ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 角田吉顕

迷いに迷う、豚と牛。

850_4898


 迷いに迷う、豚と牛。取材前のランチでは、どうしても良質のたんぱく質を摂りたくなるので、豚か牛か、いつも悩んでしまう。その日の体調やイメージによっては、豚が良かったり、牛が良かったり。

 写真上は、熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏の「特製カツカレー」である。少々我儘言って、ルーに変化を持たせてくれている。写真下は、定番となっている「ステーキピラフ」。がっつり食べたいのであれば、この「ステーキピラフ」がオススメだ。

 最近は、ローストチキンの夢を見ることもあり、同ホテルレストランのグランドメニューから姿を消したローストチキンが目に浮かぶ。何はともあれ、良質のたんぱく質を摂ることは、夏バテせず取材するためのエネルギー源となる。よって、可能な限りランチは「肉食」で決めたいと!


600_0458



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2019/7/1 03:04 am

角田吉顕氏が、熊本ホテルキャッスル代表取締役社長に就任!

▼熊本ホテルキャッスル代表取締役社長兼総支配人 角田吉顕氏
kakuta


 6月25日、熊本ホテルキャッスルの株主総会および取締役会にて、角田吉顕氏(53歳)の代表取締役社長兼総支配人就任が承認された。

 同氏は、東京生まれ(昭和40年11月2日)の北海道育ち。昭和57年、北海高校2年生の時に、春の甲子園に出場した経験があり、非常に熱血漢で爽やかな人物である。試合結果は、残念ながら1回戦で岡山南高校に惜敗した。

 また、プロの仕事人としての信念は、巌も貫く比類なき底力を持ち合わせている。野球に例えれば、「ノムさんのID野球」の如く緻密で、卓越したリサーチ力と分析力を駆使し、諸葛亮孔明のような戦術を繰り広げる、賢者である。

 人柄は、竹を割ったような性格で、常に直球勝負。就任前に何度か話をすることがあり、話している内に吸い込まれてしまった。多分に、人の心を瞬時に奪ってしまう不思議な魅力を持ち合わせた人物であり、周囲のスタッフからの信任も厚いに違いない。

 熊本ホテルキャッスルは、熊本県を代表する老舗ホテル。今回のトップ交代は、令和元年のスタートに相応しく、同氏は、分水嶺に立たされた同ホテルの「舵取り役」として、来年の60周年前夜の大改革を「使命」として、二百人超のスタッフの「命」と「夢」を預かることになる。

850_5214


850_5273


850_5279


800_9076


800_8988



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

 

 

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2019/6/26 02:43 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp