The Rosetta Stone Blog

タグ » 鮓

最近食した料理の中から・・・

▼水前寺東濱屋の特上鰻重 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

DF1_5475


 自称グルメ通又は評論家として、食への拘りはかなりのものと自負している。特に、料理の価値は料理の値段ではなく、そのシェフの情熱が中に注入されているか否かで、その料理を判断する

 写真上は、ロゼッタストーン会員でもある鰻専門店の老舗「水前寺東濱屋」の特上鰻重。140年の歴史を誇る店の奥深い味わいを、毎回楽しませていただいている。ただ、改装工事の為に、明日9月1日から11月中旬までお休みなのが残念なところ。本日時間があれば、何とかランチタイムにでも足を運びたいと・・・。

▼松島観光ホテル岬亭の伊勢海老と平目の造り http://www.misakitei.co.jp/Link
DSC_2057



 上天草松島と言えば、海の幸。写真は先日取材の為に足を運んだ時にサーブされた造りである。伊勢海老と平目のダブル造りを見たのは初めてであった。単にゴージャスと言うより、眺めているだけで食べるのが勿体ないほどの美しさ。一人で食すにはかなりの量ではあるが、美味しい部分だけはしっかりと胃袋に詰め込んだ。
 
▼ステーキハウス淀川の鉄板焼 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link
800_1860


 同店は「日々変化、日々進化!」をモットーに、ここ数年の間に、随分レベルアップしたレストランの一つである。料理人の心意気を感じる店として、県内外から訪れる知人、友人には必ず薦める鉄板焼専門店である。県内には十数店舗しかない鉄板焼レストランだが、その中でもトップクラスとして熱狂的なファンが多い。食欲の秋には、是非足を運んでいただきたいと・・・。

▼鮨と和の食 清吉のお遊び http://www.seikichi.com/Link
DF1_3127


 車海老の握りを出した後に、料理人がお遊びで天ぷらにしてくれたもの。うまい具合に皿の上に立っているので、見ているだけで楽しくなる。同店は福岡県内でもトップクラスの鮨店として人気が高く、某テレビ局番組コンテストで、博多ベスト3に入っていた。場所は、福岡市早良区原1丁目にある寿司店で、質高くリーズナブルなところが一押しである。

▼鮓 枉駕 http://www.dandl.co.jp/ouga/Link
DF1_2580


 この寿司店は、去年10月2日にオープンしたばかりの店である。仲の良い兄弟が頑張っている店で、博多駅からも近く、県内はもちろんのこと、東京や大阪などからの客も多い。店舗はこじんまりと「隠れ家」的なところがあり、若い女性客も多く訪れていると言う。・・・Facebookでアップされる情報には、とてつもないリピーターの知り合いの女性が居て、既に5〜6回ほど来店している。

▼ホテルオークラ福岡 鉄板焼さざんかで食したジャンボマッシュルーム
D60_5161


 九州では最高峰のシティホテルとして君臨しているホテルオークラ福岡。その鉄板焼さざんかは大変有名なレストランでもあり、その造りを見るだけで、腰を抜かすほど施設が充実している。焼き手のレベルも高く、ホテルオークラスタンダードを踏襲し、熱烈なファンが押し寄せるところだ。先日、「天草黒牛」の取扱認定店となり、近々、大々的なフェアをするという「噂」がチラホラ。

▼ホテルオークラ福岡 中国料理 桃花林の冷やし担々麺
D60_5258


 同店は、私の親友でもある樋場正人料理長が采配を振るっている。彼は東京からの出向組だが、九州の広東料理では最高峰に君臨していると言っても過言ではない。優しい心の籠った料理群は、ほとんどの食通を唸らせる。私も数年前に8ヶ月間で11回の取材を行い、連載した経緯があるが、合計88品を作ってくれたのだった。とてつもない引き出しの多さに、腰を抜かしてしまった。

▼熊本ホテルキャッスル九曜杏の特別料理「万華鏡」
DF1_4851


 この料理は、私がネーミングした特別料理であり、ワンプレートの豪華な料理となっている。皿の中央に肉(ローストビーフ、ステーキ、サーモンなど)を、その周囲に本日ホテルにある限りの野菜や果物をすべて配置するものである。体の中から浄化するような健康料理で、たまに料理長に言って作って貰っている。食後の胃の中のスッキリ感は格別!

▼熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源の中国粥とトッピング
800_8804


 四川料理といえば、熊本はメッカとなっている。他県と比較して、中国料理のレストランを訪ねると、ほとんどが四川料理。それは同ホテルの存在が大きく影響している。私は、四川料理で一番好きなのはアヒルの燻製と激辛麻婆豆腐である。しかし、最近急に食べたくなるのが、写真の中国粥。いろんなトッピングを楽しみながら胃袋に流し込むのが心地よい。

 以上が、最近食した料理の一部写真集である。一つ一つの写真を見ながら思い起こせば、一人一人のシェフの顔が思い浮かび、その笑い声が聞こえてきそうである。料理はシェフの情熱の塊であり、アーティスティックなものである。一瞬間にして客の目を引く盛り付けが大切な要因となるが、私は、常に、シェフたちの人間性を重んじて足を運ぶようにしている。仏頂面して挨拶もできないようなシェフがどんなに力量があろうが、絶対に足を運ぶことはない。・・・何故なら、料理は楽しく美味しく食べるものだから!


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/31 05:53 am

十数年が経ち、彼は今・・・

▼「鮨と和の食 清吉」の店主 岡本毅
seikichi-small


 「鮨と和の食 清吉(博多)」を訪ねた。カウンターには、十数年前から相変わらず研究熱心な岡本毅店主が立っていた。はにかみ屋でボソッと話をする方だが、いつも何かが頭の中をグルグル廻っている。今日も同様に、アイデアを練っては、指先が届くのか否かを繰り返しているようにも見えた。

 今回の訪問目的は、久しぶりの取材でもあるが、今後の情報発信及びお客を如何に満足させるかの話に集中した。現在の公式サイトに不足しているものは何なのか、顧客の満足度アップ、新規顧客開拓への秘策など・・・色んな切り口から、「鮨と和の食 清吉」の次への昇り階段を模索していった。

 話は前後するが、以下料理写真は、打ち合わせ前にカウンターで頂いた、清吉の握り鮨である。いつ行っても、基本がしっかりしているので、全くブレのない豪華な料理を提供してくれる。本日も、腹の底から唸るほど・・・特に空きっ腹の筆者だったので、一貫の握り鮨がコロコロと音を立てて胃袋に転がり込んでいく。

 筆舌に尽くしがたい、完成度の高い料理に、シャッターを押すタイミングが段々と早まり、握り鮨を頬張りながらの、行儀の悪い取材となってしまった。一貫出される度に、握り鮨がキラキラと光る。旬のネタが、シャリを優しく包み込んでいる。大きさは江戸前一口サイズの上品なもので、こちらの食のスピードに合わせて、握りが作られていくのである。

 この上ないランチタイムが終了する頃には、別室にてアカムツ、大トロの炙りなどの料理がテーブルに並べられていた。それから、別室へ移動して撮影を続けていった。窓ガラスから陽が射し込み、やや逆光気味で、料理撮影に最適な環境を作っていた。

 鮨の高級感を絶対に崩したくない。旬の食材をふんだんに使って、客満足度を際限なく引き上げたいという・・・これが、同店店主岡本毅の拘りでもある訳だ。グルメに厳しい女性群が、ランチタイムに大勢来ている。これでもかというほど、ランチタイムの盛り付けでも、絶対に手抜きがない。ランチとディナーとではネタが変わる妙な店を目にすることもあるが、同店はいつも真剣勝負・正攻法の最優良店でもある。

 福岡県内でも、人気鮨店の一つとして、ファンもすこぶる多い。昨日、撮影した写真をランダムに筆者のFacebookにアップすると、次から次へとファンや知人友人が「いいね!」を連発するのであった。

 何だか誇大広告のようにべた褒めに思われるかも知れないが、それは全くない。ただ、見たまま、感じたままを語っている次第。・・・取材、打ち合わせが終わり、タクシーを呼んでもらった。もう少し、居座って、より突っ込んだ話をしたかったけれども、次の会議を控えていたので、午後4時前には同店を出ることになった。

 以前の記事にも書き綴ったことでもあるが、筆者が乗ったタクシーが、彼の視界から消えるまで、岡本毅は最敬礼を同店玄関にて・・・。この姿は、十数年前と変わらず、礼節を重んじた素敵な仕事人である証。・・・昔を思い起こしながら、後ろ髪を引かれる思いで「鮨と和の食 清吉」を後にした。


DF1_3154


DF1_3180


DF1_3162



【鮨と和の食 清吉公式サイト】 http://www.sushi-seikichi.comLink

【鮨と和の食 清吉公式Facebookページ】 https://www.facebook.com/sushi.seikichiLink

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/15 02:43 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp