ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 細川

和を選ぶべきか、洋を選ぶべきか・・・

▼ダイニングキッチン九曜杏の和のランチ(熊本ホテルキャッスル)
850_1625


 「和」を選ぶべきか、「洋」を選ぶべきか・・・いつも迷ってしまう。結果的には、「洋」が圧倒的に多くなっているのは否めないが、シティーホテルのレストランでは、写真上のようにリーズナブルな「和」の存在は有難い。

 「和」はお値段が高いというイメージが強い。また、「洋」であれば、フレンチよりもイタリアンがリーズナブルというイメージが浸透しているが、ふと思ったのは、日本人は、良く言えば、あらゆる国のどのような料理に対しても順応できるが、反面、飽きっぽい人種であるということだ。

 田舎に行けば行くほど、外食文化が激減して行く。田舎の各家庭で出される料理の種類はそう多くはないが、飽きっぽい日本人が、同じパターンの料理を、短い周期にて、それも「おふくろの味」と喜び、実に美味しそうに食べている。とても飽きっぽいとは思えない。

 しかし、そこには「子供の頃から脳裏に刻まれたご馳走」がそこにある。料理人としての母の愛情が注入された料理は、飽きっぽい人間を決して飽きさせることがないのだろうと。今回、そんなこんなで「玉天丼」をオーダーしたのだった。確かに「おふくろの味」の卵が二つ、ご飯にのっている。

 目玉焼き2個と天かすに天つゆをぶっかけて、レンゲで黙々と食べて行く。喉越しが、幼い頃に食した田舎の朝採り卵ご飯に何となく似ている。野菜の天ぷらに吸い物、香の物と極小の小鉢。激安な和食の割には満足度は高く、何故かホッとしてしまうのである。

 話は変わるけれども、本日から消費税が2%アップすると、何処も彼処もニュースでトップ扱いとして流している。正直なところ、目の付け所が間違っている。2%のために、車を使って、駐車料金を支払い、ワイワイ騒ぎながら「得々」を唱えての行動は、果たして本当に「お得」なのだろうかと。

 それも、イートインでは10%、テイク イット ホーム(ドギーバッグ)では8%と、苦肉の策ではあろうけれども、実に馬鹿げた税制を持ち込んだものだと苦笑いをしてしまう次第。誰が提案したものか知る由も無いが、「軽減税率」の「軽減」とは、プロパガンダのようで、国民を愚弄するような愚策でしか無い。

 しかし、その愚策に戸惑い扇動される人間が余りにも多いことも、正直、情けないとしか言わざるを得ない。9月末深夜ギリギリまで、得しようと、落ち着きなく、生活用品を買いまくり、食べまくるのも如何なものか。それこそ、2%の「得」だと豪語しても、右往左往するエネルギー代の方が、比較にならぬほど高くなるのである。


▼ダイニングキッチン九曜杏の洋のランチ(熊本ホテルキャッスル)
850_1577



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/1 04:45 am

今週の週替わりランチ・・・

▼チキンのスパイス焼き 茸とマスタードのソース
850_0753


 連休明けに、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の週替わりランチを取材することにした。

 先ず、今週のシェフランチ(写真上)だが、チキンのスパイス焼き 茸とマスタードのソース (本日のスープ、ミニサラダ、パン又はライス、コーヒー付き)になっていた。

 ボリューム満点にて、お昼からビールを飲みたくなるほど、刺激的である。実は、先々週の流れを考えれば、「グリーンオムライス」、「レッドオムライス」、そして今週は「ブラックオムライス」と予測していた。

 蓋を開けてみると、フェイントを掛けられ、今週のシェフランチが、チキンのスパイス焼き 茸とマスタードのソースとなっている。正直なところ、3週続けてのオムライスよりも、逆に期待外れで良かった。

 また、パスタランチ(写真下)は、ビーツと生ハムのパスタ(本日のスープ、サラダ、日替わりパン、コーヒー付き)。ビーツが色鮮やかいして、アーティスティックな料理で、十分すぎる量にて、大満足のアルデンテである。

 週替わりのランチをシェフたちが考えるのは、頭の痛そうな作業だが、「翌週は何が出るかな?」と考える客は楽チンそのもの。ただ、長年通っていると、グランドメニューとの組み合わせも、段々と難しくなってきているのは否めない。


▼ビーツと生ハムのパスタ
850_0746


▼いつもコンソメスープだが、今回はパンプキンスープに!
850_0736



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/25 02:09 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp