The Rosetta Stone Blog

タグ » 隠れ家

鮓 枉駕から、嬉しい知らせ!

DFD_9716


DFD_9744


 先日、博多で開店したばかりの「鮓 枉駕(おうが)」から嬉しい知らせが入った。・・・と言うのは、先般、博多在住の若い女性が来店し、「事前に、連載された記事を全部読んで勉強して来ました!」と。また、「その方が弟さんですよね!」と声を掛けてくれたらしい。

 Googleで、「鮓 枉駕」と検索すると、既に筆者が書いた記事がトップ3で抽出される訳だが、その他の記事まで全部読み、予備知識を持って、来店したとの知らせに、驚きの色を隠しきれなかった。

 同店の店主やその弟さんも大変嬉しかったようだが、記事を書いた筆者本人にとっては、すこぶるサプライズな話。・・・いつ、どこの、だれが読んでくれるか分からない記事だと・・・博多の女性のリサーチ力とグルメに関する熱心さが、伝わって来た。

 開店早々の「鮓 枉駕」であるが、これからも、多くの素敵なファンが集う事を願って止まない。店主である木村聡文さんは、30代での独立。これから、真摯な心をもってお客をもてなし、博多でも指折りの鮓専門店になって頂ければと・・・。

 また、今回の博多の女性の話をしている中で、「記事を読んで来られた方には、何かプレゼントしたいですね♪」と同店主がニコニコして呟いていたようだ。(内緒)

 この場をお借りして、博多の女性に心より感謝申し上げたい。ありがとう御座いました。また、「鮓 枉駕」にお立ち寄りください。

ouga1


ouga2



▼連載予告記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1412347052Link
▼連載(1)
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1412357997Link
▼連載(2)
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1412434801Link
▼連載(3)
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1412521202Link
▼連載(4)
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1412607605Link
▼連載(5)
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1412694005Link
▼連載(総集編)
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1412780657Link

【鮓 枉駕(すし おうが)】
 店主:木村聡文
 〒810-0003 福岡市中央区春吉3丁目14−32 
       サンライトマンション1F
 TEL:092-741-7011
 ※営業時間:17時〜24時(OS:23時)
 ※定休日:日曜日・祝日

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/10/14 01:17 am

独特なラーメン文化を創造する「てしお」

DFD_1828


 仕事と趣味の領域において、余りラーメンを大量に食べはしないが、何と言っても、熊本はラーメンのメッカでもある。特に、豚骨ラーメンは熊本ラーメンの代表格であり、出張等で熊本に来られるビジネスマンにはなくてはならぬ存在のようだ。

 ラーメン専門家ではないので何とも言えないけれども、先般、知人から「東京からお客さんが来られて、ラーメン食べるのならば何処が良いか教えてもらえませんか?」と電話があった。先ず、お薦めしたのは「○亭」。人の好みにより色々ある訳で、筆者の頭の中では、何処が一番旨いというものはなく、その人の嗜好により大きく変わってくると考え、一店舗に絞るような事は一切しない。

 ラーメンのメッカと言われる熊本市であるが、筆者の眼に留まっているのは、独特なラーメン文化を創造している「てしおグループ」である。大変リーズナブルだが、素材やスープにとことん拘り、味噌専門、塩専門などなど・・・同グループの店々が、互いにしのぎを削りながら、頑張っている。特に、日々の限定メニュー等もFacebook上で紹介し、ラーメン店にしては、立体的な面白い取り組みをしているようだ。

▼てしおグループ公式サイト
 http://www.tesio-japan.jpLink

 中でも、味噌専門の「てしお」の店長をしている人は、十年以上前からの知人。色んな事業を経験しながら、現在に至った居る楽しい人物だ。先般も、先見塾研修会のランチを同店で利用させて頂いたのだが、従来の熊本ラーメンとは全く異なるベクトルで、ラーメン文化を啓発しているのである。

 食材やスープにはとことん拘ってはいるものの、リーズナブルさもあり、学生から社会人、そして女子一人食べ歩きの人も集ってくる。器等も他のラーメン店とは全く異なり、結構恒久な器をさらりと出して来るのだ。

 現在、ヨーロッパ、特にイギリスでは日本のラーメン店が140店舗に増え、ラーメンブームが起きているとの事。他国では「日本の料理=健康」というイメージが強く、ラーメンもその健康食に入っているようだが、スープ文化が根ざしているイギリスなのでは、最初にスープを飲み乾し、それから麺を食すパターンが多い。まあ、麺の腰を楽しむラーメンであれば、最初に麺をすすりながら飲み込むように食べるのがスタンダードなのだが・・・。

 蛇足だが、筆者が料理を食す時に一番こだわるのは、食べる瞬間の「温度」である。ラーメンというカテゴリーにおいても、その「温度」を無視したものであれば、一切食さない事にしている次第。

DFD_1636


DFD_1624


DFD_1660



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/25 03:09 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp