ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 西唐人町

中唐人町から旧細川刑部邸へ

▼中唐人町の風景

4


 以前、西唐人町の野良猫や食事処などをご紹介した。今回は、50mm f1.4単焦点レンズだけを装着して、中唐人町、西唐人町、それから旧細川刑部邸へと取材を進めて行った。

 まず、西も中も唐人町界隈は、昔ながらの商人(あきんど)の街である。現在では、幅広い歩道と公道を挟んで、旧油問屋、古民家などを改装し、カフェや食事処として街づくりを行ったところだ。

 車や人の往来は、思ったよりも多くはない。電信柱も埋設してあり、景観も開放的で素晴らしい。駐車場に車を預けて、ゆったりとそぞろ歩き、心落ち着くまで楽しめる街並みである。しかし、昨日からの寒波で、残念ながら野良猫との出遭いはなかった。

 ランチを挟んで取材を終え、次の取材先を定番の旧細川刑部邸とした。瓦や軒先きなどに雪が残っているのを願いながら、その駐車場へと向かった。予想以上に雪は溶けていたが、この地は何故か落ち着き心地好い。

 駐車場管理人が、「熊本城へ行かれるのですか?この駐車場からは少々遠いので、声を掛けました!」と・・・。

 海外から、または県外からの観光客への情報提供であろうが、車のナンバーを見れば熊本人と分かる訳で、ちょっと勇み足的なお声掛けだと思った次第。駐車場へ入ると、わずか3台しかないではないか・・・。

 もし、この管理人がゲート手前で、熊本城近隣の駐車場を勧めたのが原因で少なければ、シャレにもならない。少々辛くても、徒歩で二の丸公園から、戌亥櫓、そして宇土櫓、頬当御門、さらに大天守、小天守、本丸御殿へ行っても良い経験ともなり、楽しく、ちょっぴり辛い想い出ともなる訳だ。

 これはあくまでも私見であるけれども・・・観光旅行とは、良き想い出作り。よって、余りにも過保護な(楽チンな)情報提供は、逆にスムーズ過ぎる旅として、記憶に深く刻まれることもなかろうと・・・。


▼西唐人町のレストラン
3


▼雪の舞い散る旧細川刑部邸
1


▼旧細川刑部邸の庭内
2


▼今回の取材風景
0



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/26 12:58 am

西唐人町界隈(熊本市)

▼西唐人町界隈

cat_town


 日頃、あまり足を運ばない古い町並みの西唐人町界隈を散策することにした。

 坪井川沿いにある、古い町並みは、古民家や旧油問屋などの日本家屋と近代的なビルが調和している静かな街だ。

 坪井川を覗くと、そばに数匹の猫たちが屯していた。人慣れしているのが一匹いて、初対面のご挨拶後に、じわじわと距離感を詰めていった。レンズが単焦点レンズ35mmなので、かなり近づかねば、その表情を捉えることができない。

 数分経って、やっとゴロニャンと近づいてきたので、最後の「はい、ポーズ!」で、久し振りに小動物の撮影ができた。

 喉が渇いたので、近場にあるラ・フォンテーヌ(出田眼科病院1階)に足を運び、ゴマ&ミルクと言う、濃厚で美味しいジュースを頂いた。とてもお得感があり、商売気は全くないが、接遇はしっかりとしている。

 隣のテーブルに老夫婦が居て、サンドイッチ、ゴマ&ミルク、そしてソフトクリームを平らげて出て行った。じっと見ていた訳じゃないが、その食欲の凄さに、苦笑いをしてしまった次第。

▼西唐人町の猫
cat


▼ラ・フォンテーヌ
DF1_0346


▼器季家
DF1_0237


▼はい、ポーズ!
DF1_03392



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/5 12:55 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp