ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 食事

鰻専門の老舗「水前寺東濱屋」

▼店主の吉田明さん

tenshu


 冒頭から個人的なことで申し訳ないが、筆者に「一番好きな食べ物は?」と聞かれると、料理ジャンルが沢山ある中、「鰻に決まってる!」と豪語するほど、鰻の蒲焼やせいろ蒸しが大好物である。そこで、熊本県内で名物鰻専門の老舗「水前寺東濱屋」をご紹介したい。

 ◎水前寺東濱屋公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

 同店は、140年の歴史を誇る老舗中の老舗。熊本市内の近代文学館の真向かいにあり、その横を清流が流れ、都市部にありながら、心が洗われるように心地よい自然に恵まれたところでもある。時には、この清流で餌を求めに、カワセミやアオサギなどが飛来する。

 筆者が初めて足を運んだのは、今から30年ほど前のこと。現在の近代文学館のところに位置し、古い木造の料亭だった。当時新聞社に勤務しており、東京や大阪などからの来客があれば、必ず、同店に足を運び、反省会や会食などに使わせて頂いたのだった。

 自称グルメ通だが、鰻と言えば水前寺東濱屋、水前寺東濱屋と言えば県内屈指の鰻専門の老舗として、熊本の食事処の代表格として推薦できるほど、質、量ともに申し分のない内容である。

 何はともあれ、炭火でじっくりと焼いた上質の鰻を是非ご賞味頂ければと思う次第。また、鰻の蒲焼やせいろ蒸しの弁当、そして贈答用の鰻の蒲焼もあるので、是非、会食やピクニックにもオススメの水前寺東濱屋の鰻料理。・・・まず、大満足の食事会となるに違いない。


▼高熱の炭火でじっくりとタレを掛けながら何度も焼いて行く
D6D_0007


▼特上うな重の蒲焼
unaju


▼特上せいろ蒸しの鰻
seiro1


▼鰻のせいろ蒸し弁当
bento


▼店主の吉田明さん
DFD_9479



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/31 10:33 am

町場のお寿司屋さん

IMG_3770


 一昨日、汗まみれなって撮影しまくった水前寺成趣園。・・・すぐにオフィスに戻ろうかと思いつつ、鳥居横に喫茶店のようなお寿司屋さんを見つけた。いや、実は、以前書道教室が催されている時に立ち寄ったところだった。

 実にユニークな寿司店のようだが、40年の歴史を持つという。女将に「特上できますか?」と聞けば、店主は犬のお散歩中。暫くして、店主が戻り、黙々と特上握りを作ってくれた。

 公園内を何度も行き来して、水分補給もしてなかったので、少々フラフラだった。吸い物が沁みるように美味かったので、体全体が塩分と水分を欲しがっていたのだろうと。筆者も握って出されるものを、パクパクと頬張り、あっという間に完食と思いきや、イカを素材にした変わり寿司が出された。何やら「水前寺の鯉」とタイトルも付いているとかいないとか。

 その「水前寺の鯉」は、真鯉と緋鯉があり、端午の節句頃に出す、季節限定のものらしい。「食べる前に炙りますから!」と店主。じっくりと眺め、スマホで失礼だったけれども、撮影を終えて、炙って食べた。塩をトッピングであっさりして美味かった。

 店主と女将と三人の店内。書や写真の話で盛り上がった頃に、子連れの中年男性が入ってきた。多分、子供にオヤツを食べに連れに来たのだろうと。そろそろ帰ろうかと思ったら、店主が「サービスです。鮎です。」と言って、鮎の炙りを出してくれた。これまた、今年になって初の鮎である。すごく美味かった。

 町場のユニークで意表を突くような寿司店「葵」。水前寺成趣園鳥居のすぐそばにあるが、また、取材の時は立ち寄ろうと思った次第。

IMG_3772


IMG_3773


IMG_3774


IMG_3775


▼変わり寿司「水前寺の鯉(緋鯉)」
IMG_3778


▼鮎の炙り
IMG_3779


IMG_3769



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/4 12:03 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp