ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » デジタル症候群

本当のことを伝えると、嫌われる。

▼写真はイメージ:癒しのデザート
800_4446


 ロゼッタストーンの会員へSNS(Facebook)を一斉に推奨したのは、2010年1月だった。既に7年が経過したことになる。

 無償で手軽に使えるSNSと公式サイトの連動、そしてモラルについては、諄いほどに話をして来たので、使用法を間違ったり、勘違いする会員は皆無である。20年以上も前になるが、1995年にネット事業に着手し、熊本県内初のサイトを開設した時も、ネチケットについて全会員へ口が酸っぱくなるほど話をしたことを思い出す。

 しかしながら、以前、或る人(勿論会員ではない)へ「本当のこと」を伝えると、賛同されるというよりも、敬遠されたり、嫌悪感を持たれる方が多かった。「折角楽しんでいるのを邪魔するな!」と言わんばかりの反発だが、ここ数年を振り返ってみても、筆者の読み通りになっていることに、苦笑せざるを得ない。

 考え方や受け止め方は人それぞれなので、それはそれで構わない。しかしながら、何事にも限度というものがあり、下手をすれば事件事故を引き起こしたり、巻き込まれたりすることになる。よって、助言を理解できない人たちは、痛い目にあって初めてその恐ろしさを知ることになる。されど、以前、筆者がアドバイスしたことへの感謝の念など一切ない。勝手なものだ。

 できの悪い人間というのは身勝手で、都合が悪ければ、すぐ蓋をしたり、逃げたりする。都合が良ければ、しゃしゃり出る。こちらが好意を持ってアドバイスすることへ矛先を向けては、敵意を剥き出しにする人もいる。とんでもない思考回路をお持ちなのだろうと・・・。ペットのワンチャンよりも、ずっと聴き分けがない。

 SNSや個人ブログで目立つのは、他人様に知らせる必要もないことを、連綿と毎日書き綴るような大馬鹿者である。個人情報流出や悪用が話題になっている現在、無知で浅はかで逆行する行為と言うしかない。子供の合格発表や学校部活での活躍風景、記念日に貰ったプレゼント、何かの公印付きの賞状など・・・誰も興味があるはずもなく、その脇の甘さと稚拙さには、閉口するほかはない。

 特に、会社や団体、その他の看板を背負っている人間は、絶対にSNSで墓穴を掘るようなことをしてはならない。看板を傷つけるのは間違いないが、それが会社であれば、会社のイメージダウン、全社員にも多大なる支障が出て来る訳だ。「個人でやってるんだから、勝手だろ!」と文句を言う人間も確かにいる。「だったら、さっさと勤務先を辞めて勝手にやってくれ!」と言いたくなる。

 また、SNSで一番恐れていることは、特に、個人が特定がなされるFacebookなどは、ストーカーの温床となっている点をしっかりと把握しておく必要がある。何処の誰が何をした・・・検索するだけで、ストーカーやスパイ活動大好き人間の手元の画面には、ご丁寧にも、一瞬間で個人情報を提供、暴露することになる。何と愚かなことかと。しかし、SNS症候群に蝕まれている人間が気づくはずもない。

 「誰と誰が繋がっている。だったら、あいつに嘘の情報を流せば、邪魔ができるわい!」とニヤリと笑うネットの悪魔が必ず近くに存在する。そこで、SNS大好き人間は恰好の餌食となるのだが、稚拙さが邪魔して、どんどん怖い怖いトンネルへと突っ込んでしまうのだ。

 筆者は、嫌われても構わないので、これからも「本当のこと」をしっかりと皆に伝えて行きたいと考える次第。特に、事件事故の可能性の高いものに関しては、間髪を入れず、苦言を呈したいと。振り返れば、今まで何十人もの人間が、SNSの見えざる手に引き込まれ、大切な1回きりの人生を無駄にしている。何とも情けなや、である。

 蛇足だが、元々デジタルに弱い熟年層のSNSユーザーは、一度、自分の背中をご覧いただければと!・・すこぶる恥ずかしいことを、繰り広げられている可能性が高いはずだ。


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/22 12:10 am

未完の二十五年(2)

800_9431


 起業して25年目の今、思うこと・・・

「人の五歩先、十歩先を歩め。」・・・

 マネーフローが生じるような事業と噂が流れると、必ず、後ろから追い掛けてくるところ、表層部だけを真似するだけのところ、横槍を入れるところ・・・色んな人達や企業が動き始める。勿論、資本主義国家に住んでいる以上、自由競争ありき。熾烈な闘いを覚悟しなければならない。

 当時、日々肌で感じたものは、「見えざる敵」の存在だ。次から次へと、名乗り出てくるのである。フェアな競争において・・・我が城を護るからには、仮想敵国の追随、攻撃などを、真っ向勝負で粉砕できるほどの企画力、技術力、そして触発するほどの情熱を持たねばならない。

 それでも、「見えざる敵」は、大見栄を張った誇大広告、虚偽の営業トーク、あの手この手で攻勢を掛けてくる。例えば、安いレンタルサーバーを誤魔化すために、如何にも高額な自社オリジナルサーバーを保有していると騙したり、WEBのプロもいないのに、全てのIT業務が外注であることをひた隠しして、如何にもITのプロ集団であるかのようなジェスチャーを見せてくる。

 公的資金を投じて、第三セクタを構築し、自治体のWEB全体を囲い込む動きがあったり、日々情報更新をすることもなく、諸団体のWEB管理をお友達感覚で依頼したりで、IT業界における正規部隊と怪しい似非部隊との激しいバトルが繰り返されたのだった。

 よって、市場はにわかに混沌としてくる。ネット事業を目指す企業経営者たちが、ネットの落とし穴にスポンスポンと落ちて行く音が、次第次第に大きくなった。ネットの黎明期も知らずして、如何にもエキスパートであるかのように見せ掛ける怪しい人達が多かった。読み終えた書籍をそのまま受け売り状態で、セミナーを展開している。最近の、SNS時代の到来時でも、同じような現象があちらこちらで見受けられた。

 何とも情けない話だが、小銭稼ぎに目の色を変えて、少額参加費で群れる無知な人々。本来のネット上におけるモラルもセキュリティも放り投げて、どんどん進化して便利になるデバイスを片手に、いつの間にか、自らが「万能人間」になったかのような錯覚に陥り、デジタルに染まっていく時代となってしまった。

 「人の五歩先、十歩先を歩め。」において、被害妄想になる必要は全くない。ただ、その頂点を極める為には、想定外の激しい闘いが待っていることだけは、頭に入れておくべきである。がむしゃらに前に前に進めば何かを掴むという、軽々なる夢のような話では、決してないのである。

 それが、持っても重さを感じないデジタル時代の心得でもあり、覚悟でもある訳だ。


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/3 02:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp