ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 珍味三昧

虎の生殖器の写真・・・

▼虎の生殖器の乾物
tiger


 2004年に、国内最後の満漢全席を主催したことがあった。振り返れば、15年も時が経った訳だが、つい昨日のように当時の宴の様子が浮かび上がって来る。当時、熊本ホテルキャッスルの常務取締役兼総料理長の善家繁さんから声が掛かり、間髪を容れず、主催を決めた。

 その他食材については、熊の掌、フロリダ産の高級フカヒレ、子豚、アラ、大きな干し鮑、虎の生殖器、血燕などなど、珍味のオンパレードとなった。中でも、超大型の干し鮑はほとんど入手できないほど希少価値の高いものであった。

 熊の掌については、その調理法を学びたいと、東京や北海道からシェフが数名訪れ、毛を毟り、爪を取り去り、骨を抜き、煮崩れをしないように骨の替りにグリーンアスパラを挿入し、8時間ほど煮込んだものだった。

 前置きが長くなったが、今年の1月にテレビ東京番組「巷の噺」にて、筆者保有の虎の生殖器の写真を使いたいとの打診があり、快く応じた。数年前のTBS番組「クリームシチューの満漢全席」に続き、テレビ番組で使用されるのは二回目となる。撮影して15年ほど経つので、画質は大したものではないが、データ管理が悪く、この1枚しか残っていないので、慌ててクラウドに保管した次第。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/3/18 02:45 am

四川料理 桃花源のビジネスランチ

DFD_6741


 写真は、四川料理 桃花源の週替わり(月曜日〜金曜日/11:30~14:00/祝日は除く)のビジネスランチ(1,250円/税別)の一部である。以下のメニュー6品から1品を選ぶと、スープ・ご飯・四川漬物・中華サラダがセットされるリーズナブルで、すこぶる満足できるランチメニューである。

 写真上から、麻婆豆腐(マーボー豆腐)、糖醋魚塊(白身魚の甘酢炒め)、雲白肉片(冷菜)(豚肉のにんにくソースかけ)。先週の6品の内、3品を食した。3人の場合は、単純計算で1,250円の3倍となるが、2人の場合、2品セットと別に1品をオーダーすれば、格安にて食せることになる。よって、大食い3人組の場合は、6品を頼めば、1,250円の3倍額と後は格安3品分で、6種類の料理を皆でシェアできると言うことだ。

 ちなみに、先週のビジネスランチの6種は以下の通り。

 ①麻婆豆腐(マーボー豆腐)
 ②雲白肉片(冷菜)(豚肉のにんにくソースかけ)
 ③家常牛肉(牛肉の辛子煮込み)
 ④乃油蝦仁(小海老のミルク炒め)
 ⑤糖醋魚塊(白身魚の甘酢炒め)
 ⑥素炒不砕(野菜炒め)

 筆者のオススメは、勿論、四川料理の代表格でもあるピリ辛の麻婆豆腐となる。白ご飯の上にかけて食すと、何杯もご飯が進む。猛暑で食欲がなく元気のない人には、特にお薦めしたい。四川特有の舌が痺れるような辛さと、唐辛子の刺すような辛さがたまらない。

 食事中に、四川料理 桃花源の四代目の早川史朗料理長が挨拶に来てくれた。桃花源としては、生粋のキャッスルマンとして、叩き上げで初の料理長となる。高校時代はバスケをしていたというイケメン料理長の誕生である。

 桃花源には三十数年通っているけれども、歴代の料理長として、初代 斉藤料理長(現同ホテル社長)、二代目 善家料理長(元同ホテル総料理長), 三代目 川上料理長(元同ホテル総料理長)のすべての料理を食してきた訳だが、四代目料理長オリジナル料理はまだ食したことがない。

 いつの日か、先輩料理長たちを越す日も必ず来るに違いない。よって、近々、早川料理長が創る乾燥アワビのステーキ、フカヒレ姿煮、フカヒレと蟹のスープ、アヒルの燻製などを食したいと・・・。珍味食材を引き立てる、四代目オリジナルソースやスープが如何なるものか・・・楽しみにしている次第。


DFD_6728


DFD_6720


DFD_6724



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/9 01:05 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp