ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » スーパーワイド

シャドー(影)・・・

office


 影で思い出すのは、幼い頃、運動場で自分の影や友人の影を追ったり、遊んだこと。自分の影は同体なので、どんなに走り回ろうが、自分の頭を追ってもおいつくはずはない。しかし、陽が落ちてくると、自分の影がどんどんと大きく育ち、ポーズによってはバルタン星人のようなでっかい宇宙人と化すのである。

 筆者がゴルフを始めたのは16歳の頃だった。ゴルフ練習場に一週間に一度、必ず練習場へ足を運び、毎回4時間ほど汗を流したのだった。練習場には姿見の大きな鏡が設置してあるので、その鏡に映る自分自身のバックスウィングからトップの位置を正面、そして横からと確認しながら、スウィングの基本を身につけて行ったものだ。

 しかし、日頃は、自宅にそんなに大きな鏡があるはずもなく、官舎前にあるテニスコート近くの建物の壁の前に立ち、陽を背にしてできる自分の影を見ながら、スウィングのイメージを頭に打ち込んで行った。インパクトの瞬間に左足腰の開きがどうも気になり、何度も何度も弓がしなるイメージを叩き込んだ。

 写真上は、当社サテライトオフィスから撮影した熊本城大天守とビル群。400年前の建物と近代ビルが何気に同化している。その影を見ながら、幼い頃の影踏み、そして高校時代のゴルフ練習をしていた自分を思い出したのだった。

 最近、悪天候が続き、また、先見塾写真撮影会も頓挫している為に、なかなか写真撮影会で外出することが少なくなっている。・・・光と影のアーティスティックな写真を撮りたいと、イライラのガスが充満し、爆発寸前の状態だ。さあ、台風が去り、夏空が見えた頃、光と影をテーマに撮影に臨みたいと・・・。

 趣味というものは、継続しなければ段々とスキルが落ちてくる。カメラという趣味も同じように、頭で分かっていると思っていても、実際に光を感じ被写体に向かうと、久しくカメラに触れていないと、設定に時間が掛かり過ぎ、シャッターチャンスを逸することが多くなってくる。「継続こそ成功への王道」である。

 蛇足だが、「日々変化、日々進化。」をモットーに運営して来た先見塾だが、そろそろ大改造の時期が訪れて来たのかも知れない。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/7 11:54 am

カメラは媚薬なり・・・

minamiaso



 来週第4火曜日は、久々の先見塾BASIC野外活動(写真撮影会)の予定を組んでいる・・・が、今の処、残念ながら雷雨の予報である。今週末から月曜日までは何とか天候は好さそうだが・・・火曜日が雷雨となると、写真撮影会の場所決めをどうするか迷ってしまう。

 ところで、最近嵌まりに嵌まっているスーパーワイドな世界。二十数年前に一眼レフカメラ(NIKON F4)を手にして、最初はお手軽便利ズームレンズに走ったが、段々と被写体や環境によりレンズを替えたいという貪欲さが出て、単焦点レンズやスーパーワイド、マクロなどの多種多様なレンズに目が向いて来るようになった。

 結局、現在持っているズーム・・・NIKON純正の24-300mm(fxフォーマット)ズームなど、やけに重いだけの無用の長物に思えて、最近殆ど装着することが無くなっている。勿論、このレンズは高額で、優れた機能を持つ高速オートフォーカスレンズ。前玉はでっかい77mmのレンズだが、日頃、2台の一眼レフを持ち歩こうとすると、出来るだけ軽くコンパクトで性能の良い単焦点レンズを選んでしまうのだ。・・・しかし、ズーム1本で結構なバリエーションで撮影可能となるので、あれこれ見回しながら、毎回どのレンズを持ち歩くのか迷いに迷って、カメラバッグに入れた出したりで大忙しとなる。

 写真上は先日取材に行った熊本県南阿蘇村からの阿蘇五岳遠景。実は今持っているスーパーワイドレンズは、12-24mmのSIGMA製。前玉がすこぶるデメキンで、PLフィルターなどが直接装着できないので、なかなか逆光気味でレンズを向けるのは困難となる。よって、思ったよりも若干シラケ気味の遠景写真となったが、そこはフィルター装着で無駄な反射を抑えて、透明感のあるカチッとした撮影をしたいと・・・。

 最近の作例の中で、下3枚目の高千穂・トンネル貯蔵庫の内部写真が自分なりにお気に入りとなっている。トンネル内は思ったよりも照明は暗く、室温17度で維持されており、ISOを6400程度に上げないと、シャッターは落ちることがない。折角なので、ホワイトバランスの微調整を行いながら、手持ち撮影で手ぶれを起こさぬようシャッターを押したものである。何となくDIABLOのゲーム世界のようで、鉄の赤さびやコンクリートに染み出す水の臭いも伝わってくるように仕上がればと、撮影に臨んだのだった・・・。

 現在、先見塾では野外活動の一環として、「写真撮影会」が主力イベントとなっている。各塾生たちは下2枚目のように、各自一眼レフを手に入れて、各様にレンズを装着、日々撮影の特訓をしているようだ。この写真は先般「熊本城の外堀を攻めよ!」をテーマに集まった塾生たち。炎天下の中、撮り終えて木陰でその作品のチェックをしているところだが・・・カメラという存在は、本当に人の心を惹き付ける媚薬のような不思議な存在なのかも知れないと・・・。

 見る人によっては「お宅のようですね!」と言われるかも知れないが、カメラという素敵な趣味を体験せずして、そう簡単に一喝されても困ってしまう。・・・何の趣味でもそうだが、先ずは体験して、それがプロ級になればしめたもの。他人様から何と言われようが、趣味は人生の宝物として、筆者は大切に育てて行きたいと考えている次第。

kumamotocastle



senkenjyuku



takachiho1



takachiho2



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2013/7/19 05:42 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp