ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ギャルソン

ホテル文化に学ぶ(6)

▼西田親生が語る「ホテル文化と食文化」
nishida


<理想的なホテル利用法>

 「ホテルじゃお金を払うのだから、どう使ったって勝手だろ!」と豪語する人は、先ず、ホテル利用を避けた方が良さそうだ。ただ、タイトルのように理想的な利用法っていうのも、一概に説明できるようなもでもない。

 2回目の連載<礼儀作法と所作Link >で書き綴ったように、「紳士淑女」のイメージを少しでも理解できる人は、知らずの内に、その人なりに理想的な使い方を見出している。また、その逆もありきで、ホテル側から「紳士淑女」としての接遇に包まれているに違いない。よって、目を瞑っていても相互信頼を体感できるようになれば、自ずと理想的なホテル利用法が身に付くことになる。

 さて、これからホテル玄関に入ってみよう。二重扉となっている正面玄関。扉が開けば、そこは別天地。四季を通じて常春のような、すこぶる過ごしやすい空間として、室温・湿度が一定に維持されている。方や、ベルボーイさんは、来客への道、会場案内や車の誘導などを、笑顔で24時間行っているのである。

 施設はどのようなものがあるのか!?・・・最初に浮かぶのは、レストルームである。トイレが美しく清掃されていないホテルやレストランは、二度と足を運ぶ気にもならない。すべて衛生面に通じるのがトイレの状態。最初にチェックする必要がある。次に、宿泊するための各部屋だ。ツイン、ダブル、シングル、エクゼクティブルームなど、ピンからキリまで各種の部屋が揃っている。星の数が多いホテルは、快適なバスルーム、疲れを癒す大きなベッドなどを備えており、入室早々、一気に生活レベルがアップしたかのような気分となってしまう。

 また、人気シティホテルやリゾートホテルでは、短期滞在では食べ尽くせないほどの美味しい料理が待っている。<和洋中融合の食文化Link >でお話ししたように、フレンチ、イタリアン、中国料理、和食、寿司、スイーツと、世界を代表する料理群を食せるのがたまらない。大勢で円卓を囲んで食す中国料理は豪快だ。ナイフとフォークをしなやかに使い、ベストパートナーと食すフレンチは、赤面しそうにロマンチック。その他、リーズナブルだが、たらふく食べれるイタリアン、加えて、あっさり目の和食や寿司を思う存分頬張ることができる。

 熊本ホテルキャッスルは、「美味しいホテルLink 」を目指すシティホテルとして、県内外に多くのファンを持つ。正直なところ、私の食文化のスタンダードの礎を形作ってくれたホテルの一つでもある。お陰様で、あちこち国内外を取材する時に、同ホテルで育まれたグルメのスタンダードが功を奏して、他の五つ星ホテルでの会食やパーティーなどにおいて、一切恥を掻くことはなかった。私にとって、食のスタンダードの教科書的存在でもあり、実に有難く、日々、レベルの高い「生きたホテル文化と食文化」を体感をさせて頂いてる。

 ここで思い付きだが、ホテルの利用法として、次のようなことが可能となる。例えば、急ぎでお礼の贈り物をする場合、ホテルメイドの菓子やレトルト食品、その他グッズなどを、伝票1枚書くだけで、全国津々浦々へ簡単に宅配を依頼することができる。また、糖尿病やその他持病があり、摂取危険な食材などの相談をすれば、可能な限り、アレルギー体質を刺激しないようなヘルシーな料理をサーブしてくれるホテルもあるのだ。

 もし、ビジネスで急ぎのファックスなどを送らねばならぬ時、ホテルスタッフへ依頼すれば、しっかりと対応してくれる。何人もの秘書を随行しているかのように、日常と比べ物にならんほど、大変便利な環境である。しかし、大事なことは・・・お客として、そこで横着、横柄な態度は、禁じ手となることを十分把握しておくことが肝要なのである。

 ここ数年、ホテルにIT環境が整備され、パソコン持参をしていない場合も、ネットのブラウジングやGmailなどの送受信も可能となる。勿論、ホテル側が準備しているパソコンの使用履歴はしっかりと消す必要があるものの、持参した自前のラップトップやiPadなどは、無料Wi-Fiサービスを受けることも可能であり、自社のオフィスを出て、遠くへ出張した時でも、大抵の業務はホテルの中で十分できることになる。何と便利な世の中であろうと・・・。

 話は前後するけれども、自分自身のライフスタイル、ビジネススタイルなどを、上手い具合にホテルの仕組みや施設と噛み合わせると、誰しも「理想的なホテル利用法」が分かってくるというもの。マナーやモラルなどを大前提Link に、自分なりのホテル利用法を編み出してみても宜しいかなと・・・。


▼熊本ホテルキャッスルの各施設(一部)の写真
shisetsu


▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏の厨房
DSC_5804


▼熊本ホテルキャッスルの料理群(極一部)
cuisine1


cuisen2


cuisene3


▼熊本ホテルキャッスルのバイキング料理(一部)
V


▼熊本ホテルキャッスルのブライダル風景
bridal



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/17 02:31 am

ハートを感じる料理・・・

▼ハートのある「ローストチキン」

chicken3


 昨日、ふと思ったことだった。

 いつも食べている「ローストチキン」を撮影しようとすると、何となく、寂しく冷めた感じを受けた。何故か料理人のハートが伝わってこない。私が体調が悪い訳でもなく、料理の味はいつもの味で旨いのだが、何処かが違う。それが何なのか考えてみた。同じ食材で、同じ調理法で、どうしてここまで印象が違うのか!?・・・写真上は、ハートを感じた「ローストチキン」。写真下が、ハートを感じなかった「ローストチキン」である。

 まず、メインとなる「ローストチキン」の焼き加減である。外側はパリパリ、中ジューシーが命の「ローストチキン」。そこに大きな違いがあったようにも思えた。しかし、種入りマスタードや胡椒や塩を添えているか否かでも、シェフの心配りに歴然と差があることに気づいた。さらに、香草を添えて、盛り付け、彩のバランスまで考えた写真上の「ローストチキン」が、当然に写真映りも良いという訳だ。

 お客としての私のスタンスは、全く変わっていない。しかし、このように同じ料理でも、ハートが伝わる料理とそうでない料理とは、全く別物になってしまう。・・・料理は本当に正直なもので、調理人の今の心までをもダイレクトに伝えるのである。


▼ハートのない「ローストチキン」
chicken2



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/10 12:59 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp