ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 重責

苦手意識克服は、心から好きになることだ。好きにならなきゃ、何だって貫徹できるはずがない。

newstop


 自らが好まぬものを無理して遣っていても、円滑に事が運び、目標を達成することなんぞ、夢のまた夢となる。

 仕事となれば、好むと好まざるとに関わらず、早期達成しなければならない。それは担当者としての責務であり、出来て当たり前のこと。達成しなければ能無し落ちこぼれのレッテルを貼られるだけである。

 何故できないのか!?それは、仕事内容を好き嫌いで決めてしまうからである。それはプロとは言えない。仕事内容を選り好みするくらいならば、初手から上司に相談し、配置転換を願い出ることだ。

 人でも仕事でも物でも、皆同じこと。心から好きにならねば、何事も動かず、何一つ貫徹しない。プロ意識の欠落と言うか、だらし無いと言うか、情けないと言うか、実に大人気ない。

 しかし、言葉巧みに、言い訳三昧にて逃げることもできないことはない。ただ、それは積極姿勢に欠け、仕事放棄と見做されるのみ。一度「遣る!」と口に出したのであれば、全て貫徹せよ。遣り終えてこそ、信頼のおける人間と言える。

 だらだらと時間稼ぎで逃げ回る、自分の背中を恥ずかしいと思わぬ人間は、外面良くても魅力はない。そこで、何事にも好奇心を持ち挑戦すれば、苦手意識も吹っ飛んでしまい、全てが好循環に転ぶようになる。

 目標達成の本当の喜びを知らぬから、日々変化のない、進化のない事をちまちまと遣っている。子供でも、一つ目標がクリア出来ねば、恥をかかぬよう、何とか出来るまで歯を食いしばる。大人には、その根性や執念がない。

 鉄棒で逆上がりができないと、周りから笑われる。何度も何度も挑戦して逆上がりができると、周囲は大喝采となる。それが、達成時の喜びだ。だらしの無い大人は、鉄棒にぶら下がったまま、それ以上に努力をせず、地上にポトリと落ちてしまう。

 若さの素晴らしさは、チャレンジ精神が溢れ出ているところだ。その若き頃のチャレンジ精神を忘れず、日々努力を積み重ねている大人は素晴らしい。狭い領域で狭い了見にてボケッとしている大人には、残念ながら、それが理解できない。

 何と無様な人間であろうか。滑舌悪く、覇気もなく、ただただ言い訳ばかりを考える大人たち。よって、謝罪を要する記者会見では、切れ味の悪い言い訳しか聞いた事がない。恥を知れと、声を大にして物申したくもなる。

 今回の熊本県南の私立高校暴力事件も然り。本当にスポーツが好きで、生徒が自分の子供のように大好きで、指導することが天職のような本物のプロであるならば、あのような無様な記者会見を行うことはない。

 最後の最後に尻尾を出して、逃げ場を失い、苦し紛れに学校全体のイメージダウンに火を注ぐのだから、指導者、教育者としてばかりではなく、人間として失格だと言わざるを得ない。暴言や暴力で弱者を抑え込むのは、蛮行としか言いようがない。実に残念なことである。


▼スズメバチと薔薇の花(熊本県農業公園)
SUZUMEBACHI


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/21 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp