは関係のないものだと、それを否定し、安易に行動する時がある。それが大きな落とし穴となってしまい、後から悔やんでも悔やみきれない事件事故に直面する訳だ。

 「この程度ならば良かろう!」、「ここは安全だろう!」、「まさかここじゃ事故は起きないだろう!」、「追い越しても、対向車は来ないだろう!」と・・・何でも「だろう!」で片付けてしまい、無思慮であったが故に、とんでもない不慮の事故に巻き込まれてしまう。

 パチンコやスーパーの買い物で、幼子やペットを車に閉じ込め、熱中症などで死亡したというニュースも、連日のように流れている。・・・何と危機管理のない人間なんだろう。何と学習能力のない人間なんだろうと・・・、ニュースを聞く度に、気分が悪くなる。

 日頃から「明日は我が身」ということを、しっかりと頭に入れ、極力不慮の事故に遭遇しないように、事前に防御体勢をとっておかねばならない。ほんの数秒違いで生死が分かれることもあり、無理せず行き先をちょっと変えるだけで無事帰還できるというものである。・・・それは単なる運が良かった、悪かったで、安直に判断するものではない。

 異常気象が続くこの時期は、特に、どんなに外で遊びたくても、先ずは自己防御。出来るだけ、セイフティ・ゾーンの枠内に居ることが懸命な判断である、一端の大人であれば、その子供に対して、日々慎重な物事の考え方を教えておく必要がある。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link


 

 

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2014/7/27 04:50 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp