ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 自分磨き

先見塾天草を開催!

senken1


 第7回 先見塾天草を開催した。

 今回は他の会合などが入り、欠席者が多かったものの、英会話をぐっと進めてみた。

 会場は、天草市のホテル。お楽しみのランチは、黒毛和牛のチョップドビーフハンバーグ(牛崎英司)とデザート(岡部國光)。

 チョップドビーフハンバーグは、元々、ヒルトンホテルではチョップドビーフサーロインと呼ばれていたもので、繋ぎのない荒削りのハンバーグである。だから、肉を食しているというイメージが強く、ペロリと完食である。ソースはトマトベースと大根おろしの2種類。

 デザートは天草晩柑、ブラッドオレンジ、青二彩の三層からなるもの。猛暑の夏にもってこいの上品な冷菓である。最後にKEY COFFEEで〆となるが、皆、大満足のランチとなった。

 先見塾後、天草の重鎮の一人と2時間半にわたり会合を行い、帰途に着いた。今回は得るものの多い天草訪問であり、今後の展開が楽しみとなった次第。やはり、筋を通す方々との話は心地よい。

 話が進むにつれて、独特な歴史と文化をもつ天草の魅力が一段と見えてきたような気がしてならない。

 さて、フォーカスを天草へ!

 ※ちなみに、先見塾は随時入塾可能となっている。



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/7 02:38 am

第三者を評価する愚か者

D60_2099


 できが悪い人間ほど、他人の噂や評価をしたがる。日々、それがルーチンワーク、茶番劇のように喋りまくる。分相応にしておけば良いものを、いくらでも背伸びをして、知ったかぶりをしては、揶揄したり誹謗して、酒の肴にしている訳だ。

 特にネット時代となり、匿名投稿の掲示板はアナーキー状態。言いたい放題で、第三者の個人情報や捏造した虚偽情報をばら撒いている。自身の醜態にも気付かず、酒を呑んだ勢いで、その場にいない人や会ったこともない人の噂をしまくるのである。病的に妄想癖があるのだろうか、そういった人物を最近よく目にするようになった。

 人は歳を重ねれば重ねるほど、脳細胞は萎縮して、論理展開において柔軟性をなくしてしまう。個人差もあるが、日頃から上述のルーチンワークを常としている人間は、老化も早く、世のため人のためになっていない。そのような、下劣な人間が時折通り過ぎて行く。

 世のため人のためにならぬ人間は、他人の評価をする資格などない。すべて憶測の域を脱しきれないのだから、思考力のなさから生み出される「的外れな持論」を展開しているに過ぎない。よって、いつの間にか、周囲には見識の高い人は居なくなってしまうのである。・・・その覚悟があれば、同じ穴の狢だけで、井戸端会議を延々と続けて行けば良い。

 年老いて、己の人生を振り返る時に、すこぶる醜い品性のない人間として孤立しているのだろうと・・・。

 
D60_2107



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp