The Rosetta Stone Blog

タグ » 菊池川

菊池川でモロコ釣り・・・

D75_6561



 山鹿大橋から菊池川上流域で二組の釣り人を発見。近所から一人と山鹿市内から老夫婦、三人が釣りを楽しんでいた。仕掛けがとても小さいので、何を釣っているかと問うと、モロコ釣りという。

 先に来ていた老夫婦は既に数十匹を釣り上げ、先ほど来たばかりの釣り人はまだまだと言いながらも、ビクには十数匹のモロコが入っている。餌は、老夫婦がサシ虫、もう一人の釣り人は練り餌を使っている。小さなウキがピクッと動き水中に入り込む瞬間に、軽く竿を合わせる。

 本日の水量が多い菊池川だが、とても流れが穏やかで、結構な入れ食いである。モロコは家に持ち帰り、甘露煮にするとのこと。最後にご婦人が釣り上げたのは大きく、カワムツのようだ。ご主人に料理方法を聞くと、(1)「な〜ん、鶏ん餌にでんすっですたい!」と。

 山鹿弁バリバリの釣り場では、ご婦人が(2)「針はどけ行ったろか?」と、釣り糸を見失ったらしい。(3)「ほ、そけあったい。」とご主人。(4)「あ、こけあった!」と。仲睦まじい夫婦間の会話がたまらない・・・。

▼山鹿弁解説
 (1)な〜ん、鶏ん餌にでんすっですたい!=いえいえ、鶏の餌にでもしましょうかね!
 (2)針はどけ行ったろか?=針はどこに行ったんだろうか?
 (3)ほ、そけあったい。=ほら、そこにあるじゃない。
 (4)あ、こけあった!=あら、ここにあったわ!

D75_6587


D75_6592


▼モロコ
D75_6595


D75_6602


▼カワムツ
D75_6687


▼秋となり鴨も飛来してきた
D75_6701



※撮影許可を得ています

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/10/21 12:00 am

河岸のお散歩カメラ・・・

▼上内田川
DFD_4469


 前日の第3回「資産最大化委員会」と懇親会「小槌之会(こづちのかい)」を思い起こしながら、本日は体調を整えることに専念。よって、熊本県北部にある上内田川へ足を運び、タンポポの綿毛を、それから菊池川へ向かい、土手に咲く野草を撮影することにした。

 夏のような太陽光が照りつける中、木陰を選んでは、周辺に咲く野草をマクロレンズで撮影するのだが、やはり三脚の方が楽だと思いつつ撮影していった。川の水位は、上内田川も菊池川も、かなり低い。小川のような上内田川は日頃より20センチほど水位が落ち、菊池川の対岸近くは川底が顔を出し、玉砂利が露出していた。

 野草の花々も、ドライフラワーに近い状態。それでも、しっかりと咲き続け、一所懸命生きている野草には驚くばかりである。しかし、いつまで経っても、「4時半のミサゴ」の姿を見ることはなかった。あまりの暑さと、低い水位のために、その獲物となる鯉も鬱蒼と茂る木々の下近くに隠れてしまったのだろうと・・・。


◎第3回「資産最大化委員会」ニュース
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1523624228Link

▼上内田川
DFD_4452


▼菊池川
DFD_4640


▼菊池川
DFD_4649


▼菊池川
DFD_4657



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/14 12:20 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp