ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 食事

会食・・・

M


 昨日の会食に選んだレストランは、やはり熊本ホテルキャッスル1階のダイニングキッチン九曜杏。たまたま料理長は休みであったが、セカンドとサードの二人が一所懸命に作ってくれた。前日から肉をオーダーしていたので、肉の質も焼き加減も素晴らしく、繊維が倒れるほど熟成させていたようだ。

 このように、会議を含んだ食事会のセッティングはすこぶる難しく、長時間にわたると、時間的な配分も簡単ではない。余り話し込んでしまうと、そこでエネルギーが消耗し、逆に食欲が落ちるときもある。

 今回は、この一年間で三回目の会食となるが、日々情報交換をしているお陰で、双方が内容チェックを行うだけで、全て合意を得た次第。ホテルレストランのVIP席を頂き、参加者の疲労感もなく、愉快な会食へと移ることができたのだった。

 ゆっくりと味わいながらの会食が終了し、その後、会員制クラブへ足を運び、より濃密な話し合いができ、且つ、30年来の友人、知人らとも再会を果たし、大変充実した一日となった。

 最後に、あまりの美味しさに・・・一眼レフで撮影することも忘れたほどだった。ホテルに心から感謝しなければならない。

2


3


4


5



※すべてiPhoneで撮影しています。

【ロゼッタストーン公式サイト since 1995】 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2014/11/19 04:39 am

旬の食材・・・至福の極み。

CNJ_9765


 一昨日、友人より熊本県山鹿市菊鹿産の大きな栗を沢山貰った、・・・「旬」だ!!!・・・早速、焼き栗にして楽しませて頂いた。大きな栗一つ一つにナイフで小さな切れ目を入れ、電子レンジのオーブンを使って焼いてみた。加熱して行くと、その切れ目から泡が吹き出し、じわじわと栗の中心まで熱が通る。焼き上がった栗は、ホクホク。小さじを使って、嘗めるように平らげてしまった。

 ところで、「旬」という文字の起源を、数年前、書を嗜んでいる居る時に、たまたま調べた事があった。・・・何と、「十」と「日」・・・即ち、「十日」という二文字が縦に合体して、「旬」という文字になったと言う。

 では、料理の世界で「旬をお楽しみあれ!」と言う場合は、「これから十日ほどが旨いですよ!」って事だろうか!?・・・更に、「旬」の十の最後のはねの部分は、古い文字ではグルグルと巻いており、龍の尻尾という記述があった。・・・何となく不思議な「旬」という文字。もっと掘り下げて、その文字の由来を調べてみようかと考える次第。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2014/9/20 12:30 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp