ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 細川家

水と緑に癒されて・・・

▼熊本県山鹿市菊鹿町(初秋)

800_9512


 清らかな水と優しい緑に包まれた熊本県。それも、熊本市中心部から車で1時間の範囲で、渓谷なり、田園地帯、そして名園なりへ足を運ぶことができる。現在、新型コロナウイルス感染の危機的状況にて、行けないのが残念だが、写真で楽しんでいただければと・・・。

 撮影する時に、手前に水面(みなも)、背景に透き通るような緑があると、撮影のボルテージがどんどん上がってくる。後は、太陽光の角度と空気の澄み具合、青空と雲の割合が鍵となる。朝靄なども撮りたいが、朝起きが下手なので、早朝から撮像することは皆無に等しい。

 今回ご紹介するのは、熊本県北部にある山鹿市菊鹿町の田園風景と川。また、同市鹿北町の岳間渓谷である。菊鹿町は棚田で有名な番所というところがあり、一年を通じて、必ず、数回は足を運び入れる。山桜あり、ツツジありで、内陸部だが風光明媚なところである。

 岳間渓谷は避暑地として、夏場はキャンプを楽しむ家族やグループがテントを張り、バーベキューを楽しんだり、水遊びをしている。湧水はとても旨く、毎日のように水汲みに訪れる人たちも多い。菊池渓谷のように規模は大きくはないが、ヒンヤリと澄み切った空気が売りとなる。

 次は、大麦畑が続く熊本県菊池市七城町。本来、同地は全国区でも有数の米どころ。ブランド米である「七城米」は、筆舌に尽くし難きものである。一度食せば、その旨さが分かるけれども、筆者の稚拙な表現力では、この場で、正確に伝えることは出来ない。

 最後にご紹介するのは、関西方面や関東方面からの修学旅行では、昔は必ずそのコースに組み込まれていた細川家の名園である。東海道五十三次を模した庭園は、インバウンドで訪れる外国の方々にも人気があり、散策しながら記念撮影している姿をよく見かけたものだ。

 現在、日本列島は新型コロナウイルスの脅威により、国全体が怯えている。そのウイルスが何処に潜んでいるのか、浮遊しているのか分からない。見えざる敵との戦いを強いられているけれども、皆がモラルある行動を取れば、必ず、早期収束へと向かうに違いない。

 ただ、身勝手な行動を取る人が一人でもいれば、鼠算的に感染して行く。よって、その点を十分に理解して行動しなければならない。しかし、この非常事態においても、パチンコに通ったり、首都高をルーレット族が爆走したりと、低民度の人間が湧き出ているのは理解できない。

 地球全体がパニック状態であるのに、内側にも外側にも目を向けぬ、稚拙な人間がいること自体、日本人として恥ずかしいと思うばかり。まあ、熊本地震の時も、いい大人のお祭り野郎が大勢騒いでいたけれども、一歩、二歩引いて、人として、自分の背中を見て欲しいものである。


▼熊本県山鹿市菊鹿町(初秋)
800_9610


▼熊本県山鹿市鹿北町の岳間渓谷(初夏)
WATERFALL


▼熊本県菊池市七城町の大麦畑(立夏)
800_5556


▼熊本市の水前寺成趣園(初秋)
DFD_5829


▼熊本市の水前寺成趣園(初秋)
DFD_5669



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/30 03:11 am

初詣の出逢い・・・

moon


 午後11時半頃、オフィス玄関にて、スーパームーンから2日目の月を狙った。あまりにも遥か頭上にあるので、また首に重圧を受けながら撮影したのだった。しかし、なかなか上手く行かない。寒さも手伝い、指先は氷のように冷たくなり、数枚の撮影で終了することにした。

 撮影する中で、頭の中では1月2日の初詣の映像がぐるぐると回っていた。とても不思議な一日だった。

 街の中心部から護国神社まで行くのに、交通渋滞に遭遇して1時間以上も無駄をした。午後3時を過ぎると、陽は傾き始めるので、少々焦り気味の初詣と取材である。

 お参りをして、同神社近くの石橋を渡り、熊本城内へと向かった。途中、お宮さんの方が「お抹茶をおもてなししますので、是非、こちらへおいでください。」と呼び掛けてくれた。

 テントを張り、着物姿の方がボランティアでお抹茶を点ててくれるようだ。聞くところによると、肥後古流のようで、お武家さんのお点前となる。目の前に置かれた抹茶茶碗を手に取り、45度アンチクロックワイズに回し、そこで頂くそうだ。

 寒い中にバンコに腰掛け、お干菓子とお抹茶を頂くと、体の芯が温まった。それから立ち上がり、熊本城内の撮影に向かおうとすると、主宰者の方より話し掛けられた。

 ご年配だがとても元気な方で、滑舌がしっかりしている。肥後古流の歴史や作法から、好みであるという野鳥や山野草、そして生い立ちまで話してくれた。県内財界の重鎮にもお知り合いが多いようで、双方の知人で共通項が見出され、話が弾み45分ほど居座ってしまった次第。

 時計を見ると既に午後4時を過ぎている。慌てて城内に入り込み、光と影を撮影して戻ることに。再び、帰り際に、若い着物姿の女性たちがインスタ映えする映像を撮ろうと四苦八苦してようだった。急に筆者のところへ近寄って来て、「すみません、撮っていただけますか?」と。

 筆者は他人のカメラで撮ることは一切しない人間だが、長時間の会話と焦り気味の撮影中にて、「まあ、いいか。」と思い、カメラを預かり、数枚、逆光にて撮影することにした。一応、Nikonの一眼レフを持っており、マニュアルモードで撮影していたので、ある程度は一眼レフを勉強しているのだろうと・・・。

 初詣からお宮さんのお陰で、素敵な出会いもあり、いろんなところで人々は活躍していることを再認識した訳だが、青鷺や五位鷺にすこぶる興味のある女性に会ったのも初めてのこと・・・何ともまあ、不思議な一日となった。


▼肥後古流と野鳥、山野草を熱く語る西田田鶴子(にしだたづこ)さん 
 ※掲載許可を得ています
higokoryu


▼熊本県護国神社本殿
DFD_7917


▼熊本城内の光と影
DFD_7980


DFD_8045


DFD_8046


DFD_8054



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/4 04:13 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp