ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 長崎県

根っこから腐り切った地方行政・・・

D75_2815


 地域振興の為に長崎県旧奈良尾町で企画開催したトライアストン大会が、筆者の人生の宝物となっている。

 僅か3800人ほどの町に足を踏み入れると、皆が快く受け入れてくれ、採れ立てのウニ、石鯛の皮焼き、上五島特有のちゃんぽんと・・・思い出すだけで、よだれがこぼれ落ちるほど、愛情がこもった美味しい料理を振舞ってくれた。

 当時、上五島では5ケ町(新魚目町、上五島町、有川町、若松町、奈良尾町)あり、同島では若者が高校卒業すると、ほとんど島外へ、更には県外へと出て行ってしまう。そこで、加速度を増す過疎化に頭を痛めていた同町観光協会の笹田専務理事(故人)が来熊し、当時の交通センターホテルで相談に乗ったことを、昨日のように覚えている。

 筆者は、熊本の新聞社に勤務していたけれども、長崎県上五島へ上陸し、他県での「トライアスロン in 奈良尾」企画開催を決意したのは、その島の人たちの熱意が伝わって来たからだが、実は、新聞社内ではあまり良い反応ではなかった。理由は、他県にも地元新聞社がある訳で、それを飛び越えてイベント開催など以ての外と言うことになる。

 地域興しのキーワードを、自分なりに「差別化」、「突出」、「地域の潤い」とし、1年3ヶ月を経て、同大会の開催に漕ぎ着けた。この15ヶ月間の準備期間に、いろんな横槍も入って来た。最後の調整会議にて、ネガティブ人間が「もし事故があったら困るので、取り止めましょう!」という心無い発言に、筆者の頭から血が吹き出した。

 若気の至りで、テーブルを両手で叩き、その人物の弱腰に食いついた。15ヶ月間頑張って来た関係者が愕然とするような、及び腰発言。何とも情けなかったが、最終的に、その軽々な発言をした人物は皆に深々と頭を下げて、深謝した。空気を読めない人物は、どこにでも居るけれども、自腹で7回も島に渡り、実現に向けてひた走って来た筆者が激昂するのは当然のことだった。

 このようなハプニングは大なり小なりあるものの、地域振興のための「トライアスロン in 奈良尾」は、どうにかこうにか、翌年6月開催に漕ぎ着けた。現在も、熊本県内を取材で走り回る中でも、このようなネガティブ発言や、人事権の濫用でぎくしゃくした地方行政の醜態を垣間見ることもある。

 地方において、少数の人間に権力が集中すれば、助成金でもイベントでも公共施設管理問題でも、全てに歪みっぱなしの空白の時が過ぎて行くことになる。昨年も夏場に、某町公的施設のテナント虐め問題が浮上し、結局、行政側担当者の悪意に満ちた屁理屈により、老夫婦が長年営んでいた人気食事処が強制的に追い出されたのである。

 公明正大に地方行政が行わなければ、決して良い結果が出るはずもなく、地域が潤うはずがない。そこにはオンブズマン制度も存在せず、行政という大木が根から腐っていることさえ、話題にもならぬ状況だ。そこには、御多分に洩れず、議員の厳しい監視の眼なんぞ皆無の状態であり、既得権益者は裏でコソコソと、蓮の根っこのように、皆が連なっている。

 公的施設の指定管理者制度においても、「非公開」という文字が並ぶのに、誰も異論を投じないところが不思議でたまらない。勿論、腐った状態を放置しているのは、マスコミ側の鋭いメスがなくなってしまった事も大きな要因と言えようが、それ以上に、気骨ある人物が少ないことが嘆かわしい。

 それに比べ、前述の「トライアストン in 奈良尾」では、町長以下、皆、素晴らしい人物ばかりで、町会議員を11期務めたご老体(当時90歳)も、地域振興の為に、ガラス張りを大前提に、迅速、且つ、大胆に支えてくれたのであった。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/1 04:45 am

穏やかな、普賢岳。

fugen


 雲仙普賢岳が、平成二年の大火砕流により、多くの死傷者や行方不明者が出したことは記憶に新しいと思っていたが、既に4分の一世紀以上が経っていることが信じられない。その年の10月1日に、筆者がディー・アンド・エルリサーチ(株)を立ち上げたこともあって、その記憶が鮮やかに蘇るのかも知れない。

 今回、熊本市河内町の山手から普賢岳を撮影することにした。準備不足で超望遠レンズ600mmは持参しなかったけれども、70mm-200mmの望遠レンズで、何とかその姿を捉えたのだった。あの火砕流の惨劇の場となった普賢岳とは思えないほど、穏やかな表情で、有明海を挟んでこちらを向いていた。波も静かで、あと2時間半ほどでサンセットを迎える頃である。

 薄暮というか、浅いトーンの色合いなり、大きな湖に浮かぶ火山島のようで、雲のかかり具合などを見ていると、ジュラシックパークにでも足を踏み入れたような錯覚に陥った。自然はこの上なく美しい表情を見せるのが常ではあるが、時には、その牙をむくこともある。このように大人しく静かな普賢岳をまじまじと見たのは初めてのこと。

 これからも、何事もなく、有明の海を静かに見守ってもらいたいと願うばかりである。台風16号も、18日頃、九州に近づいてくるようだが、どうか、普賢岳が追いやってもらえればと・・・。


D75_2832


D75_2833


D75_2843


D75_2864


D75_2895



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)熊本県第1号ポータルサイト
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp