The Rosetta Stone Blog

タグ » ポートレート

私のカメラライフ・・・

cameralife


 写真上(右)は、NIKON D1の勇姿である。1999年に、当時としては格安で、本格的な一眼レフデジタルカメラとして脚光を浴びた名機である。筆者も御多分に洩れず、その年にD1を手にしたのだった。レンズ付きで確か80万円を超えていたような覚えがあるが、清水の舞台から飛び降りる思いで、店頭に並んだばかりのD1を目を瞑ってお願いした。

 それから18年が経つ。現在、筆者の掌で活躍しているのは、D800、Df、D750、D500などだが、今でもD1を握りしめると、しっかりとアナログ感が漂い、重厚な手作り感がある。触れるだけで、確かに名機であることが分かる。

 前置きはこの程度で、本日の本題に入りたい。

 写真下(5枚)は、海外の写真愛好家で運営されているFacebookグループに、最近アップしたもののあ中から、その日のTOP5を選んだものである。敢えて、数カ所のグループに、同様の野鳥シリーズをアップしてみた。

 海外の写真愛好家の目は、若干、日本人のそれとは異なる。近頃は、デジタルエフェクトを施したものが多く、なかなか生の写真を見ることの方が少ない。筆者は、職業柄、デジタルエフェクトを否定するものではない。しかし、自然光の中で、光学レンズが拾う生の映像を、できるだけ忠実に再現したいと考えている。

 もちろん、光学的なもの、機械的なものには限界があることは、十二分に理解している。高度なデジタル技術が介在することで、ファインダーを覗き込んで記録された写真が生まれ変わってしまうのである。時には、他人の作品のようになることもある。商用において、今やデジタルエフェクトは必要不可欠なもの。よって、短時間に完成度の高いものが生まれ、世の中に大きな影響を及ぼしているのは間違いのない事実となる。

 されど、職業に反し、アナログをこよなく愛する筆者にとっては、光学レンズを通してカメラ本体のCCDに映り込むまでが勝負だと考えている。RAWデータで取り込めば、後々如何様にも加工できる。しかし、それは敢えて行わず、原則としてトリミングも行わない主義で、日頃の取材を進めている次第。

 海外のグループでは、圧倒的に風景が強い。美しい海あり、山あり、川あり、滝ありで、超ワイドレンズが活躍している。最近、ギリシャの方々とのネット上の交流が多い中、 日本人よりもカメラライフに傾注してるように思えてならない。時には、構図もアングルも背景も光も無視した写真もあるけれども、彼らのカメラに対する愛情は筆舌に尽くしがたいほど強烈なものだ。

 写真撮影は、高齢になってもできる一生物の趣味だが、一度も一眼レフカメラを手にしたことのない人は、是非、一眼レフの素晴らしさを体験していただければと思う次第。・・・「いやあ、カメラって本当に楽しいけど、毎日、頭を痛めてます!」と言いながら笑顔が絶えない人って、すこぶる素敵なオーラを放っている。


▼BACKLIGHT
21688473_2126648624017116_6323334177649134744_o


▼NO GAME
24837662_2126648737350438_5923566939849031531_o


▼MY TURN
24958826_2126648777350434_5651488664570638423_o


▼NO GAME (2)
25073201_2126648704017108_1823978972343923092_o


▼IT'S NOT EASY TO EAT !!!
25073376_2126648664017112_5100146148920553791_o



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
◎Obscure Photo Club(Facebookグループ)
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/11 03:09 am

立体写真撮影実験・・・

3D


 立体写真撮影を試みた。

 カメラ2台を同時に撮影するか、一台のカメラに双眼鏡のような二つのレンズを装着して撮影するか、又は、一台のカメラを横にスライドして2度撮影することで立体写真とするなど、いろんな方法がある。

 今回は、最後の一台のカメラを横にスライドして撮影することにした。

 立体写真撮影では被写体は静止の状態であることが条件である。クマさんを座らせ、三脚にカメラを乗せ、平行にスライドさせたが、うまい具合に撮影できたようだ。

 三十数年前にホログラフィに興味を持ち、当時、ホログラフィ先進国だったイギリスやロシアの作品を、わざわざ東京銀座画廊に行って見たことを思い出した次第。

 写真上をじっと、それもぼーっとしてご覧いただきたい。中央に縫いぐるみの二つのクマさんの目が合致し、焦点が合えばばっちりクマさんが立体に見えてくるのである。顔を動かさず、わずかに視点をクマさんの鼻先や耳、頭、服などへと動かすと、その立体写真の存在感がぐっと引き立つ。

 次回、もっと大掛かりに立体写真撮影に挑みたいと思うが・・・少々癖になりのめり込みはしないかと危惧する次第。ちなみに、この交差する方法で目が追いつかない人もいると聞くが、ぜひ、この不思議な世界をご覧いただければと・・・。

 蛇足だが、以下はフォトエディタのカレイドスコープエフェクトを使用して、撮影した写真をデジタル隠して、万華鏡にしたものである。


▼シェフ
1


▼デザート
2


▼彼岸花
3


▼女郎蜘蛛
4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/20 02:23 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp