The Rosetta Stone Blog

タグ » バードウォッチング

今日の主役は、緋鳥鴨!

DF1_1860


 緋鳥鴨(ヒドリガモ)は群れをなして、池に浮かんでいたり、急に舞い上がったり、一気に着水したり・・・穏やかな顔をしている割には、警戒心が強く、ビビリ屋である。今回取材をしている中で、彼らの求愛行動・・・メスの後ろからバタフライのように迫る動きなど、珍しい瞬間を撮影することができた。

 また、三角関係のもつれのようなシナリオがピッタシの三羽。最終的には別のオスが、ラブラブの二人に突っ込み、メスを追い出した。他のカモたちは、芝生の上を歩きながら突いていた。何か餌になるものが落ちているのだろうか!?

 最後に見たのは、群れが一堂に池に着水する瞬間である。思いの外、ダイナミックだが不器用な着水である。突っ込んでから、後追いの形で撮影したが、ボートレースのように数本の白波が伸びていった。「ジャボッ、ザー♪」といった感じだ。

 望遠で覗くと、実に可愛い目をしている緋鳥鴨。被写体としては、本日の主役を務めてくれた。


DF1_1841


DF1_1973


DF1_1925


DF1_1926


DF1_1751



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/2/13 01:53 am

水遊びする人たちも・・・

DF1_1665


 急に春がやってきたかのように、陽射しも強く、遊水池の八景水谷公園は、多くの家族連れで賑わっていた。

 池の奥へ足を踏み入れようとすると、すでに水遊びをしている若い女性たちが居た。木陰ではシートを広げ、ランチを楽しむ人たちも、また、対岸にはアドベンチャーを楽しむ親子の姿も見受けられた。

 遅ればせながら、オフィスを出たのが午後3時過ぎ。駐車場などは十分空いていると思ってやってきたのであるが、少々甘すぎたようだ。水の科学館の駐車場へ行くと、満車の状態。しばらく様子を見ていると、1台の車が出てきそうだったので、空いたスペースに駐車することができた。

 子供達のはしゃぐ声、わんちゃんたちもキャンキャン、ワンワンと吠えまくっている。いつもと違い、今日はかなり煩い公園のようだ。よって、日頃からご挨拶をしていた野鳥や猫たちは、鴨数羽を除いて、どこにも彼らの姿を見ることができなかった。


DF1_1668


DF1_1697


DF1_1705


DF1_1702


duck



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/2/12 01:55 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp