ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » カモ

八景水谷公園のカワセミ・・・

500_7951


 突然、ハイタカがカワセミを襲って来た。トビより小さめのハイタカだが、止まり木に休んでいたカワセミに急降下攻撃。一瞬、接触したようだが、二度、三度回転して、どうにかカワセミは逃げ切った。

 最近、八景水谷公園にはオオタカも出没するという。熊本市内の住宅街に雄鹿が現れたというニュースも流れていたようだが、温暖化?のために、生息域も生態系も、じわじわと変わりつつあるのだろうか・・・。

 カワセミは青い宝石と言われるほど美しく、その仕草が愛らしい。同公園には、毎日のように年配のアマチュア写真家が湧水池の止まり木近くに陣取って、シャッターチャンスを伺っている。いやはや、高齢者カメラマンの装備や服装は気合が入っている。照準器もカメラに取り付け、常に戦闘モードである。

 筆者は三脚なしのお散歩カメラなので、一瞬出くわした野鳥やたまたま止まり木に座っている野鳥にレンズを向けて、撮影が終われば、また、前方へと歩いて行く。本来ならば、腰を据えて、三脚を立て、じっくりと撮影するのがベストだが、そこまで時間を費やすほどの余裕はない。

 本日はタイミングよく、カワセミが二度、三度と目の前を通ってくれた。小さな池の止まり木に行ったり来たり。大きな池の止まり木では、前述のハイタカが攻撃したために、カワセミは森の中へと逃げ込んで行ったのだった。


500_7984


500_7989



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/8 12:00 am

青い宝石、魚獲りの王者。

▼青い宝石・魚獲りの王者 カワセミ
500_6759


 二日連続で八景水谷公園に足を運んだ。

 二日目は台風の影響なのか、しとしと雨で公園内はウォーキングを楽しむ数人の老人の姿以外、誰も居なかった。更に、サギの姿も、カモの姿も見えない。

 600mmの超望遠レンズを抱えて来る時は、必ずと言って良いほど空振りが多い。今日も空振りかと諦めようとした矢先に、青い宝石、魚獲り名人の小さなカワセミ(雄)が止まり木にちょこんと座っていた。

 左手に傘を持ち、超望遠レンズを向けて撮影に臨んだが、いっときもじっとしていないカワセミ。抜き足差し足で近づいては、連写を続けたのだった。画質的には納得できないが、昨日のレンズが200mmだったので、余裕でその姿を撮影することができた。

 カワセミは英語で「Kingfisher」と呼ばれるほど魚獲りの王者である。残念ながら、その瞬間を捉えたことはまだ一度もない。いつの日か、態勢を整えて撮影に臨もうかと・・・。

 青い宝石は雨に濡れながらもあちこちを飛び回っていたが、帰り際、駐車場横の木々の上には、騒音の王者が出迎えてくれた。雀である。雀も撮ってみれば可愛いものだが、栄養が良いのか、皆まるまると太っていたようだ。


500_6773


500_6805


500_6806


▼騒音の王者 雀
500_6828



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/22 03:16 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp