ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » オムライス

若手シェフを指名!

DFD_8396


 本日は午後から会合が入っていたので、食事を軽めにと思い、熊本ホテルキャッスルにてマフィンハンバーガーを注文した。

 厨房の奥で、若手が一所懸命盛り付けている。テーブルに運ばれて来たのが写真上のものだが、すこぶる丁寧な盛り付けが可愛かった。まだまだシェフのヒヨコなのだろうけれども、ここ半年、伸び伸びと働く姿が実に清々しく、仕事を楽しんでいるのがよく分かる。

 よって、会合後の午後4時頃に、その彼を指名して「軽めのオムライスを作って欲しい!」とオファーを掛けた。ガラス張りの厨房は、金魚鉢のように丸見えで、彼のフライパンの手捌きをじっくりと観察しながら、ガラス越しに撮影させて頂いた。

 はにかみ屋なので、筆者がレンズを向けると、少々俯き加減になるが、手元は半年前とは全く別人のようになっている。フライパンの角度も上達している。オムレツをつくる箸捌きも、サウスポーなのに、右手に箸を持ち、卵を転がしていたのだった。

 レストランも、ちょうどランチとディナーの合間だったので、思いつきで彼を指名したのだが、時には、このようなイレギュラーなオファーも宜しかろうと・・・。ちなみに、次回に指名する若手を決めているので、次はサーロインでも焼かせてみようかと・・・。

 
DFD_8413


DFD_8509


DFD_8521


DFD_8566



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/11 02:37 am

ピラフのパン振り!!

▼ピラフを作る若手シェフ

castle1


 今日は、モノクロームで、若手シェフ(熊本ホテルキャッスル)のピラフ作りを連写してみた。

 使用したレンズは、安物のSIGMA 50mm f1.4の標準単焦点レンズだが、すこぶる明るいレンズなので、アクティブに動く人物などの連写には向いている。

 ガラス越しに、ガラスの反射や写り込みを極力避けての撮影だが、今日の若手のパンの振り方は気合が入っていた。ライスが上に垂直に上がる瞬間に、シェフの視線はその先端にしっかりと突き刺さっているのが分かるが、真似て遣ってみると、ライスがボロボロと落ちるのではないかと・・・。

 外は、太陽光が射しては、また雲がかかり小雨が降るといった不安定な天候だ。・・・午後6時頃、さっと明るくなってきたので、熊本ホテルキャッスルの玄関を出て、いつもの散歩コースを歩きながら、石垣や櫓などを撮影することにした。

 最初は逆光の為に、なかなか良い画角が見いだせない。歩いていると、太陽光が雲や木々で遮蔽され、柔らかい感じとなった。シャッターチャンスである。

 私は、大天守や小天守、そして宇土櫓も大好きだが、この外堀から攻めて撮影することが多い。先日は南から攻め入り、本日は北側から攻めてみることに・・・。特に、この角度から一番美しく見えるのは、KKRホテル熊本からなので、ちょいと同ホテル喫茶店にお邪魔して、水分を補給後に、最後の一枚を撮影して戻った。

 やはり、抜けるような青空に真っ白な雲が欲しいところではあるが、まだ梅雨時の熊本市。なかなか良いシャッターチャンスが見いだせないままの帰宅となった。


▼ピラフを作る若手シェフ
castle2


▼取材中の私(せっかく撮ってもらったので敢えて掲載)
castle3


castle4


castle5


▼KKRホテル熊本から仰ぐ熊本城(手前が小天守)
castle6



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/22 03:46 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp