ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 避暑地

翡翠(かわせみ)の撮影に四苦八苦!

500_2547


 猛暑・・・どこに居ても、体全体が熱く燃えるように痛い。よって、近場の避暑地として八景水谷公園へ足を運ぶことにした。

 いつもの湧水池へ行くと、常連のシルバーパワー炸裂。でっかい三脚に、バズーカレンズ搭載の一眼レフを構えて、一番良い所を陣取っていた。「翡翠撮るのに、ここは600mmは要らんですよ。400mmで十分!」と言い切るカメラマン。

 APS-C(DXフォーマット)のカメラに400mmの超望遠レンズを装着すると、600mm相当の望遠となる。なるほど、八景水谷の湧水池の奥行きを考えれば、600mm相当で十分なのだろうが、ずっと翡翠を待ち続けなければならない。

 筆者はウォーキングを好むカメラマンなので、常に手持ち撮影である。じっと長時間待つのは性に合わないので、ニコンのDXカメラであれば600mmレンズを装着し、900mm相当で撮影したくなる。とても横着な撮影の仕方かも知れないが、一箇所に何時間も待つような根性は無い訳だ。

 そうなると、白鷺などの大きな野鳥が魚を獲る瞬間の撮影が面白い。元々、シューティングゲーム大好き人間なので、バズーカのようなレンズも思いっきり振り回したくなるのだろうと・・・。

 歩いていると、白鷺が青鷺の様子を伺いながら、25m先に降り立った。青鷺から左手10mくらいのところだ。こちらからは結構な距離であるが、あまりにも暑いので、木陰からその様子を撮ることにした。

 ところが、何度か青い小さな鳥が左から右へ、右から左へと、結局、白鷺の右後方にある岩の近くにとまった。翡翠だ。石橋を渡り、少しでも近づこうとしたが、対岸に行くには距離があり、時間がかかる。よって、中の島の木々の間から狙うことにした。

 ファインダーで覗く翡翠は、実に小さい。手持ちであれば1/1000秒程度のシャッタースピードでなければブレが生じる。息を止めて撮影したが、小さすぎた。帽子をかぶり、迷彩服を着て、完全装備で翡翠を狙わねばならないのだろうか!?。翡翠は美しく可愛いが、やはり、筆者には無理な被写体のように思えてならなかった。


500_2628


500_2632


500_2636


500_2697


▼取材風景
D60_9405



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/12 12:43 am

岳間渓谷へ・・・

takema


 雨上がりの紫陽花はとても美しい。よって、本日は熊本県山鹿市鹿北町にある避暑地「岳間渓谷」へ足を運んだ。とにかく空気が美味しい。とにかく水が澄んでいる。とにかく鳥のさえずりが心地よい。更に、猛暑というのに、ヒンヤリと冷たい空気に包まれる。・・・そんな、自然のてんこ盛り的な秘境である。

 岳間渓谷キャンプ場の駐車場に車を預け、水の流れを間近に見ると、都市部の雑音が一瞬に「無」の状態になり、動植物の息吹を感じるのだった。近場には釣り堀もあるようだ。周囲の山道を走ると、イノシシ除けのフェンスがあったり、植えられたばかりの稲が、赤ちゃんの産毛のように生えている。

 しかし、渓谷では自然の脅威を、常に頭に入れて行動する必要がある。例えば、足元の苔、地崩れ、鉄砲水、スズメバチや毒ヘビなど野生動物との遭遇・・・決して軽装での入山はオススメしない。また、飲み水と携行食、医薬品などは十分な備えをしておかないと、不慮の事故における対応ができなくなってしまう。

 自然を軽んじることは、自然の脅威に対して無防備となる訳で、如何に体力に自信のある人でも、入念な準備をすべきであろうと考える次第。昔々、ボーイスカウトで学んだことを思い出すが、結構、アウトドアにおいて役立つことが多いことに気づいたのだった。


ajisai


ine



▼岳間渓谷周辺の山道

▼取材風景
D60_7944



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/23 12:10 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp