The Rosetta Stone Blog

タグ » ツーリング

五家荘 平家の里の紅葉狩り・・・

▼五家荘 平家の里にある資料館(左)と能舞台
DFD_3490


 何十年ぶりだろうか、唐突に秘境 五家荘(熊本県八代市泉町)へ足を運ぶことにした。

 熊本市内中心部から車で約2時間ほどかかるが、今回は、九州自動車道(熊本I.C.〜松橋I.C.)から美里町へ入り、それから山道をラリー車のように、アップダウン激しい、くねくねしたスネイキーロードを突っ走った。

 正直なところ、秘境 五家荘は、筆者がよく足を運び入れる熊本県北部の矢谷渓谷や岳間渓谷の比ではない。延々と1時間ほど、そのスネイキーな狭い道を走って行かねばならなかった。

 ウィークデイなので、逆方向からの車は少なかったものの、秘境まで続くガードレールは、どこもかしこも車がこすったりぶつかったりした跡が生々しく、歪み錆びていた。

 想定外の山々の深さを実感しながら進んで行くと、途中途中に日本昔ばなしのような光景が眼前に広がってくるのだ。空気は澄み渡り、ぼちぼち紅葉した木々の葉は、すこぶる美しく輝き、透明感があった。

 ナビを見ると、くねくねした道が先へ先へと続いている。見なければよかった凹むほど、くねくねがたっぷり残っているのである。天候が良かったので、事故なく楽しいツーリングとなったが、後から、カメラを持つ手が少々痺れているのに気付かされた。

 何はともあれ、秘境 五家荘 平家の里は、数百年昔の和の國にワープしたようなところである。しかしながら、この素晴らしさを伝えるには、筆者の拙い表現では物足りないのではなかろうかと・・・。

 ふと思ったことだが・・・このように無傷の大自然は子々孫々まで残してもらいたくもあり、行政側に対しては、秘境らしい「素朴な食文化」の向上と、休憩所や清潔なトイレの設置、安心安全な道路環境を整えて頂ければと感じた次第。

 最後に、現地のご老人が、にこにこしながら「最高の紅葉狩りは、11月10日頃でしょうかね!」と。

 
800_2247


800_2276


DFD_3447


800_2218


800_2225


map


▼取材風景
IMG_8036



               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/2 12:06 am

スリリングなツーリング!

▼powered by Apple Maps
map1


map2


 遭難寸前!?と言いたくなるほど、スリリングなツーリングだった。

 そのスリリングなツーリングとは、熊本県山鹿市菊鹿町の隈部氏館跡から始まった。カーナビを完璧に信用しての、初のスネイキーな山道を突っ切るコースを採るつもりであった。しかし、その途中で遭遇したミニキャンピングカーの老夫婦の一言・・・「この道をずっと行くと、竜門ダムに行き着きますよ。私は竜門ダムから上がってきたので!」で、コース採りが完璧迷走となってしまった。

 そのコースは次の通り。熊本市→山鹿市内でランチ→山鹿市菊鹿町の隈部氏館跡→(狭い山道に入り込む)→八方ケ岳山頂付近→(あちこちに通行止め有り)→竜門ダムの班蛇口湖→菊池市→熊本市。

 この山間部特有のスネイキーな山道に入り込んだのが、魅惑的なトラップとなった訳だ。熊本地震の影響で、山道には小さな石ころから大きな岩までゴロゴロと落ちており、道の両脇には雑草や木々が生い茂り、スムーズであるべき前進を阻まれてしまったのである。何度も「通行止め」のサインで立ち往生。ずっと手前で立っているのならば有難いが、不親切にもドンツキのところに立っている。

 動画(YouYube)の最後のところは、行き着いた八方ケ岳(標高1009m)山頂付近。時刻が既に午後4時を過ぎていたので、じわじわと焦りが出てきたのは否めない。カーナビの大嘘つきに閉口しながらも、結局は、スマホのナビを使って、無事帰還することができたのである。何のためのカーナビで、最新情報(有償)をアップデートしたのか意味がない。・・・本日の走行距離は100キロ程度だが、その倍ほど無駄に運転していたような気がした。

 正直なところ、遭難しなくて良かったと思った。これが、夜間における運転であれば、九分九厘事故に繋がっているのではないかと、胸を撫で下ろした次第。スネーキーロードも楽しいが、道路の状態や木々の茂り具合、岩盤などの安全確認をした上で、ツーリングをするか否かを決めた方が良さそうだ。・・・しかし、楽しかった!


▼前半は途中の山道を行く動画で、後半は八方ケ岳山頂のどん詰まりまでの動画。

▼目出度く竜門ダムに下りて撮影した写真
500_1380


500_1261


500_1331


500_1375


▼取材ランチ:さかえラーメン(温泉プラザ山鹿1階/玄関は同プラザビルの外側にあります)
 ※典型的な「山鹿ラーメン」で、とても人気のお店です!
 ※ラーメン 650円、餃子 500円、ホルモン煮込み 500円(2017年6月19日現在)
ramen



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/20 12:56 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp