ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本県伝統工芸館

仕覆・・・これ、必見!!

▼えん庵袋物教室主宰 中野八重子さん

1


 「仕覆で至福の時を」展を取材。

 「仕覆で至福の時を」展を主催する中野八重子さんと会うために、熊本県伝統工芸館へ足を運んだ。とても朗らかで、和の世界の中心に居るような方で、400年ほど前の布地を使った作品に愛情を注ぎ込んでいる、優しい姿が印象的だった。

 写真は苦手と言うので、余りレンズを向けず、ひたすら個々の作品を撮影することにした。

 実は、2月27日に一度足を運んだものの、標準レンズ50mm一本しかなかったので、28日に再度取材をすることにした。持ち込んだのは、60mmマクロレンズと12-24mm超ワイドレンズ。閉館間際に入館した為に、僅か30分ほどの取材となり、まだ、納得の行く撮影と言えず、大変申し訳ないが、ここでお断りしなければならない。

 尚、同展は3月1日(日)が最終日となっている。写真をご覧いただければ、女性がすこぶる入り込んでしまうような、和の夢幻の美を放つ作品ばかりなので、是非、この機会に足をお運びいただければと思う次第。


「仕覆で至福の時を」展

日時:平成27年2月25日(水)〜3月1日(日)
 午前9時〜午後5時(最終日は4時まで)
 えん庵袋物教室(中野八重子)

※仕覆とは、大切な器を保護し裂を鑑賞する袋。


NAKANO2


NAKANO3


NAKANO4


NAKANO5


NAKANO6


NAKANO7


NAKANO8


NAKANO9



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/2/28 03:58 am

「くまもと工芸夏まつり」がスタート!

▼熊本県伝統工芸館

DFD_8060


 昨日から、熊本県伝統工芸館で「くまもと工芸夏まつり」が始まった。高浜焼寿芳窯(松江良博さん)は絵付け体験コナーを開き、大勢の子供たちが、絵付けに挑戦していた。
DFD_7973


 先ずは受付。女の子が両親に連れられ、申込書を受け取り、書き始めた。・・・
DFD_7995


後ろでは、既に絵付けが完成間近の男の子。松江さんが筆の穂先の立て方やその走りを何気に指導している。サンプルイラストが沢山ある中で、男の子が選んだのは、マングースとハブの闘い。穂先の動きで、繊細な細い線が描けない。じっと止まっていると、呉須が滲んでしまうのである。そのタイミングは体験と言えども、折角なので良い絵付けができるよう、教える側、習う側、双方真剣そのものである。
MATSUE


 熊本県天草は、上質の陶石で有名なところである。鉄分やチタンの含有量が極めて少なく、焼き上がりにくすみもなく、透明感があるので、有田、伊万里、瀬戸などの焼き物に使用されている。ちなみに、有田焼では、使用する陶石の9割以上が天草陶石なのだ。
DFD_8035


 松江さんの窯は、高浜焼で大変古い窯元であり、1726年に遡る。勿論、当時と現在の作風は異なるものの、透き通るような白磁の美しさは、二百数十年の歴史を経ても変わらず、多くの陶磁器ファンを魅了する。

◎高浜焼寿芳窯 松江良博
〒863-2804
熊本県天草市天草町高浜南598/TEL0969-42-1115


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2014/7/30 02:57 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp