ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 青空

麦畑と雲・・・

800_5556


 不動岩(熊本県山鹿市)の近く、あちこちを走っていると、最終的に、その入り口の鳥居のところに辿り着いた。幼い頃に、遠足で足を踏み入れたところでもある。

 外は摂氏30度を超える猛暑。車を降りて、超広角レンズのみを持ち出し、炎天下の麦畑を撮ることにした。15-30mmの超広角なので、地面すれすれにカメラを置き、麦の穂を仰ぐように撮してみた。肉眼では空は霞んでいるけれども、いい具合にレンズを通ってきた光は美しかった。透けるような空と白い雲。大地にしっかりと根を張った麦が、天を突くような勢いで背伸びをしていた。

 最近、600mmを超える超望遠やマクロレンズの使用頻度が高かったので、今回の超広角で捉えた景色に、心がもぞもぞとしたのだった。広角は、標準や望遠と異なり、1枚の写真に含まれる情報量が圧倒的に多くなる。それが超広角ともなると、面白い歪み具合が、また普段とは異なる景色となり、静止画であるのに、穂先が揺れ動くような錯覚に陥るのである。

 一昨日、某所でカメラ大好きな方と出会い、夜景を眺めながら、カメラ談義。その方からのお礼のメールの中に、こんな言葉があった。「海や山といった自然が好きで、カメラと出会えたお陰で、その時の記憶を残す事が出来る様になって、本当に幸福感が倍増しました。」と。

 カメラという共通の趣味での出会いはたまにあるけれども、これほどまで笑顔で清々しい方との出会いは数少ない。蛇足だが、その方もNIKON党のようで、ホッとした。


800_5559


800_5555


▼取材風景(超広角レンズ15-30mm)
D60_5060



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/19 04:02 am

ちょび秋と夕暮れ・・・

▼夕暮れのススキ

800_5418


 日がどんどん短くなり、夕暮れの写真を撮るのも、なかなかタイミングが合わなくなってくる。

 本日は、久しぶりの取材なし、グルメ試食会なしの、ゆっくりした日曜日。勿論、クライアントさんとのコミュニケーションは取りつつも、今週の取材準備をしながら・・・気づけば、高台で撮影を始めていた。

 陽は既に沈んでいる。空は雲一つない。撮影には面白味のない風景だ。ただ、延々に青のグラデーションが続く。透明感があるようで、よく見ると、PM2.5なのか火山灰なのか判らないが、薄っすらと靄っている感じも受ける。

 秋を告げるススキも、チョロンと波平さんの頭部のように生えている。風になびくも、豪快さはなく、エタノールで動く水飲み鳥の置物のように単調な動きで止まってしまう。

 こんな時に被写体を見つけるのは大変だ。手元にあるレンズは、60mmのマクロ。これまた、暗がりでは小さな花も何も写せない状態。・・・景色を写すには、やはり、スーパーワイドなレンズが必要となってくる。少なくとも、28mm、24mm、12mmなどのレンズであれば、素敵な景色だったのだろうと・・・。

 よって、作品にもなり得ない、ちょび秋と夕暮れを数枚収めて、オフィスに戻って行ったのだった。

404 File Not Found

▼60mmで捉えると、大空を飛んでいる旅客機がトンボに見える。
800_5409


▼拡大すると、旅客機の手前に虫が飛んでいた。
NONALNUM-ODAwXzU0MDkt44OQ44O844K444On44OzMg-E


▼夕餉・・・各家々に灯がともり始める
800_5431



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/25 01:24 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp