ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 自分発見

この世の中に、100点満点の人間なんていやしない。

newstop


 この世の中に、100点満点の人間なんていやしない。自分を特別だと思い込み、失言、失態を公然と繰り返す国会議員もいる。自分をイケメンだと思い込む人間が、箸の使い方も知らない。スレンダーなスーパーモデルも、人並みの悩みも苦しみも知っている。完璧な人間なんて、存在するはずがない。

 そこで、自分がもっと美人なら良かった、イケメンなら良かった、数学が得意だったら良かった、英語が喋れたら良かった、超セレブの子供に生まれれば良かった、親父の車が高級車なら良かった、金髪で青い目が良かった、字が上手ければ良かった、能力ある人間なら良かったと苛つくのは愚の骨頂である。

 他人と比較するから、優位に立ったり劣位に立たされたりすることになる。世界でただ一人のパーソナリティを持つのだから、周囲を気にせず、自分流で自然体で生きて行けばいい。整形手術を施して、何になる!?エルメスのバッグをぶら下げて、誰が見る!?所詮、見栄と自己満足の小さな世界でしかない。

 現代は個性を大切にする時代となり、且つ、多様性に価値を求める時代になった。そこで、劣等感に苛まれたり、無駄な妄想ばかりの毎日だったり、人を恨み辛み妬みで誹謗したり、自分の能力の無さに押し潰されたり。そこで無駄に過敏となり、無用なる思考回路が働くから、負のスパイラルに入り込んでしまう。

 何故に、自分をしっかりと直視して、大切に育てないのか!?自分は自分自身で育てるしかない。勿論、親の手が掛かる幼少期は仕方ないが、自我の目覚めの瞬間から、その後は自分自身で「Polish your sensibility!」(感性を磨け!)を続けなければ、折角の個性を活かさぬまま人生が終わってしまう。

 世の中は決して甘くはないけれども、自信喪失にて自己否定に走る必要もなく、自分磨きに専念すれば良いだけの話である。素晴らしい人とは、心優しく、人の立場になって考え、配慮できる人を言う。よって、どんなに着飾ったとしても、人格欠損であれば、ボロはゴロゴロと出っ放し・・・。

 完全主義を貫くから、100点を目指すのだろうが、それは日本の教育システムの欠陥によるものだ。平均的にピンポイントの優秀さを求め、見える化する。個性を活かす環境を与えず、その価値を認めて来なかったから、落ちこぼれ、出来損ないなどの罵詈雑言で人を谷に突き落として来た訳だ。

 これからは、くよくよするより、自分発見のために、自由にのびのびと、「Polish your sensibility!」に挑戦されては如何だろうか!?例え、貴方が50代、60代、そして高齢者であっても、貴方自身の進化の可能性は、思いの外大きいものである。後は、Up to you!となる。


JIBUNMIGAKI


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/11 12:00 am

自分を壊すことから・・・

My-mac


 ちょっと昔話・・・

 インターネットのドメイン名が短いものほど、歴史があるって知ってました?例えば、弊社の場合、「www.dandl.co.jp」なのですが、www=「world wide web」、co=「会社」、jp=「日本国」となっている。

 wwwとcoの間にあるものが、独自ドメインとなります。dandl=5文字。1995年当時、d&lで登録しようと思っていたら、&マークは使えないので、dlまたはdandlに絞り、結局、dandl(ディーアンドエルと読む)に決定。

 現在では、このように短いアルファベットでドメインを取得するのは、困難である。

 よって、jpでは短いドメインが取れないので、neとかcomとかを使い、自分の会社名やショップ名を付けているケースが多くなっている。しかし、どんなにドメインを取得したとしても、検索に優位に掛かってアクセスが増える訳でもない。

 昔はドメインを高額にガンガン売って商売する悪徳会社もわんさとあって、当然のように、騙された人も、会社も沢山出てトラブルになったことも付記しておくことに・・・。

 ・・・・・・・・・・・

 昔話は、ここまでとして・・・最近、いろんな方々の話を聞いていると、思った以上に悩み事が大半を占める。筆者も同様に、過去を振り返れば、悩みだらけの半生であったようだ。

 私ごとで申し訳ないが、ここ数年間、自問自答を繰り返してきた結果、「自分を壊す!」を断行することに、心に決めたのである。お人好しが暴走し、過去の負のスパイラルに引きり込まれた人生も、そろそろ終止符を打たねばならない。

 一度、「自分を壊す!」ができねば、何も変わらない。当時の写真(自分自身の表情/中央部縦三枚が今年の写真)が、全てを物語る。筆者と同じような悩みを抱えている人は、想定外に多い。そのような方々の話を聞けば、完全に「自分を壊す!」しかなさそうだ。

nishida


 最後に、写真の整理をしていると、ちょうど三年前に集中して「書」を書きなぐっていた頃があった。僅か4ヶ月間で、8000枚の半紙が目の前に山積みとなった。・・・最近遠ざかっている「書」も、「自分を壊す!」の事始めとして、初心に戻り、雑念を脱ぎ捨て、しっかりとした制作活動に専念できればと・・・。


sho


sho2



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/18 12:04 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp