ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 食事

当たり日の連続・・・

▼特注の「素麺&天婦羅」(熊本ホテルキャッスル)

800_0983


 ここ数日、当たり日が続く・・・。

 先日は、急に鰻を食べたいと思い、居た堪れなくなり、某鰻専門店へ向かっていた時のこと。ちょうどランチタイムだったが、途中で電話を入れたのだった。午後1時だから、予約をしておいた方が良かろうと思ったのである。

 ところが、予想外の返事である。「すみません。今日は終わりました。すみません。」と。私の頭の中は「え〜!?」である。車で10分くらいのところを通っているのに、1時で終了だと言うのだ。「またのお越しを」何ぞ、一言もなかった。もう二度と足を運ぶことはなかろうと思いながらも、また別の鰻専門店に向かったのである。

 しかし、何となく嫌なイメージが頭を過ぎった。案の定、その勘は大当たり。その店の鰻は薄く、硬く、ドブドブト注がれた醤油辛いタレに包まれたものだった。一切れ食べるだけで喉が渇く。ご飯もコツコツ、段々とご機嫌よろしくない状況となり、さっさと店を後にした。

 よって、その翌日に老舗の水前寺東濱屋さんへ足を運び、特上鰻重を腹一杯食べて、しっかりと鬱憤を晴らした次第。(苦笑)

 昨日も同じような、当たり日。美味しそうな太巻きが頭を過ぎったので、その店に向かって車を進めていた。されど、先日の鰻専門店ダブルショックで凹み気味だったので、途中で電話を入れることにした。イメージは、以下の通りである。・・・ランチを食す暇がなかったので、その店に行って、テイクアウトの太巻き(8個入り)を3箱頼み、待っている間に、美味しい寿司を頬張ろうかと思っていた。

 これまた、その店が水曜日の夕方から休みだと言う。「あちゃー!」である。既に夕方4時を回っている。直様、車を熊本ホテルキャッスル方向へと、車を右折させた。同ホテルに着いたのは午後4時半ころだったか!?カウンター席に座るや否や、腹の虫がグルグルとホールに鳴り響く。外は蒸し暑く、体が火照っているので、無理を言って、メニューにはない、素麺と天婦羅をオーダーし、やっと落ち着いたのであった。

 連続する当たり日・・・もう、お腹いっぱいの状態である。


▼夜に打ち合わせが入っていたので、待ち人来るまでに食したデザート
800_0994



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/16 11:44 am

フランベを連写・・・

 写真上は、先輩シェフ(堀部豪サードシェフ/熊本ホテルキャッスル)の背中を見ながら、フランベの様子を伺う女性の若手シェフ。何とも健気なところが、実に可愛い。

 厨房と私の間には耐火ガラスがあり、料理中の油が沢山付着しているけれども、真正面からのフランベの様子を連写することにした。以下の写真は13枚連写した内の5枚を選んでいるので、少々連続性に欠けるけれども、ご了承願いたい。

 昔々、フランベを見て驚いたのは、鉄板焼レストランでのものだった。目の前の鉄板に燃え上がる炎。瞬間的にふわっとした熱さを感じ、その香りは何とも言えなかった。

 このようにガラスが間にあれば、画質は若干濁るものの、その模様を接写できるのでありがたい。今日は、このフランベの連写を終えて、ダイニングキッチンの厨房の面白さを一つ発見できたように思える。子供達が見たら、シェフの格好の良さに憧れ、シェフを目指す子供もいるのであろうと・・・。

D60_1029


D60_1031


D60_1033


D60_1038


D60_1039



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/4 07:41 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp