ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 社員教育

「虚言癖」ある人物に近寄るな!

josui-3


 人と人との間に入り込む「虚言癖」ある人物。これは、これは要注意である。その言葉自体が「虚言」であるので、初手から耳を傾けたり、感化されぬよう、掌(たなごころ)で転ばされぬように!

 「虚言癖」ある人物の特徴は、先ず、人当たりが良さそうに見える。しかし、じっくりと観察すると、その言動の違和感に気づくはずだ。されど、「違和感」に気付かぬ人、または「実害無いから、まあ良いや!」と言い切る人は、必ずと言って良いほど、その「虚言」に騙される。「実害」あっては遅い訳で、大抵の人は、耳を傾けてしまい騙される。

 では、「虚言癖」ある人物に騙されないためには、どうすれば良いのか!?上述のように、「近寄らない」、「接点を持たない」、「耳を傾けない」、「信じない」ことである。もし、何らかの違和感が見え隠れしたら、間に入り込んでいる「虚言癖」ある人物を通り越して、壁の向こうの人と直接コンタクトを取り、「真偽」を確認することである。

 例えば、このような実例がある。「虚言癖」ある人物Cが、あなたAに「あの人Bが○○○と言っていたので、それは違うよ。△△△と言っておきました。」という簡単な語りだが、「○○○」がとんでもない誹謗中傷の内容であれば、聞いたAは瞬間的に激昂するはずだ。既に、Cの「虚言」に巻かれて、AはBに敵意なり、憎しみなりを抱いてしまうことになる。

 この場合、「虚言癖」ある人物Cの目的は、AとBの日頃からの良好な関係に水をさすことにある。その一言で、AとBの仲が悪くなるのが楽しいのである。所謂、「愉快犯」である。実に稚拙極まりない愚行であるが、このような「輩」は世の中のあちこちに存在している。

 ところが、仕事関係において、AとBが直接面識がない場合は、少々ややこしいことになる。CがAに「Bは予算が付かないから、今回はボランティアでお願いしたいと言っています。勿論、次回は予算を付けるらしいので。」と。AはCの「虚言」を信じてしまい、一所懸命になりBが依頼したものを制作する。

 しかし、数ヶ月経っても、次の予算が付かないまま、尻切れトンボになることに。実は、CはBから予算を付けて貰い、Aの制作物をCがBに持ち込み、金銭を受領しているにも関わらず、「予算が付かない」と嘘を言って、Aを信じさせて、お仕舞い。完全に詐欺行為であるが、後々、AがBへ直接連絡を取り、次回の制作物について尋ねれば、「???」となってしまうことになる。

 よって、和かに優しい声で近寄る「虚言癖」ある人物、仲介人には、要注意ということになる。くわばら、くわばら、である。


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

 

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2020/2/12 03:33 am

失敗して、凹んで、どうする!?

josui-3


 社会人となったばかりの新人で、仕事中に失敗をして凹み、泣き出し塞ぎ込む人を多く見かける。

 失敗して精神的に凹んだ人にいつも質問するのは、「それで、死にますか?」。質問を受けた本人は、「いいえ、死にません!」。よって、「死なないのなら、堂々と前に進めばいい!失敗を恐れるから、上司の叱責にビビるから、凹むんだよ!何事も自然体で!」と諭す。

 昭和の悪しき「叱責のマネジメント」を継承している会社は想定外に多い。しかし、今の時代においては「ナンセンス」極まりない指導法となる。何故なら、「叱責のマネジメント」を続けている以上、上司と部下、同僚間に「信頼関係」が生まれるはずがないからだ。

 悪しき「叱責のマネジメント」の特徴は、最終的には「個人攻撃」に突っ走り、それが長年続けられると、精神的に病んでしまう弱者が急増する。戦時中の兵隊ではあるまいし、「人格否定」を伴う罵倒、恫喝は、会社に利益をもたらすこともなく、ただただ遺恨の堆積となるばかり。

 会社は多種多様なセクションの集合体で成り立っている。一つのセクションのスタッフは、チーフを筆頭に、若いスタッフがピラミッド構造の中に埋め込まれているケースが多い。しかし、ここで重要な事は、セクションのスタッフは、皆「同僚」であるという認識である。

 そこで、誰か一人が大失敗をしても、その失敗をセクションのスタッフ全員の「情報共有」として、その失敗の原因を話し合い、プロセスを振り返り、結果についてしっかりと検証しなければならない。そこで、その「大失敗」を「最高のオポチュニティ(機会)」として皆で共有することで、次のステップに繋がることになる。

 更に、全員が「称賛のマネジメント」を認識、共有し、常に笑顔が絶えない仕事環境を創造することに傾注すれば、決して、心が病むようなスタッフが出る事はない。新人スタッフも、次第に「称賛のマネジメント」を理解し実践できるようになれば、自然と、次の新人・後輩へ円滑に受け継がれて行くのである。

 企業におけるピラミッド構造下で、職位を光らせて威張り腐る「輩」もいるが、いずれは、実に恥ずかしい民度の低い人間として、晒されることになる。そして、皆がそっぽを向き、「完全無力」と成り下がる。よって、チーム全員が一丸となって仕事に取り組み、ミスもチョンボも想定内にて、しっかりと人を育てることが重要なポイントとなる。これが、「ヒューマンウェアの構築」である。

 つい最近、大失敗をした人に物申したい。「失敗して、凹んで、どうする!?それで、死にますか?」と。


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/2/11 04:10 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp