ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » イルカウォッチング

名物「たこ万」を食す!

▼鬼の池名物「たこ万」
DSC_9771


 先般、ランチタイムに熊本県天草市の「海鮮蔵」(野崎多喜子代表取締役)に足を運び、その帰り際にゲットした鬼の池名物「たこ万」を夜食とした。

 https://www.facebook.com/kaisenkuraLink

 冷凍保存をしている「たこ万」。電子レンジで1個1分程度で簡単に食せるおやつ。そのまま食べてしまっては勿体ないので、深夜にも関わらず、中身の分析をすることにした。

 先ず、冷凍のものを撮影し、それからナイフを入れ断面を撮影。断面を再度くっ付けて、蒸して、更に撮影していった。それは、一度蒸したものにナイフを入れると、万頭の外側が凹む可能性があるので、敢えて、冷凍保存の状態のものにナイフを入れたのだった。

 大きさも中国料理の小籠包よりやや大きい程度で、手頃サイズである。中身は、蛸、蓮根、木耳、そして紅ショウガ。具の粒は思ったより大きめに切り刻んであるので、食感を重視して作り上げているようだ。

 オーナーの野崎多喜子さんの話によると、この「たこ万」はおばあちゃんの完全手作り。中身の刻みサイズが大きいので、その歯切れの良さ、食感が何とも言えないらしい。手作りが故に、大量生産はできないので、何度か機械で試したところ、機械では物理的な制約もあり具のサイズが細やかになってしまい、食感が損なわれ、今も尚、手作りを続けていると言う。

 試食すると、その通り、ふわふわ万頭の皮と具のサクサク感が何ともたまらない。夜食に1個のつもりが、つい3個食べてしまった。今までに体験した事のない食感の万頭は、ちょいと癖になるかも知れないと・・・冷凍庫の在庫の数を再度チェックした次第。


▼冷凍保存状態の「たこ万」
DSC_9810


▼冷凍保存状態の「たこ万」の断面
DSC_9836


▼蒸した「たこ万」の断面
DSC_9844



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/4/19 03:08 am

ここはお薦め、海鮮蔵!!!

DSC_9540


 昨日、話題の「海鮮蔵」(野崎多喜子代表取締役)へ足を運ぶことにした。

 https://www.facebook.com/kaisenkuraLink

 紹介してくれたのは、牛崎シェフ。ランチメニューも豊富で、その中から、「あわび踊り焼とよくばり丼」、「豪華スペシャル海鮮丼」、そして名物「たこ万」をオーダーすることにした。

 旬鮮な「天草の幸」満載の盛り皿を見て、まず腰を抜かす。朝食を敢えて甘酒だけで、空腹を我慢して来た甲斐があったというもの。料理写真撮影用レンズを持参していなかったけれども、突然、取材のボルテージが高まり、何とかワイドレンズをワイドらしからぬ画角で撮影を敢行したのだった。

 料理の感想は、この場でとやかくいう必要はないと考える。現地へ足をお運び頂き、この写真がすべてお腹に入ってしまえば、大満足となること間違いはない。

 今回は午後2時より次の会議が予定されていたので長居はできなかった。後ろ髪を引かれる思いで・・・帰り際に、名物である「たこ万」を4パック(5個×4パック=20個)を土産に購入した次第。

 尚、「海鮮蔵」に関しては、また、近日中に本格的な取材を予定しているので、その時に、詳細をお伝えできればと・・・。イルカウォッチングも楽しめる「海鮮蔵」。・・・天草に足をお運びの折は、そのコースに同店は外せないだろうと。・・・ここは、お薦めです!!!


▼豪華スペシャル海鮮丼
DSC_9485


DSC_9493


▼あわび踊り焼とよくばり丼
DSC_9495


▼名物のたこ万
DSC_9512


DSC_9536



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/4/18 08:41 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp