ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ニューメディア

他の追随を許さぬ、Mac。

800_9630


 今振り返ると、 1970年代にマイコンと出逢い、1980年代にパソコンの進化と共に業務を遂行し、1990年代に独立。CGやネット事業に着手し、2000年代になり、次から次へと各業界のスタンダードを変える、Macの大進撃に直面したのだった。これは、タイムリーでもあり、パソコンの黎明期から進化と同じ歩幅で、起業以来歩めたのは、ラッキー以外何ものでもない。

 しかし、Apple社が世に送り込んだMacintoshには、エンドユーザーには気付かれぬほど、小洒落で凄い思想が凝縮されており、その卓越したヒューマンインターフェースによって、ニューメディアの世界がどんどん進化して行く大きな起爆剤となった。

 先ず、アイコンという「小さな絵」である。スマホ時代となった今では、当たり前の画面やアイコン。当時、その中に、アイコンがひしめき合っているのがMacだった。誰も、それがアイコンであるという認識もなく、一瞬間で何を意味しているのか分かるような、道路標識感覚で、画面の中をドライブしているのである。

 1984年に日本上陸を果たしたMacintoshだが、実は、その画面の至る所に魔法が掛けられていた。それは、デスクトップという概念である。画面が帳面やスプレッドシート感覚だったWindowsに対して、Macは自分の机の上という仮想現実世界からスタートするのである。それも、スイッチを入れれば、Macの中にチビMacが登場し、笑顔で迎えてくれるという演出だ。

 机の上にあるMacの画面の中が、更に仮想現実世界の机の上を演出し、直感的にマウスを握り、動かしてやれば、いつの間にか、ワープロでも、ドローでも、ペイントでも、音楽でも、通信でも・・・自分自身が魔法使いやマジシャンになったかのように、サラサラと業務を処理してしまうのだ。

 当時は、まだ「擬似マルチタスク」と言っていた。・・・現在のマルチタスクという概念をも、既に持っていた。机の上にある要らなくなった書類は、ゴミ箱に投げ込んで捨てる。更に、ゴミ箱を捨てれば、近所のゴミ収集箇所へゴミ出しを完了したことになる。微に入り細に入り、ヒューマンインタフェースを徹底追及したMacは、他の追随を許すことがなかった。(現在でも同様)

 更に、他のパソコンの度肝を抜いたのは、画面の仕様である。何と、ビットマップディスプレイを採用し、画面一杯に、自由自在に輪ゴムが伸びたり縮んだりするように、グラフィックを描けたのである。人によっては、「こんなオモチャなんぞ、仕事に使えるか!」とまで、否定的な見解を述べる評論家も居た。実に身の程知らずの無知な人間だが・・・。(苦笑)

 現在では、パソコンもパッドもスマホも、全て家庭に浸透している訳だが、ここで一番大切なことは、進化したデバイス群を使えるからといって、自分自身が天才になったかのように勘違いしないことである。そこは、自分自身の論理展開や発想などを、日々磨きに磨かない限り、他の追随を許さぬようなスキルを手にすることは出来ない。

DF1_4551



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

 

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/27 03:48 am

25年前に書き綴った原稿・・・

▼イメージ写真

past1



 倉庫を整理していると、25年前に自分で書き綴った「マイツール論」など・・論文や原稿がいくつか出てきた。・・・写真下は、確か、当時のRICOHがパソコンの主力アプリケーションとして売り出していたMyToolについて原稿を依頼され、それについて下書きしたものである。懐かしかったのは、その内容もさることながら、1988年7月26日付けの印字。それは、Macintosh(Apple社製/1984年購入)を使って出力したものだった。

 新聞社の若手の殆どがNECのPCを使っていた中で、筆者独りがApple社製のMacでMacDrawやMacPaint、Sheet、Chart、Thunderscanなどを使っていたのだ。・・・まあ、当時のMS-DOSの勢いからすれば、筆者は変人、異端児だったのだろうと推察する次第。

 しかしながら、車もバイクもカメラも・・・人の趣味趣向の問題である訳で、何を保有していようが、何を使おうが、仕事の目的を達成すれば、何だって構いはしない。そうやって、異端児だった筆者が、Apple社のMacを使い続けて、既に29年が経ったと言う事になる。

 話は前後するが、上述の「マイツール論」を最初から読んでみることにした。・・・素晴らしく駄文で、稚拙な文章だ。他人様に見せられるような原稿ではないが、25年前の筆者が何を考え、何を伝えたいのかだけを拾い読みすることにした。

 導入部分のところに、媒体・・・メディアについて話をしている。「インディアンはのろしを使って敵の動きなどを知らせたり、鏡を使って太陽光を反射させ合図をしたり、また時代が変わり、サーチライトの点滅や電信の発信音で情報を伝えたりしました。・・・・」と。・・・ボキャブラリのない稚拙な文章だが、言わんとすることは、メディアの変遷について話をしたいのだろうと。(苦笑)

 そして、「AI(アーティフィシャルインテリジェンス=人工知能)について語っている。・・・畢竟、目の前のコンピュータと比較して、人間の頭脳の素晴らしさを強調し・・・視覚、聴覚、嗅覚、触覚・・・について触れ、戦略性を持った人間として、コンピュータを「セクレタリ・ツール」(私設秘書)として使えと言っているようだ。・・・かなりアバウト且つフォーカスが緩いので、表現力の無さに閉口してしまった次第。

 また、中程で、「コンピュータは、人間の頭脳に代わりに計算するCPUを、視覚や触覚の役目となるセンサーを、手の代わりにプリンターを、足の代わりに通信機能を・・・」と。読んでいるだけで腹が立ってくるが、もっと単刀直入に表現できないかと拳骨を叩きたくなった。(苦笑)

 よって、25年前の筆者が言いたかった事は、多分、以下に集約されると思われる。

1)AI(人工知能)がいくら発達するとしても、人間の頭脳に勝るものはない。
2)メディアがどんどんと進化している中で、情報の形は変わろうとも、価値は同じ。
3)戦略的発想をもってパソコンをフルに活用せよ。
4)アプリを上手く使って、パソコンを私設秘書のように使いまくれ。

 当時は、まだまだインターネットという概念さえ日本にはない時代である。しかし、25年前の筆者を一つだけ褒める事ができるとすれば、「足の代わりに通信機能」を語り、当時の日本電信電話公社(当時は有能だった/現在のNTT)の企業通信システム本部ブレインズ(東京霞ヶ関)とされる方々にコンタクトを取り、更に通信事業を探究し・・・300ボーレートという超鈍足モデムを使用しながら、実際に通信の実験を趣味の領域でやっていた点であろうか。

 1988年に通信に目覚め、1990年に新聞社を経て、起業。マルチメディアオフィスを創設。そして、1995年に熊本県内で初のポータルサイトを開設したのだが・・・。今振り返れば、「三つ子の魂百まで」と言われるように、過去の筆者のアクティビティのどこかに「通信事業の夢」が存在し、知らず知らずの内に自分なりに温めてきたのだろうと・・・。

 しかし、駄文を読むのはしんどいというのが、よーく分かった一日であった。(苦笑)


▼1988年7月26日に書き綴った原稿
past2



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/24 03:04 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp