ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 鉄板焼き

旬の食材・・・至福の極み。

CNJ_9765


 一昨日、友人より熊本県山鹿市菊鹿産の大きな栗を沢山貰った、・・・「旬」だ!!!・・・早速、焼き栗にして楽しませて頂いた。大きな栗一つ一つにナイフで小さな切れ目を入れ、電子レンジのオーブンを使って焼いてみた。加熱して行くと、その切れ目から泡が吹き出し、じわじわと栗の中心まで熱が通る。焼き上がった栗は、ホクホク。小さじを使って、嘗めるように平らげてしまった。

 ところで、「旬」という文字の起源を、数年前、書を嗜んでいる居る時に、たまたま調べた事があった。・・・何と、「十」と「日」・・・即ち、「十日」という二文字が縦に合体して、「旬」という文字になったと言う。

 では、料理の世界で「旬をお楽しみあれ!」と言う場合は、「これから十日ほどが旨いですよ!」って事だろうか!?・・・更に、「旬」の十の最後のはねの部分は、古い文字ではグルグルと巻いており、龍の尻尾という記述があった。・・・何となく不思議な「旬」という文字。もっと掘り下げて、その文字の由来を調べてみようかと考える次第。

 また、写真下は一昨日食したステーキハウス淀川の「鮑」。鉄板で焼かれた鮑に、バター醤油とガーリックソースを垂らして食した客人が、本当に腰を抜かしてしまった。これまた「旬」(7月〜9月?)の至福の極みだろうと・・・。本当に旨かった。

CNJ_9662


【ステーキハウス淀川公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2014/9/20 12:30 am

遠方より、客人あり。

castle1


 月曜日に久し振りに桃花源へ行ったと思っていた矢先、二日後の水曜日、再び、桃花源の個室(蘭花/ランファ)へ足を運ぶ事になった。先般のディナーとは異なり、軽〜い感じのランチとなった。・・・ん〜、お客として正直にもの申せば、料理のサーブのタイミングがちょっと普段とは違っていたような!?

 多分、今日は総料理長、マネージャーの休日ではないかと・・・。

 ところで、本日の熊本ホテルキャッスル掲示板には、「D&L美食会」とあった。遠方よりの来客であり、重要な話し合いが十分にできるように、敢えて個室を予約させて頂いた。よって、終了予定時間を忘れるほど、話が弾みに弾んだ。互いが初対面でもあり、どう話を組み立てて進めるのかが問題だったが・・・互いに自然体で臨んだ事で、中程から話がぴょんぴょんとあちこちへジャンプしたのである。

 これから、互いのエネルギーを何処へ注入し、如何に新たな世界を構築して行けるかが重要な問題。・・・本日の出逢いが、意表を突くような、あっと驚く地域興しの起爆剤となればと・・・じわじわとボルテージが上がっている筆者でもある。

 長時間の会議、お疲れさまでした。

castle2


castle3


castle4


castle5


castle6



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2014/5/28 07:24 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp