ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ポケモンGO

ゲームに「モラル」を!

800_3166


 今、連日話題を呼んでいる「ポケモンGO」。

 スマホのGPS機能を利用し、バーチャルな世界とリアルな世界の狭間にあって、移動しながら気軽に楽しめるゲームとしては、大変面白い。しかし、連日、いい大人が公道で玉突き事故を起こしたり、交通違反で捕まったり、転倒したりで死人まで出たようで、早速、大きな社会問題となっている。

 筆者もゲーム大好き人間の一人だったと思う。Age of Empires、DIABLO、Mist、Prince of Persia等、色んなゲームをパソコンで楽しんでいたこともある。また、2007年に日本上陸した仮想現実世界「SECONDLIFE」でSIMを保有して、原寸大の熊本城(大天守・小天守・宇土櫓)を築城し、熊本県観光宣伝をバーチャルな世界で試したこともある。(現在もKUMAMOTO JAPAN SIMは存在している)

 例えば、DIABLOは甲冑や剣などの武器のアイテムをグレードアップして、ダンジョンの最下層に現われる怪物DIABLOを倒すのがミッションだった。闘いの中で、より強い戦士となリつつ、仲間同士のチャットやアイテム自慢の楽しさを共有する訳だが、デスクで遊んでいる限り、自転車から転倒したり、車の玉突き衝突事故を起こしたり、他人の敷地に不法侵入することも、立ち入り禁止地域に泥棒のように入り込むこともなかった。

 今回の社会現象を見ると、ドローン出現時と全く同じことである。相も変わらず法的規制が遅れており、事件事故を引き起こす要因ともなっている。それをマスコミが面白おかしく報道している点もすこぶる気になる。しかしながら、同ゲームに参入する人たちの「モラル」次第では、その他SNSと連動し、人様に迷惑を掛けず楽しみながら観光ができたり、食事処を探したりできるゲームになる可能性も高い。

 SNSにおいても、ドローン操縦においても、ポケモンGOでキャラクタ探し&ゲットをすることでも、すべて「勘違い・履き違い」が原因で、モラル無き現象が発生している。法的制限がないアナーキー状態を、思う存分自由自在に遊びまくりたい気持ちは分からないでもない。しかし、身勝手に社会的「モラル」を無視していると、今後、より大きな事件事故が発生し、死に至る人もあちこちに出てくるに違いない。

 ゲームは、所詮、ゲームである。そこまで必死にならずとも、普通に生きていける。普通に生活ができるのである。ゲームをする人は、自分の背中を今一度見直し、ゲームを楽しむ程度の余裕が欲しいものだ。大の大人が夢中になり粗相をやっていると、その子供、孫まで狂っては、洒落にもならない。

 蛇足だが、新しいもの大好き人間のFacebookを見ていると、すでに、多くが嵌り狂っている。そのゲーム自体の受け止め方や情報発信内容の稚拙さに、閉口するばかりである。この世の中、最近、頓に、子供のような大人が増えたものだと・・・。


▼ポケモンGOについての記事
http://toyokeizai.net/articles/-/128679Link

800_3219



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/27 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp