ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 細川家墓地

野生の鴨たち・・・

800_3385


 熊本地震から9ヶ月経つが、泰勝寺は未だ八割以上が立ち入り禁止規制のままである。昨年の今頃は、青い鳥・ルリビタキの撮影に成功したが、今回もまた八割規制が解除されず、溜池の手前から真鴨たちを眺めるだけに終わった。

 鴨たちは、何やら溜池の淵近くに集まり、時折、数羽が土手に飛び出しては、枯葉の中に潜む虫や木の実を食べている。しばらく突いているかと思うと、すぐに溜池に着水し戻るのだ。

 歩いて近づくと、彼らはじわっと逆方向へと遠のいて行く。こちらが蹲み込んでカメラを構えてじっとしていると、また、じわじわと元の場所に戻ってくる。やはり野生の鴨たちには、彼らなりの「距離感」があり、人間との許容半径は10mくらいが限界ではなかろうか。

 人間社会では、この「距離感」が全く理解できない人も居る。「距離感」と言う概念さえ頭にない人間は、そのSNSの呟きを見ても、上から目線で常に主役を演じる横着者も居て、読むに耐えない。特に「先生」と呼ばれたい輩の、全てを包括するような「距離感」には閉口するばかり。・・・単なる身の程知らずということになる。

 「距離感」とは、自らの防衛本能におけるテリトリー死守の範疇でもあり、逆に、相手のテリトリーを土足で踏み込まぬセキュリティー認識でもある。よって、心地よい人生を歩むか否かは、その「距離感」の塩梅によってくる。

 情けないが、SNSなどの出逢い系で事件事故が絶えない時代になっているけれども、これもまた、迂闊にも「距離感」の認識のなさが一つの要因となっている。野生の鴨でさえできることが、現代の日本人にできないとは、これ如何に!?・・・平和ボケもそろそろ払拭しなければ、どんなに念じても、良き時代は戻ってくるはずがない。

 
800_3378


800_3432


▼取材ランチ・・・熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏
lunch


▼取材風景(70-200mm f2.8のレンズを使用)
D60_4610



                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/17 02:44 am

泰勝寺の苔と木漏れ日

800_0476


 実に穏やかな一日だろうか。木陰は寒いと思いきや、泰勝寺苔園の木漏れ日を浴びていると、身体中が暖かくなってくる。数百年もの長き時を経ても、俗世に暗躍する邪悪なものを、全て払い除けてきた大きな「力」と汚れのない「美しさ」を感じる。

 一面を覆い尽くしたエメラルドな苔たちは、腹黒い獣を決して寄せ付けることはない。信心深そうな善人を装う、汚れた輩が足を運び入れることなど、許すはずもない。

 筆者は、どちらかと言えば、信心深くはない。日々筋を通して、自然体に生きる人間なので、身勝手にも神頼みはしない。しかし、時には、叱咤激励をしてくれた父や、超ド級の三色おにぎりを作ってくれた母を思い出し、常に天から見守ってくれているイメージが心の内にはある。

 今まで色んな手口で近寄ってきた詐欺師や偽善者が何人も居た。されど、瞬時に本性を見抜き、間髪を入れず過去・現在の悪行を暴き、徹底してブロックしてきた。それは神の力でもなく、仏の力でもない。無欲で自然体であるからこそ、整合性のないものへの鋭い勘が宿っていると自負する次第。

 俗世の人間関係で、特に警戒すべきは、饒舌そうに見える、心に病を持つ横着な輩である。「企み」の大風呂敷を広げる、身の程知らずの大馬鹿者であり、集団の中心的存在をこよなく愛し、チーム編成に拘り、長年「口からでまかせ」の人生を送っている腐りきった輩である。

 まあ、現在でも騙されているお人好しが沢山居そうだが、確かに、騙される方も悪い。そこで心地良いから黙認し、その邪悪な世界で同化している。よって、後の祭りと言われぬよう、「本性を見抜く力」を備えることが先決だろうと。


D75_9251


D75_9316


D75_9387


IMG_2361



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/1 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp